カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

サポートセンター DISASTER RELIEF CENTER



ボランティア・ダイアリー VOLUNTEERS' JOURNAL

北好間団地カフェ
2019/07/08(Mon)

653×490pixel(約127.2KB) 653×490pixel(約134.9KB)

◆写真は北好間でのカフェ。

左の写真は、いわき教会から初参加してくださったボランティアさんも交えてのコーラス。

右の写真は、久々に「いわき」を訪ねた埼玉西のボランティアさんも含めて皆さんで歌を唄う。





●今月からは、2018年3月まで展開していた「もみの木カフェ」の間、沢山の仮設を訪問してくださった、さいたま教区内各県のボランティア方の内、ご都合の許す方に『復興公営住宅』(原発災害による被災者への住宅団地)を訪問して頂く機会を提供しています。

今後は、一年以上単独で担当してくださった茨城県チームに加えて、活動可能なグループが復興団地を訪問します。

●今回の第一弾には、埼玉西ブロックから2教会の信徒が混成で参加してくださいました。

●よく整備された北好間の復興公営団地と立派な集会所を見て、安心?と言うか、「良かったですね〜。」も偽らざる気持ちかな。

●カフェでは、久々にお会いする方もあり、テーブルに加わって親しくお話が続きました。

●声楽を勉強した方の歌を聴いたり、その方のリードでみんなで歌を唄ったり、果ては『音痴拝領』の場違いな大正演歌が飛び出したりした和やかな時間でした。

●カフェでは、埼玉西ブロックらしく「狭山茶」の新茶も提供して喜んで頂きました。

●また、本日は、地元いわき教会から初参加頂いたボランティアさんもおられ、「カリタスいわき」の活躍でカフェが展開されました。

●カフェ後は、「いわき教会」をご案内頂き、立派な御聖堂や過日整理された小名浜教会の貴重な資料なども拝見しました。




鹿島団地カフェ
2019/06/18(Tue)

490×653pixel(約153.6KB) 653×490pixel(約159.7KB) 490×653pixel(約161.2KB) 490×653pixel(約157.7KB)

◆写真は左から、
@鹿島団地で「アルパ」演奏を披露してくださるボランティアのお三方

A「アルパ」の演奏に聞き入っている参加者の皆さん

B演奏後、実際にアルパに触れて「音」を出してみました。

C前自治会長さんは、音大卒で、某組織の中央音楽隊ではチューバを担当されていたと伺っていましたが、ベースも任されていたそうで、アレコレ仰りながら楽器を楽しんでおられました。




● 本日も、事前の周知が実り、いつもお出でになる方々は元より、いつもより多くの方々がお集まりくださいました。

●先ず、コーヒーを召し上がっていただき、15分過ぎ頃からアルパの演奏をお聞きしました。

●小さな会場ですので、演奏のあいだでの説明や質問などがあり、和やかな雰囲気で演奏会が進みました。

●アンコールの要請には、心を込めて「ふるさと」を合唱しました。

●演奏後は、奏者に教えていただきながら、アルパを弾いてみる体験などもありましたし、民族衣装にも興味津々で話している方もおられました。


◎特別ボランティアのお三方には、午前中の活動後直ちに、今も帰還困難区域となっている被災地を訪ねてくださり、途中、楢葉町で再開なったYさん(以前、高久第8仮設住人)の『やぶそば』でおいしいお蕎麦を頂き、聖母訪問会楢葉修道院訪問の後、浪江町から「希望の牧場」まで足を延ばされて、ボランティア体験と被災地訪問の二日間を過ごされました。
ありがとうございました。



北好間団地カフェ
2019/06/17(Mon)

653×490pixel(約128.7KB) 653×490pixel(約136.2KB) 490×653pixel(約126.3KB) 653×490pixel(約152.1KB)

◆写真は、左から、
@特別参加のラテンハープ「アルパ」の演奏者お三方

Aアルパの演奏を聴くカフェ参加者の皆さん

B演奏の後、直接、楽器に触れて話を聞く皆さん

C演奏後には、コーヒーを頂きながらの交流



●本日は、土浦教会信徒の音楽を通じての友人で、ラテンハープ「アルパ」の奏者、先生とお弟子さん2名のお三方が、いわきの復興公営団地訪問にボランティア協力くださいました。

●事前周知の効果もあり、開場前からお待ちくださった数名の方がテーブルの準備から手伝ってくださいました。

●アルパの演奏は初めて聞くという方が多く、皆さん熱心にまた、うっとりと聞いておられました。
南米の曲から日本の懐かしい曲まで弾いてくださり、途中、何曲かはアルパの演奏で歌を唄いました。

