カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

サポートセンター DISASTER RELIEF CENTER



ボランティア・ダイアリー VOLUNTEERS' JOURNAL

(楢葉町)高久第6仮設カフェ
2016/06/21(Tue)

1024×768pixel(約58KB) 1024×768pixel(約118.5KB)

●本日午後、明日午前のコマは水戸教会のお三方がボランティアに来てくださいました。業界?では珍しい若手の男性も参加。

●訪問先は、楢葉町の高久第6仮設。ここは小さな仮設(16世帯)ですが、いつも楽しみにしていてくださり、早々に集まってくださいます。

●本日ボランティアが用意してくださった手芸は、蝶々(てふてふ)の布飾り。

●ここの仮設の方々は帰町に向けて行動している方が多く、本日同行した「聖母訪問会」のSr.方と住所や連絡先を交換される方もありました。

●とは言え、楢葉町民の帰町の現状は、元の人口約8千人に対して500人程度。一方、原発事故対応作業者の町内在住者は約1,400人(今朝の福島テレビニュース。)とのことで、楢葉町民の帰町への精神的障害の一つになっていると言う仮設の方の声もあります。





◆写真(左)は、「ちょうちょの布飾り」(ブローチになってます。)

◆写真(右)は、カフェ参加者(お馴染みの自治会長のK村さん。)から、仮設の皆さんの帰町への状況や問題点などを熱心に聞いているSr.方。



◎本日は、教区事務所から矢吹助祭(教区サポートセンター長補佐)が、もみの木に見えました。


(大熊町)下矢田第2仮設カフェ 及び (楢葉町)高久第8仮設カフェ
2016/06/22(Wed)

1024×768pixel(約123.2KB) 1024×768pixel(約124.6KB)

●本日午前中は、下矢田第2仮設を訪問。カフェ来訪者は、自治会長のD羽さんと元副会長のMさんのお二人。もろもろの話をじっくりと伺えました。

●Tさん宅は、旦那さんが引っ越し先への荷物の運搬に出ていましたが、奥さんがご在宅で、何時ものように出前に伺い、ボランティアは1時間ほど話し込んで来ました。

●奥さんからは、今回の事故への怒り、悔しさが消えないというお話を伺って来たそうです。




●午後からは、水戸教会のもう一組の皆さんがボランティアに到着。

●1名のボランティアが、ご近所によんどころ無い事情が発生して急遽不参加となり、お二人でのご参加です。
(3名で予定を組んで頂いたことで、急の事情に対応して頂け、助かりますね。)

●午後の高久第8仮設は、何時ものように賑やかな集まりでした。ここでも、今後1〜2か月の間に2軒ほどの転出が予定されているとのことでした。

●「仮設を出ても、もみの木さんの時は戻ってくっから!」との嬉しい発言も。







◆写真(左)は、昨日、本日午前担当の水戸教会のボランティア。左からTさん、Hさん、そしてKさん。

◆写真(右)は、本日午後から明日の午前担当の水戸教会ボランティア。左からIさん、Kさんのお二人。


(大熊町)好間第3仮設カフェ 及び (楢葉町)飯野仮設カフェ
2016/06/23(Thu)

1024×768pixel(約139.5KB) 1024×768pixel(約126.9KB)

●本日午前は、水戸教会A組目のボランティア2名が担当。

●ボランティアでは常連のお一人は、半年ぶり位の久々の訪問。懐かしい顔を見て、仮設の皆さんも喜んでいました。

●ここの仮設の皆さんは手芸大好きで、手芸の話や作品の披歴で盛り上がります。

●男性の方と外の喫煙コーナーで話しを伺うと、「諦める訳じゃーねーけど、前向かなきゃ、しゃんめー!」とも。

●来月のご本人の誕生日会を今から楽しみにしていてくださることも話してくださいました。






●午後は、日本キリスト教会栃木教会から5名のご婦人がボランティアに来てくださいました。

●初めて「飯野仮設」(ここの談話室は空き部屋になった部屋を使用しています。)を訪問した方は、仮設住宅の狭さを実感されるとともに、じっくりと話を伺っていました。

●好評の「紙芝居」は、芥川龍之介、林芙美子両文豪の作品で格調高く上演され、みなさん真剣にご覧になっておられました。






◆写真(左)は、水戸教会Fさんの手作りケーキ。毎月後半の訪問時は、いつもこのケーキをお出しし、仮設のみなさんに喜ばれています。Fさんは手作りケーキを沢山届けてくださる「ケーキボランティア」さんです。
【美味しそうでしょ!(事実、美味しいですよ。)】

