カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

サポートセンター DISASTER RELIEF CENTER



ボランティア・ダイアリー VOLUNTEERS' JOURNAL

北好間カフェ
2019/10/21(Mon)

653×490pixel(約224.1KB) 653×490pixel(約176.3KB) 653×490pixel(約135.8KB) 490×653pixel(約140.1KB) 653×490pixel(約126.1KB) 490×653pixel(約110.1KB) 653×490pixel(約139.7KB)

◆写真左から
【写真をクリッリすると少し大きく見られます。】
@台風19号で北好間団地前の「好間川」は越水し、市街地は元より団地内にも濁流が浸水した
A台風の爪痕を残す好間川
B好間団地でも最も道路の低い場所
C北好間団地への緊急支援物資として水(2ℓ×6本)を40箱と多数のタオルを持ち込みました
D団地の皆さんは遠慮深いので、お帰りに各自お持ち帰りいただける様に用意しました
E演奏は控えていたものの、リクエストを受けてハモニカ演奏をするボランティア
F初めていわきを訪れた若者のギター演奏と歌




●この度の台風19号によって、さいたま教区内でも、茨城、栃木をはじめ多くの地域で被害がありました。先ずもって、被災された皆様にお見舞い申し上げます。

●また、いわき市でも多くの被害が発生し、訪問日現在でも3万6000戸が断水と言う状況でした。

●この様な状況もあり、今回の北好間団地訪問については、自治会長さんと連絡を取り、被害の状況や訪問を見合わせることについても相談いたしましたが、自治会長さんからは「少し時間も経つでしょうし、話し相手として来て下されば、団地の皆さんの気持ちが晴れるかも知れませんのでお越しください。」とのお話があり予定どおり訪問いたしました。

●北好間団地は平浄水場でなく、別系統の好間浄水場から導水している関係で断水はなかったそうですが、住人の親戚、知人の多くの世帯が断水しており、カフェに見えた方の内には、入浴にために四倉から団地まで見えている親戚の方もあるとのお話しでした。

●さらに、大熊町から避難し、好間工業団地第三仮設での避難生活の後、いわき市内に家を構えた方が今回浸水の被害に遭われたとのお話しもあり、何ともお気の毒です。

●電話連絡の時点で、今回の被害で団地近くのスーパー「マルト」は営業再開しておらず、いわき市内全体でも「水」が品薄とのことでしたので、熊谷、日立、急遽支援活動に参加してくださった春日部教会の各所でペットボトルの水を94箱調達し、川越、春日部、熊谷教会が調達したタオル多数を持ち込み、北好間団地といわき教会の二か所にお届けしました。(カフェ参加の方には水の箱をご自宅までお届けしました。)

●好間第三仮設にいらして、北好間団地に移られたNさんは床上浸水のうえ、車が水没して廃車することになったとのお話で、言葉がありません。

●今回の北好間団地訪問は、川越教会の皆さんが初めていわきを訪れる若者も含め、ハーモニカやギター演奏を用意していましたが、「歌舞音曲」の類は控えることにしていました。

●ところが、カフェ参加者の皆さんからのリクエストによって、後半はハモニカやギターの伴奏で歌を唄われ、「たのしかった!」とのお声を頂きました。

◎今回は、春日部教会の信徒が災害支援活動のため、自らの軽トラに大量の水を積んで特別に同行してくださいました。




下矢田団地カフェ
2019/09/10(Tue)

490×653pixel(約153.4KB) 653×490pixel(約132.8KB) 653×490pixel(約162.1KB) 653×490pixel(約135.6KB) 653×490pixel(約174.9KB)

◆写真は、左から
@エコバックづくりの様子。
A出羽前会長さんには、シスターが応援。
B皆さん上手に見事完成です。
Cシスターを楢葉修道院にお送りしながら、楢葉の「やぶそば」で昼食。
D日立のボランティアさんは、長年活動を続けていますが、初めて「湯の岳」中腹の展望台に寄って、いわき市小名浜の海岸線を眺望。