●男性のご参加もあり、30名程の参加者の皆さんと交流出来ました。




◎本日は、仙台教区サポートセンターから、小野寺事務局長と石巻ベース長でもある仙台教区スタッフの濱山さんのお二人が見え、仙台サポセンの「新しい創造」基本計画第5期計画策定のためのヒアリングがあり、いわき教会、聖母訪問会と一緒にヒアリング対応がありました。





鹿島団地カフェ
2019/05/14(Tue)

653×490pixel(約146.5KB) 490×653pixel(約137.6KB)

◆写真は左から、
@ギターの伴奏で、懐かしい歌を唄いました。皆さんからは、「伴奏があると唄いやすいね。」との声がありました。

Aギター伴奏をしてくださった「ジャパン・プラットホーム」でも活躍のいわき教会のYさん。




●本日も、いわき教会から初参加のお二方を含め、7名で鹿島団地を訪問しました。

●いわき教会から初参加のボランティアは、スマホで楽譜を引き出しては、数々の曲のギター伴奏をしてくださいました。

●前自治会長の出羽さんが体調回復してきてくださいました。

●また、下矢田仮設の時に「UFOキャッチャー」で釣り上げた多くの景品をボランティアさんに下さった田中さんが、7月には大熊町の大河原地区に帰町するとの報告に来て下さいました。帰町後は以前の原発構内での仕事につくとのことでした。握手をして別れました。


北好間団地カフェ
2019/05/13(Mon)

653×490pixel(約111.9KB) 653×490pixel(約143.5KB)

◆写真は、左から
@いつもの歓迎のホワイトボード。それにしても、皆さん「改元」や「令和」が一大イベントですね。

A「西條八十」、「野口雨情」のCDのを聴きながら、皆さんもご一緒に歌いました。



●5月13日(月)は、北好間団地を訪問しました。

●今回は、さいたま教区の小教区からのボランティアはなく、いわき教会から4名、聖母訪問会のシスターお二人の協力を得て行われました。初参加の女性お二人がありました。

●ベース長は、何の芸も出来ないので、「西條八十と野口雨情の世界」と題した「寄席芸人」のアコーディオン奏者のCDを聴きながら、皆さん歌声を併せて歌っていただきました。




全ベース会議
2019/05/10(Fri)

653×490pixel(約120.8KB)

◆写真は、全ベース会議の様子。



●去る、5月10日(金)、仙台カテドラルの元寺小路教会にて第37回全ベース会議が開催されました。

●今回、宮古ベースからは、札幌教区のベース長ではなく、地元小教区の信徒世話人の代表が初めて参加しました。

●引き続き、2021年3月以降に向けて話し合いが進められています。


鹿島団地カフェ
2019/04/16(Tue)

653×490pixel(約157.7KB) 653×490pixel(約166.7KB)

◆まず、写真のキャプションから掲載します。
写真は左から
@皆さんで腹話術のお稽古

Aお馴染みの『た』抜きで唄う、「春がきた」。何度もやってるのに、また、「た」まで唄っちゃう。



●さて、昨日に引き続き、土浦教会といわき教会の有志お二人に、本日は、聖母訪問会楢葉修道院のシスターお二人が加わってくださいました。

●鹿島団地では、団地自治会の役員交代があるようで、来週21日、ご復活の主日に総会だそうです。

●なお、出羽会長さんは入院なさっていて、「本日カフェに参加できない。」と、ご連絡をいただきました。私が、2014年にもみの木を担当して間もなく、一緒に食事をしたことのある自治会長さんで、親しくしている方なので、このところ、状態が良く無いご様子で心配です。

●途中、所用があり、集会時を離れていたのですが、カフェは、腹話術師の「まりあ」さんが盛り上げてくれていした。

●お馴染みの「花子」さんと歌う『た』抜きの「春が来た」誰かが、「た」を発声してしまい、笑いに包まれます。


北好間団地カフェ
2019/04/15(Mon)

490×653pixel(約96.7KB) 490×653pixel(約113.9KB) 653×490pixel(約145.4KB) 653×490pixel(約136.7KB)

★このページを見て頂くのに、写真とキャプション(写真の説明)が離れていたことに、今更ながら気が付きました。今回、写真の次に説明を掲載してみます。どうかな。


◆写真は、左から

@久々にお会いした、元「好間第3仮設自治会副会長」のY本さん。お元気でした。

A腹話術体験をする参加者H本さん。

B全員に人形を持っていただき、みんなで腹話術のお稽古❓

C最後は、シルバーリハビリ体操。「集会所からのお帰りに転ばないように!」と足腰を鍛える体操です。




●本日は、強風で常磐線のいわき〜富岡駅間の運行に大幅なダイヤ乱れが発生。一時間に1本と言う様なダイヤのうえ、福島県浜通りは海からの強風が電車を煽ります。そのため聖母訪問会シスターは交通手段が無くなり楢葉町から移動できず、今日はお見えになれません。