◆写真(右)は、日本キリスト教会栃木教会の皆さん。左からWさん、Iさん、Sさん、Uさん、お馴染みのYさんの5名。



(大熊町) 下矢田仮設住宅
2016/06/28(Tue)

768×1024pixel(約126.1KB) 1024×768pixel(約105.8KB)

●本日からの3コマは、群馬西の高崎、藤岡に東ブロックの太田教会からの参加を得ての出張カフェ。

●生憎の雨で、ボランティアを紹介するための撮影は明日としました。

●高崎からはプロのマッサージ師さんが見えて、仮設のご希望の方々に施術して大変喜ばれていました。

●手芸では、ネクタイの生地を利用してのネックレス作りをしました。ご高齢の方は最初「目が疲れるから」と遠慮されていましたが、見ているうちに手を出して一緒に作る方もおられました。

●また、お土産用に予め完成させてあったものをプレゼントして喜んでいただきました。





◆写真(左)は、マッサージ施術中のところ。

◆写真(右)は、お作りになったネクタイ再利用のネックレスをかけている皆さん。

◎HPへの掲載承諾済です。



(大熊町)上神白仮設カフェ 及び (楢葉町)高久第9仮設カフェ その1
2016/06/29(Wed)

1024×768pixel(約126.6KB) 1024×768pixel(約135.4KB) 768×1024pixel(約108.6KB)

●本日の午前、午後とも群馬県西ブロックと太田教会の皆さんがボランティアに。

●また、通常だと木曜午前カフェの高久第10仮設は、今回参議院議員選挙の楢葉町期日前投票の投票所に使用されていることから、中止となって変則日程のカフェとなりまとした。

●午前の上神白仮設では、マッサージもネクタイネック例も大好評。もともと器用な方の多いところで、手芸品も、あっという間にセンス良く仕上げていました。

●午後は、一転手芸はなく、マッサージが大繁盛。Hさんは大忙し。

●いつも出前をお持ちするMさん宅にも出前マッサージとともに、お話し相手に伺ったAさんがいろいろなお話の相手をしてくれました。






◆写真(左)は、昨日からのボランティアの皆さん。左から順に、群馬県は太田教会のAさん、高崎教会のTさん、同じくHさん、ご存じ藤岡教会のTさん。

◆写真(中)は、上神白でのネクタイネックレス作りの様子。

◆写真(右)は、大好評のマッサージ施術の様子。お馴染みのF沢さんも気分よさそう。



小名浜林城仮設カフェ 
2016/06/30(Thu)

768×1024pixel(約121.5KB) 1024×768pixel(約135.4KB)

●本日の午前予定である高久第10カフェは、第10仮設の第1集会所が参議院議員選挙の期日前投票投票所として使用されていることから中止となって、変則日程のカフェとなりました。

●午後の小名浜林城仮設カフェには、日立教会の日帰りチームが来てくれました。

●林城仮設では、ラベンダーのポプリスティックづくりが行われましたが、初めてという方が多くとても喜ばれました。

●要領が分かったので、自分たちでも作りたい。との要望を受けて、持ち込んだ材料はすべてプレゼントして差し上げました。

●此処の仮設は手芸などがとてもお好きなところで、来月は折り紙をするという約束をして終了しました。





◆写真(左)は、黙々とラベンダーポプリづくりに励む皆さん。
【左奥から2番目の先日91歳になられたTさんが一番早くしかも上手に仕上げておられました。】

◆写真(右)は、仮設の皆さんに要領を伝えながら、作品の修正などを手伝うボランティア2名。
【左奥のマスクの女性は、指導しているところで、決してコンビニ強盗ではありません。】



[前の10日表示]   [ボランティア ダイアリー]