●本日は、昨日の台風一過を受けて汗ばむほどの良い天気。宿舎のホテルを出て下矢田団地に向かう途中、仮設住宅の解体状況を確認しました。

●もみの木が中央台に出来て、仮設住宅訪問活動の最初期に訪問に入った、楢葉町民が住んでおられた小さな飯野仮設は宅地化するための工事中でした。

●下矢田団地集会所でも新聞紙によるエコバックづくりが好評で、皆さん「目が近くて、折り目の印が見えない!」などと言い合いながら、熱心の作成されていました。

●出羽前会長さんはじめ、男性のお三方も懸命に取り組み、皆さん立派に完成させていました。中には「孫にプレゼントします。」と話される方も。

●下矢田団地でも、本日9月10日がお誕生日と言う方がおられましたので、昨日と同様に、ケーキボランティアさんのマーブルケーキなどをプレゼントして、大変喜んで頂きました。

●カフェ後、聖母訪問会シスターお二人を修道院にお送りしながら、楢葉町の復興拠点である「コンパクトタウン」の状況を確認するために楢葉を訪問しました。

●楢葉町では、高久第8仮設におられたYさんのお店「やぶそば」にて、おいしいお蕎麦の昼食。

●長年ボランティアを送ってくださっている日立教会は、いわきに最も近いという関係から「日帰り」ボランティアの形で、いろいろな曜日の空いたコマを埋める活動を担って下さっていました。

●そのため、何時も一般道での日帰りいわき往復だったので、「湯の岳」の展望台を訪ねたことが無い。とのことでしたので、良い天気でもあり帰路途中でご案内しました。(写真のようなところです。展望台からは、もみの木にあった、いわきニュータウンも遠く見ることが出来ます。




北好間カフェ
2019/09/09(Mon)

653×490pixel(約139.6KB) 653×490pixel(約143.2KB) 490×653pixel(約165.1KB) 653×490pixel(約156.8KB) 490×653pixel(約85.3KB)

◆写真は、左から
@新聞紙で作るエコバック。今日はこれを作ります。
A皆さん一生懸命に取り組んでます。
Bエコバックづくり 其の2
C出来上がり!
D所沢教会のケーキボランティアが、前日、熊谷教会まで見えて届けてくださったマーブルケーキと誕生日祝いの紅白落雁。



●9月9日、節句の中でも最も芽出度いとされる重陽の節句は、北好間団地を訪問です。

●皮肉なことに、台風15号が関東から東北南部を直撃。さいたま教区ボランティアは日立教会の皆さんが台風を追いかけるようにいわきへ上陸?

●本日いわきは全小・中学校が休校。常磐線は運休で、シスター方はお見えになれませんでした。

●北好間団地の南側に位置する「好間川」は氾濫の危険が高まり、一部地域には避難勧告が出されていましたが、幸いに団地の地域に発令はなくカフェを実施できました。

●本日のメニュー「新聞紙によるエコバックづくり」は関心が高いのと台風の影響もあって、いわきに向かう途中、開催を問い合わせる電話が2本ありました。

●午後1時30分頃には、台風通過から雨も上がり、皆さんお誘いあわせてご来場くださいました。

●コーヒーを召し上がった後のエコバックづくりは、皆さん一生懸命に取り組まれ全員が上手に完成されていました。

●先月訪問の時に9月の訪問日を確認すると、本日がお誕生日と言う方がおられましたので、埼玉のケーキボランティアさんが届けてくれたケーキとカリタスいわきからのからの小さなお菓子をプレゼントし、大変喜んで頂きました。

●なお、9月がお誕生月と言う方がもう一人おられましたので、こちらには、『温泉一泊ご招待!』!と、「入浴剤」をプレゼントいたしました。






第51回仙台サポートセンター会議、福島ブロック会議、全ベース会議報告
2019/08/23(Fri)

