カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

つぶやき BLOG

写真をクリックすると大きく表示します。
 2015年2月オープンハウス全体会   R.K.    2015/2/13(金)




今月の全体会は、教区が運営母体の自立援助ホーム「マルコの家」の小田施設長による活動紹介。「マルコの家」はさまざまな理由で家庭による援助を望めない、義務教育終了後から20歳までの青少年たちの就労自立を支援している。

活動紹介ビデオ中の子どもたちの言葉が心に残った。「わたしは生まれてきちゃいけなかったんじゃないかな」「お誕生日を祝ってもらったことなんてなかった」―――虐待による心の傷や困難を抱えながらも、スタッフとのやり取りの中で人間関係の築き方を学ぶ子どもたち。子どもたちに寄り添うスタッフの日常や信頼関係ができるまでの葛藤の話には、その忍耐力と献身に頭が下がる思いがした。また、子どもたちが心の内を話せるような「マルコの家」の温かい雰囲気をうかがい知ることができた。

小田さんの話で印象的だったのは「弱者をさらに弱くする住みづらい社会」の中で、こうした子どもたちが安心して育っていくには、施設養護や里親制度よりも養子縁組が本当は理想だということ。施設や里親委託では、子どもたちは成人と同時に完全に自立していかなければいけない。そのため、子どもたちは成人するまでに働いて自立のための資金を貯金しなければいけないのだ。それと違い、養子縁組で家族の一員となる子どもたちは、長年大事にされる保証がある中で育つことができるそうだ。

この話を聞いて、ふと考えさせられた。神はどのようにして人を愛しておられるか。御子イエスを世に送り、わたしたちをイエスの兄弟姉妹にしてくださった神の愛。イエスを危険から守り、慈しみ育てた養父ヨセフ。「わたしの名のためにこのような一人の子供を受け入れる者は、わたしを受け入れるのである。」(マタイ18:5)このイエスの言葉に、わたしはどう応えているだろうか・・・

年若くして自立するために勉強や仕事を頑張る子どもたちをサポートするには、色々な方法があるそうだ。依頼があれば、小田さんは喜んで出張プレゼンテーションを行ってくださるとのこと。ぜひ、たくさんの人に聞いていただきたいと思った。

「マルコの家」のホームページ→
http://marchome.web.fc2.com/aboutus.html

 スペイン語圏グループ「Encuentro de Parejas(夫婦の集い)」   R    2014/9/3(水)
今年10月、「福音宣教の観点から見た家庭の司牧的課題」をテーマとして、世界代表司教会議が開催されます。それを受け、オープンハウスでは、今年、「家庭」をテーマに、様々な研修会や司牧活動を行っています。

その一環として、スペイン語圏グループでは、8月31日(日)、桐生において、『Encuentro de Parejas(夫婦の集い)』を行いました。
参加したのは、ペルー、ボリビア、パラグアイ、アルゼンチン、コロンビアなど様々な国籍の23組の夫婦。自分と相手の気持ちを知ることやコミュニケーション、対話のあり方などについて、臨床心理士の田中ネリダさんとSr.アナ・マリアによる講話と作業、分かち合いなどを通して、学びました。









昼食には、結婚式の披露宴のような装飾と御馳走が用意され、それぞれが出会い、夫婦として結ばれていることを、改めて祝いました。









準備のために奉仕してくださった皆さん…ありがとうございました!!









最後に行われたミサでは、Fr.ホセの祝福のもと、手をつないで向かい合い、結婚の誓いを更新。本人たちだけでなく、周りで見守る私たちにとっても、心打たれる時となりました。
記念として贈られたグラスと、新たにされた愛と誓いを胸に帰途につく参加者の顔は、皆、喜びにあふれていました。
神に感謝!!







 シヌログ・フェスティバル in 常総   SF    2014/1/29(水)
Sinulog Festival at Joso Catholic Church, IBARAKI

2014年1月16日(日)、フィリピン国へのキリスト教伝来を祝う伝統的な行事「シヌログ・フェスティバル」が常総教会で行われた。参加者は、それぞれの自宅にあるサント・ニーニョ像(幼きイエス)を持ってきて、司祭に祝福をしてもらった。





ミサの様子

たくさんのサント・ニーニョ像

 セニョール・デ・ロス・ミラグロス(奇跡の主)in 伊勢崎   R    2013/10/19(土)
10月13日(日)伊勢崎の粕川公園に、400人ほどの人々が、セニョール・デ・ロス・ミラグロス(奇跡の主)を祝うために集まりました。

 「奇跡の主」とは、ペルーを始めとする南米諸国で広く親しまれているキリストです。ペルーの首都リマでは、毎年10月、紫色に彩られた街を、このキリスト像が描かれた御輿が巡行します。現在は、南米だけではなく南米の人々が居住する国々でも行われており、日本でも、多くのスペイン語圏共同体が、盛大にこの行列を行っています。
さいたま教区でも、伊勢崎だけでなく、常総、小山、深谷、行田、所沢と様々なところでお祝いされています。

今年の予定は以下のようになっています。
10月13日(日)10:00〜 伊勢崎 粕川公園(群馬県)
10月13日(日)18:00〜 カトリック常総教会(茨城県)
10月20日(日)10:00〜 カトリック深谷教会(埼玉県)
10月27日(日)11:30〜 カトリック小山教会(栃木県)
10月27日(日)10:00〜 カトリック所沢教会(埼玉県)
10月27日(日)9:00〜 カトリック行田教会(埼玉県)
皆さん、是非いらしてください!!









 2013年9月10日 オープンハウス全体会   R.L.    2013/9/27(金)


9月の全体会はスカラブリーニ宣教会の宣教師ホセ・グティエレス神父の講話。「一つのカトリック教会を建てる〜聖書的な眺望〜」というタイトルで、聖書の中で移民について書かれた箇所を皆で読みながら、教会と移住者の関係や移住者に対する教会の在り方を見つめ直し、話しあった。

スカラブリーニ宣教会は難民・移住移動者の司牧を宣教活動の中心としている。今回の全体会は、この会の霊性をスタッフでわかちあう良い機会となった。

見知らぬ客人へのアブラハムのもてなし、神の国に向かって進む「巡礼者」である教会、全世界への宣教を弟子たちに呼びかけるイエスの言葉、人々の間の隔たりを乗り越えるために与えられた聖霊降臨の恵み、誰に対しても隣人となるようキリスト者は呼ばれていること・・・

聖書の中に描かれる「誰ひとり、神の救いから取り残さない」すべての人を包む神の愛と母なる教会の姿を再確認した。
全 87件
P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17
CGI-design