カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

サポートセンター DISASTER RELIEF CENTER



ボランティア・ダイアリー VOLUNTEERS' JOURNAL

北好間復興公営団地カフェ
2018/06/11(Mon)

768×1024pixel(約96.4KB) 1024×768pixel(約85.7KB) 1024×768pixel(約107.4KB)

●本日は、約1か月ぶりの北好間復興公営団地でのカフェでした。

●ボランティアは、水戸教会のお二人。あいにくの雨の中、日立教会に集合してカフェ用品など必要品を積み込みます。

●日立教会の支援部の皆さんが集まって下さり積み込みやら検品を手伝ってくださいました。

●水戸教会のボランティアは当日調達する物品の買い出し、日立教会で済ませる昼食を買い求め、昼食後12時には日立教会を出発しました。

●本日は、北好間団地自治会の集会所担当の方が決定した事から13時に面会の約束があり、12時50分過ぎに到着し、ご挨拶を済ませてから会場づくりをはじめました。

●程なく、聖母訪問会のシスターやいわき教会のボランティアお二人も見え、カフェが始まりました。

●開始後まもなく、「日本同盟基督教団いわきキリスト教会泉グレイスチャペル」の牧師先生が来訪されました。牧師先生の教会でも富岡町の仮設住宅で7年間お茶会の様な集まりを展開されていたそうです。

●復興公営団地の皆さんは徐々にお集まりになり、総勢21名。シスターやいわき教会のボランティアさんを含めると30名ほどの人数で、各テーブルで会話がなされていて、わいわいと大賑わいの会場でした。





◆写真(左)は、始めてお会いした牧師先生と連絡先の交換をするいわき教会のボランティアさん。

◆写真(中)は、今回のお茶会に用意された水戸教会ケーキボランティアの手作りケーキと熊谷銘菓の五家宝

◆写真(右)は、歌集を手に皆さんに唄を勧める水戸教会のボランティアさん。


鹿島団地訪問
2018/05/15(Tue)

768×1024pixel(約109.2KB)

●5月15日は、新舞子ハイツから「鹿島団地」のカフェに出発。

●ホテルでポットにお湯を入れていただきました。

●今年から訪問している、こちらの復興公営団地は、旧下矢田、下矢田第2仮設にいらした方々も多く、お馴染みの皆さん。

●この日は、聖母訪問会のシスター3名といわき教会の佐藤さん、石井さんがご一緒に。

●誕生日会該当しゃがいらっしゃらないうえに、従来のケーキ屋さんも、四角いケーキ用の用品を用意しなくなり、従前のバースディケーキは用意できなくなりました。

●北好間団との参加人数のことも含め、今後対応を考えていくことにします。

●本日も、日立教会ボランティアのポプリづくりで喜んで頂きました。





◆写真は、出羽自治会長さんと話し込むいわき教会の佐藤さん。お二人とも北海道のご出身で話が具体的。


北好間団地訪問
2018/05/14(Mon)

1024×768pixel(約45.3KB) 1024×768pixel(約110.5KB) 1024×768pixel(約117.1KB) 768×1024pixel(約91.3KB) 1024×768pixel(約114.3KB) 1024×768pixel(約161.1KB) 1024×768pixel(約113.4KB) 768×1024pixel(約93.8KB)

●皆様!遅れておりましたが、(仮称)カリタスいわき
の活動を報告します。

●今回は、日立教会に必要物品を預かって頂いてからの初めてのボランティア活動になりました。言うなれば、「日立ベース」での活動第1回目です。

●当日は日立教会のボランティア3名と10時に集合して物品を確認。一泊二日の活動ですが、今までのように自由になるベースでの宿泊ではないので、二日分の活動を想定しての準備です。

●また、本日、初めて訪問する北好間団地の参加者が想定できませんので、多めの準備が必要になります。4本のポットのお湯を沸かすなどの準備のあと、車に荷物を積んでみました。無駄な部分もあるかと思いましたが、取り敢えず全て2倍を用意してみました。

●その後、カフェで提供するお菓子を買い出しにいき、ついでに、各自昼食も購入し、教会に戻ってから早めの昼食を済ませて12時にいざ出発。

●1時前にいわき中央インターを降りて、初めて北好間団地を訪問。1時10分くらいには到着しました。ここは、富岡町、大熊町、双葉町、浪江町の原発被害で、いまだに多くの面積が帰還困難区域に指定されている4町の住民が優先的に入居している復興公営団地です。

●自治会の田村さん、NPO法人「みんぷく」の4名の職員が待っていてくれました。

●大集会室で、机、椅子を並べているところに、いわき教会の佐藤さんと聖母訪問会の4名のシスター方が到着し、合同で準備。

●徐々に参加者がお集まりになり、20名の参加者とボランティア側がシスターを含め9名、みんぷくの職員が4名と大勢の方が集まりました。好間第三仮設に住まわれていたお馴染みの方も3名が見えました。