653×490pixel(約144.1KB) 653×490pixel(約122.7KB) 653×490pixel(約114.2KB) 490×653pixel(約117.4KB) 490×653pixel(約138.7KB)

◆写真は、
左から、
@福島ブロック復興支援に関わる小教区、団体等の会議の様子
A同会議で、カリタスいわき(仮称)の活動について報告するいわき教会の佐藤さん
B同会議で話す菊池東京大司教
C午後からカリタス南相馬を会場に開かれた仙台サポートセンター会議、全ベース会議の合同会議を進行する小野寺仙台教区司教総代理
D全ベースの担当者から現状報告等が行われた。(宮古ベースの代表者)



●去る8月22、23日に、仙台教区の原町教会と同教会敷地内に建設されている「カリタス南相馬」を会場に、第51回仙台サポート会議ほかの会議がありました。

●さいたま教区からは、矢吹助祭、さいたまサポートセンターの朝尾が出席しました。

●22日には、原発被災地の現状を見るツアーも用意され、矢吹助祭が参加されました。(朝尾は、23日のみ参加。)

●午前中は、福島県内で復興支援活動を続けている、福島県内小教区、団体などの活動報告がなされました。

●カリタスいわき(仮称)からは、いわき教会の佐藤さんが活動を報告してくださいました。





下矢田団地カフェ
2019/08/20(Tue)

653×490pixel(約171.6KB) 653×490pixel(約172.1KB) 653×490pixel(約176.6KB) 653×490pixel(約153.4KB) 653×490pixel(約160.6KB)

◆写真は、左から

@バリケード封鎖されていた高久第8仮設。

A下矢田団地では、先ず、97歳でも元気に民謡を披露してくださるIさんの素晴らしい声をお聞きしました。

B並べられた本日のビンゴの景品。

Cビンゴが成立して景品を選ぶお二人。

D真剣に歓談する土屋師




●20日は、久々にいわきを訪ねた桐生教会の皆さんと、旧・もみの木周辺の仮設を確認しながら下矢田団地に向かいました。

●2018年3月の仮設住宅供用終了の後も、特別の事情のある方に限り1年間だけ特定延長が認められた方が住まわれていた、高久第8仮設にもバリケードがなされていました。(2019年6月までの退去が決められていたようでしたが、いよいよ最後の仮設住宅も撤去に動き始めているようです。)

●本日の下矢田団地カフェには、楢葉町社協の職員も見えて、団地の皆さんの暮らしぶりや相談事などについても細かく確認してた様子です。

●97歳でかくしゃくとして暮らしておられるIさんは、民謡をリクエストされて、自慢ののどをご披露

●ビンゴゲームは、なかなか番号の出ない方はやきもきしながらも、皆さんがビンゴになるまで楽しくゲームを続けました。

●ゲームの後の歓談は、より和らいだ空気になっていた様子でした。「また、来てね!」の声を頂きながら、12時終了となりました。


◎カフェ後、桐生教会の皆さんは、帰還困難区域から希望の牧場まで被災地訪問を行いましたが、Yさんの「やぶそば」は臨時休業。また、雨も加わり、下車して時間をとってみることはできませんでした。



北好間団地カフェ
2019/08/19(Mon)

490×653pixel(約126.4KB) 653×490pixel(約148.3KB) 653×490pixel(約151.1KB) 653×490pixel(約136.4KB)

◆写真は、左から、

@ビンゴ大会で、選ばれた番号を発表する土屋師

A用意された景品を品定め?