●人口減少がみられる被災地では、車が重要な交通手段ですが、免許書返納を勧められる年齢の方々の移動手段の確保はとても大きな課題です。

●駐車料金が一台5万円と言うのも確かに問題ですが、車を持たずに生活ができる大都市に生活している人には考えられないようなことかもしれません。想像力が試されます。

●さてさて、本日のボランティアは、土浦教会の皆さんといわき教会のお二人です。

●コーヒーの後は、腹話術師の「まりあ」さんが「花子さん」とふたりで『東京だョおっかさん』から始めて楽しいステージ。

●北好間団地を訪問する前に、かつて訪問していた「好間工業団地第3仮設」を訪ねると、元自治会副会長のY本さんと出会い、団地のカフェにお誘いしたところ開会間もなくお見えになりました。

●「まりあ」さんは、皆さんにも腹話術体験をして頂けるよう、沢山の人形を持ってきてくださり全員で腹話術の練習も交えて楽しく過ごしました。

●最後は、シルバーリハビリ体操で「転倒予防」に効果がある体操などして頂きました。


◎沢山の方がテーブルの片づけなど手伝ってくださいました。






鹿島団地カフェ
2019/03/19(Tue)

653×490pixel(約157.6KB) 653×490pixel(約138.1KB)

●本日は、新舞子ハイツを午前9時30分前に出発し、ほぼ1年振りのいわき訪問である取手教会のボランティアさんに、旧・もみの木周辺の仮設住宅撤去の様子を見て頂きながら、鹿島団地を訪問しました。

●本日は、いわき教会から佐藤さん、聖母訪問会からはお二人のシスター(藤原、大河)が来て下さいました。

●また、本日は久しぶりに、「復興団地等コミュニティ推進支援組織のNPO法人「みんぷく」の職員2名も合流しました。

●こちらでも、久しぶりの再会を喜び合ってのカフェが始まりました。

●ボランティアさんも、久しぶりで体調のことやふるさと大熊の話をするうちに、尋ねた知人が、Iさんの甥御さんであることが分かり、消息が一気に判明すると言う様な事もありました。

●団地の皆さんでは、大熊町の婦人会で盛んだった「大正琴」の演奏の話をされていて、この時期は「さくら」の曲をよく演奏したな〜。と言う話も出ていて、さっそく桜の歌詞カードをお配りして皆さんで唄っていただきました。

●その方にも、いくつかの歌のリクエストがあり、みなさんで和気あいあいに歌われました。




◆写真左は、皆さんで「さくら」の歌を唄っているところ。

◆写真右は、現会長の出羽さん。
熊谷銘菓「軍配」せんべいは、3月9日の被災地訪問の際のご協力に対しての薄謝。




北好間団地カフェ
2019/03/18(Mon)

653×490pixel(約82KB) 653×490pixel(約140.5KB) 653×490pixel(約132.5KB)

●本日は、約1年ぶりになりますでしょうか、茨城県の取手教会の皆さんがいわきを訪問しました。

●ここ、北好間団地には、大熊町役場いわき出張所のあった、好間工業団地第3仮設住宅から転居された方や下矢田仮設の最後の自治会長を務めておられたIさんも住んでおられます。

●久しぶりの再会でも、ボランティアの面々を覚えていて下さっておられ、お互いに再会を喜んでおられました。

●先月の「歌声カフェ」の開催で初めて来てくださったという男性陣も参加してくださいました。

●本日は、無伴奏ながら、春の時期になごむ歌として「さくら」(さくら、さくら、弥生の空は……)など、歌集の第2集を用意して歌を唄っていただきました。

●また、6月には、ハープの演奏を指導されている方が訪ねてくださるという予定をお伝えすると、今から大変楽しみです。とのことでした。

●歌集の第1集の歌も誰彼となく指名した歌を唄っておられましたが、終盤には「カリタスさん皆さんで唄って聞かせてください。」と、「この広い野原いっぱい」のリクエストが出され、急遽『困声合唱団』が編成され、何とも乙女チックな雰囲気で歌い上げ、拍手を頂戴しました。




◆写真は、左から、

@旧もみの木歌集に加えて、第2集のカリタス歌集

A男性の方も来てくださり、団地の皆さんで次々に唄いました。

B団地の皆さんにリクエストされ、急遽編成された、カリタスいわき「困声合唱団」。



[前の10日表示]   [ボランティア ダイアリー]   [次の10日表示]