●午後1時半から3時半までの活動を終えて、旧もみの木関係での一件の用事を済ませてから、本日の宿舎「」新舞子ハイツ(いわき市の公設民営の宿泊施設。)に午後5時ころに到着しました。





◆写真は左から順に、北好間団地の全景を順に紹介します。

@団地は3階建てで圧迫感は大幅に減じられています。

A棟と棟の間もゆったり、また緑の植栽もあり、空間が贅沢に配置されています。

B全部で16棟が建っていて世帯数は350世帯あります。(配置図も16棟分を2つに分けて案内されています。)


C棟と棟を結ぶ通路には屋根があり、通路には各戸に物置が用意されています。

D診療時も併設されています。


◆カフェの風景

◆ポプリづくりの様子。(シスターも真剣に聞いてます。)



もみの木 撤収
2018/04/26(Thu)

1024×768pixel(約104.8KB) 1024×768pixel(約56.4KB)

◎下の、4月25日のページにも書き込みましたが、もみの木閉所の記事の後もこのページを訪問くださる方がいらっしゃり、慌てて、二日分程更新しました。

●5月26日は、前日の雨も上がり、もみの木からの最後の片づけと撤収作業に追われました。

●教区事務所からは、古澤さんが来て下さり、教区関連の物品の撤収をしてくださいました。

●また、今後の出張カフェで必要な道具立て一式を預かって下さる日立教会へ送り込むものの受け取りとその手伝いに、日立、水戸の両教会から4名がお手伝いくださいました。

●物品の片づけの中では、茨城県の集いで利活用出来そうな物も積極的にお持ちいただく事とし、今後日立教会に駐留させていただく業務用のワゴン車も運転して帰って下さいました。

●その後は、いわき教会の佐藤さんが最後の最後までお手伝いくださり大変助かりました。おかげで、私も午後6時ちょっと前、佐藤さんと共に、もみの木を出ることが出来ました。

●なおも残る大型ごみについては、5月7日に佐藤さんが立ち会ってくださって、廃品回収業者により処理することになっています。

●旧もみの木は、5月から、いわき市のNPOの平地域包括支援センターの事務所として利用されます。




◆写真左は、整理が進んでいる「もみの木」前の高久第1仮設の様子。(恐らく、これが、もみの木2階から撮る最後の高久第1仮設の風景となると思います。)

◆写真右は、「もみの木」前の道路に向けた掲示板に、久々に掲出した「もみの木カフェ」の開店、閉店を知らせる看板。





北好間団地訪問
2018/04/25(Wed)

1024×768pixel(約107.6KB) 1024×768pixel(約63.1KB)

◎皆様、5月連休中でお寛ぎのことでしょうか。
 もっとも、毎日が日曜日と言う状況で有る方もいらっしゃるので失礼なあいさつになってもいけませんが……。

●さて、久々にもみの木のページを覗いてみたところ、もみの木ベースが撤収した記事の後も、このページを確認して下さって居る方がいらっしゃることが判りました。大変失礼しました。また、ありがとうございます。

●そこで、遅ればせながら、先月末の活動?を少し報告します。

●4月25日には、いわき教会の佐藤さんと二人で、5月から訪問する事になっている「北好間(復興公営)団地」に伺いました。

●福島県から団地の自治会立ち上げ支援等の業務を受託している「みんぷく」さんの担当者と北好間団地自治会の関係者との顔合わせでした。

●北好間団地は、今もなお帰還困難区域の有る大熊、双葉、浪江、富岡の4町の原発避難住民が優先入居の団地ですが、予定よりも入居者が少ないとのことで、今後、4町以外の町の方も入居するとのことでした。

●生憎、雨の強い日で、団地全体を写真に撮ることは出来なかったのですが、集会室と台所を写真に撮りましたので貼り付けました。

●北好間団地は、350所帯ほどの大型団地ですが、1棟は3階建てで圧迫感はなく、居住棟へのアプローチもゆったりしています。また、棟ごとの間隔も十分にあり、それが屋根付きの渡り廊下で結ばれているという作りで、今までの復興公営団地のイメージでなく、とても住みやすそうに感じました。

●ただ、集会所は西の端にあり、三階建てと言うことからくる敷地の広さも手伝い、遠い棟から集会室までお年寄りが歩いてくるのは結構難儀かな?とも感じました。

●集会室は、大、中、小と三部屋ありまして、とても広い集会所です。当日は、「みんぷく」さんのセットした交流会が予定されていました。交流会も16棟を三分割して実施するそうです。




◆写真左は、大集会室

◆写真右は、台所スペース




新記録達成!
2018/04/16(Mon)

●訪問者の皆様!新記録達成です。

●皮肉にも、もみの木閉所のページは人気があったようです。昨日の訪問者数は39人を記録し、従来の記録を5人上回る新記録でした。

●嬉しいような、悲しいような、何とも言えない気分です。きっと、ボランティアの皆さんがもみの木閉所に関心を持っていてくださったことの表れだと受け止めています。

●5月19日は、ボランティアの皆さんへの感謝ミサです。一度でももみの木でボランティアを経験された方は元より、一度も来ていなくてもご参加いただけます。
お誘いあわせてお運びください。