Bビンゴ成立で景品を選ぶYさん

C北好間団地での歓談の様子



●今回は、群馬西地区から土屋神父外3名の桐生教会の皆さんが、初めて復興公営団地を訪問しました。

●団地の皆さんの中には、旧・もみの木カフェでの最後の仮設訪問以来、久々の再会となった方もありますので、再会をとても喜んでくださいました。

●ボランティアさんからは、北好間団地の立派な整備状況とは裏腹に、『仮設の方が良かったんよ〜。』との話もあったそうで、改めて団地形式の住居でのコミュニティ形成の難しさを感じましたとの話も。

●カフェ半ばでは、用意したビンゴ大会も開催。景品選びも楽しそうで、盛り上がりが見られました。


下矢田団地カフェ
2019/07/09(Tue)

653×490pixel(約162.8KB) 533×391pixel(約112.3KB) 564×397pixel(約113.2KB) 488×488pixel(約117.7KB)

◆写真は、左から順に。

@声楽を学習した方のリードで、「もみの木歌集」から懐かしい歌を唄いました。

A旧下矢田仮設訪問時に、ボランティアさんに沢山の縫いぐるみを下さったTさんとお別れの記念写真をパチリ。(写真掲載御承諾済です。)

Bカフェ後、このブログや私の書いたカトリック新聞の記事にも登場した「そば職人」のYさんの楢葉町で開店成ったお店で記念撮影。(こちらも、写真掲載は御承諾済です。)

Cお店「やぶそば」をバックにYさん。







●先ずもって、私は、長い間「下矢田団地」を「鹿島団地」と誤って表記していました。お詫びして訂正いたします。正しくは、『下矢田団地』でした。

●本日は、団地の皆さんが三々五々お集まりになり、みんぷくさんの職員2名参加やハローワークの職業相談日とも共催でのカフェでした。

●久々にいわきを訪れたボランティアさんとの話が続き、テーブルの各所で笑い声が上がる良い雰囲気でした。

●折角、歌の上手な方も見えていたので、11時15分頃に「30分ほど唄いましょうか?」と声がけすると、12時の終了予定時間まで続々と歌いたい歌が出てきて、「ストレス発散になった。」と喜ばれました。

●一方、写真Bに写るTさんは、カフェ終了間際に、通院の帰りに、あいさつに立ち寄ってくださいました。Tさんは、大熊町で帰還することが出来るようになった「大河原地区」に戻ることになり、この7月14、15日にお引越しです。
震災前に働いていた事業所に就職が決まったとのことですし、故郷では、お母さんも近くに住まわれるそうで安心だそうです。(ご本人のご希望がかなったとのこと、良かったですね。)

●下矢田団地でのカフェの後、ボランティアさんのご希望により、帰還困難区域訪問を行いましたが。
写真Cにありますとおり、途中の楢葉町では、Yさんのそば店で昼食を頂きました。(息子さんもご一緒にお店を盛り立てているそうで、NHKTV等でも明るい話題で紹介されたそうで、本日のボランティアさんご覧になっていたそうです。)




北好間団地カフェ
2019/07/08(Mon)

653×490pixel(約127.2KB) 653×490pixel(約134.9KB)

◆写真は北好間でのカフェ。

左の写真は、いわき教会から初参加してくださったボランティアさんも交えてのコーラス。

右の写真は、久々に「いわき」を訪ねた埼玉西のボランティアさんも含めて皆さんで歌を唄う。





●今月からは、2018年3月まで展開していた「もみの木カフェ」の間、沢山の仮設を訪問してくださった、さいたま教区内各県のボランティア方の内、ご都合の許す方に『復興公営住宅』(原発災害による被災者への住宅団地)を訪問して頂く機会を提供しています。

今後は、一年以上単独で担当してくださった茨城県チームに加えて、活動可能なグループが復興団地を訪問します。

●今回の第一弾には、埼玉西ブロックから2教会の信徒が混成で参加してくださいました。

●よく整備された北好間の復興公営団地と立派な集会所を見て、安心?と言うか、「良かったですね〜。」も偽らざる気持ちかな。

●カフェでは、久々にお会いする方もあり、テーブルに加わって親しくお話が続きました。

●声楽を勉強した方の歌を聴いたり、その方のリードでみんなで歌を唄ったり、果ては『音痴拝領』の場違いな大正演歌が飛び出したりした和やかな時間でした。

●カフェでは、埼玉西ブロックらしく「狭山茶」の新茶も提供して喜んで頂きました。

●また、本日は、地元いわき教会から初参加頂いたボランティアさんもおられ、「カリタスいわき」の活躍でカフェが展開されました。

●カフェ後は、「いわき教会」をご案内頂き、立派な御聖堂や過日整理された小名浜教会の貴重な資料なども拝見しました。




鹿島団地カフェ
2019/06/18(Tue)

490×653pixel(約153.6KB) 653×490pixel(約159.7KB) 490×653pixel(約161.2KB) 490×653pixel(約157.7KB)

◆写真は左から、
@鹿島団地で「アルパ」演奏を披露してくださるボランティアのお三方

A「アルパ」の演奏に聞き入っている参加者の皆さん

B演奏後、実際にアルパに触れて「音」を出してみました。

C前自治会長さんは、音大卒で、某組織の中央音楽隊ではチューバを担当されていたと伺っていましたが、ベースも任されていたそうで、アレコレ仰りながら楽器を楽しんでおられました。




● 本日も、事前の周知が実り、いつもお出でになる方々は元より、いつもより多くの方々がお集まりくださいました。

●先ず、コーヒーを召し上がっていただき、15分過ぎ頃からアルパの演奏をお聞きしました。

●小さな会場ですので、演奏のあいだでの説明や質問などがあり、和やかな雰囲気で演奏会が進みました。

●アンコールの要請には、心を込めて「ふるさと」を合唱しました。

●演奏後は、奏者に教えていただきながら、アルパを弾いてみる体験などもありましたし、民族衣装にも興味津々で話している方もおられました。


◎特別ボランティアのお三方には、午前中の活動後直ちに、今も帰還困難区域となっている被災地を訪ねてくださり、途中、楢葉町で再開なったYさん(以前、高久第8仮設住人)の『やぶそば』でおいしいお蕎麦を頂き、聖母訪問会楢葉修道院訪問の後、浪江町から「希望の牧場」まで足を延ばされて、ボランティア体験と被災地訪問の二日間を過ごされました。
ありがとうございました。



北好間団地カフェ
2019/06/17(Mon)

653×490pixel(約128.7KB) 653×490pixel(約136.2KB) 490×653pixel(約126.3KB) 653×490pixel(約152.1KB)

◆写真は、左から、
@特別参加のラテンハープ「アルパ」の演奏者お三方

Aアルパの演奏を聴くカフェ参加者の皆さん

B演奏の後、直接、楽器に触れて話を聞く皆さん

C演奏後には、コーヒーを頂きながらの交流



●本日は、土浦教会信徒の音楽を通じての友人で、ラテンハープ「アルパ」の奏者、先生とお弟子さん2名のお三方が、いわきの復興公営団地訪問にボランティア協力くださいました。

●事前周知の効果もあり、開場前からお待ちくださった数名の方がテーブルの準備から手伝ってくださいました。

●アルパの演奏は初めて聞くという方が多く、皆さん熱心にまた、うっとりと聞いておられました。
南米の曲から日本の懐かしい曲まで弾いてくださり、途中、何曲かはアルパの演奏で歌を唄いました。

●男性のご参加もあり、30名程の参加者の皆さんと交流出来ました。




◎本日は、仙台教区サポートセンターから、小野寺事務局長と石巻ベース長でもある仙台教区スタッフの濱山さんのお二人が見え、仙台サポセンの「新しい創造」基本計画第5期計画策定のためのヒアリングがあり、いわき教会、聖母訪問会と一緒にヒアリング対応がありました。





[前の10日表示]   [ボランティア ダイアリー]   [次の10日表示]