●お待ちしております。




もみの木閉所にかかる「感謝の集い」その1
2018/04/15(Sun)

1024×768pixel(約109.5KB) 1024×768pixel(約97.7KB) 1024×768pixel(約101.7KB) 1024×768pixel(約104.6KB) 1024×768pixel(約112.7KB) 1024×768pixel(約113.2KB) 1024×768pixel(約107.5KB) 1024×768pixel(約103KB)

●4月14日、足掛け7年に及ぶ「もみの木活動」へご協力いただいた地元の皆様への「感謝の集い」が開かれました。

●当日は、仙台教区長の平賀撤夫司教様、前さいたま教区長の谷大二名誉司教様外、さいたまサポートセンター長の鈴木國弘神父様、前ベース長のホアン神父様、センター長補佐の矢吹助祭様等40名を超える方がお集まりくださいました。

●また、オリジナルブレンドの「もみの木コーヒー」を提供している東京中野のマナコーヒーのオーナー、青木さんもコーヒーを淹れに東京から駆けつけてくださいました。

●懐かしい顔も見られる中、開会にあたり「東日本大震災等で犠牲になられた方々、今も厳しい状況に遭われている被災者の方々への黙祷」が行われました。

●その後、平賀司教様、谷名誉司教様のあいさつを頂きました。

●それから、お集まりいただいた皆様を順次紹介しながらコーヒーとケーキで歓談の時間を持ちました。

●終盤には、もみの木に掲げられていた標章(エンブレム)の降納へと進み、参加者が庭に出てエンブレムを皆さんが見上げる中、誰かが唄い始めた「蛍の光」の歌とともにエンブレムが取り外されました。

●次に、エンブレムを真ん中に置いて記念撮影をしてから、ホアン神父様の閉会にあたってのあいさつを頂き、終了となりました。



◆ 今回は多数の写真を掲載します。
  大まかな流れは次のとおりです。
  準備が整ったもみの木全景と会場
  受け付けはSr.尾碕
  参加者の集まり
  開会
  司教様方のあいさつ



  


もみの木閉所にともなう 「感謝の集い」 2
2018/04/14(Sat)

1024×768pixel(約116.5KB) 1024×768pixel(約107.1KB) 1024×768pixel(約107.7KB) 1024×768pixel(約122.9KB) 1024×768pixel(約118.1KB) 1024×768pixel(約103.8KB) 1024×768pixel(約116KB) 1024×768pixel(約136.8KB) 1024×768pixel(約108.5KB)

◆ 続きです。
  司教様のあいさつを聞く皆さん、
  それからコーヒー淹れは大忙し、
  水戸教会の皆さんもお手伝いに、
  歓談の様子、
  もみの木エンブレムの降納、
  取り外しを見上げる参加者の皆さん、
  エンブレムを中心に記念撮影
  ホアン神父様のお礼のあいさつ
  


(楢葉町)飯野仮設カフェ【最終回】
2018/03/28(Wed)

1024×768pixel(約138.3KB) 768×1024pixel(約93.5KB) 1024×768pixel(約107.3KB)

●もみの木の出張交流カフェ最終回の最後のカフェは、2014年に楢葉町役場から依頼されて伺うようになった一番小さな仮設の「飯野仮設」でした。

●思えば、一連の最終回カフェ月間のスタートの仮設も、2014年に楢葉町役場から依頼されて入った「高久第6仮設」でした。

●両方とも小さな仮設でしたが、それ故に細かいお話を伺える貴重な仮設でした。

●本日スタート時点では支援員のK島さんお一人がおられ、駐車場には一台の車もない状況でした。

●支援員のK島さんが知り合いの高久第5仮設の方を呼んでくださったり、飯野仮設のY下さんの娘さんが寄って下さったりしているうちに、古くからの顔見知りのY辺さんか来てくれました。

●Y辺さんは、高久地内に住宅を手配され、すでに引っ越しをされていましたが、本日の最終のカフェを覚えていて下さり駆けつけてくださいました。

●都合5名のカフェとなり、村に帰った後のこと、とりわけ通院の心配などが話されました。人それぞれに個別の事情がおありです。

●なじみ深いY辺さんを車までお見送りし、最後は支援員さんに見送られながら、最後のもみの木カフェを畳んで帰ってきました。






◆写真(左)は、仮設支援員の車、もみの木の車などを除いて駐車場には一台の車もなくなっています。

◆写真(中)は、カフェ開設後、開店休業中の取手教会の皆さん。

◆写真(右)は、徐々にお集まりいただいた皆さんと最後のカフェ。




◎本日のカフェで『もみの木』としての「出張交流カフェ」は終了いたします。
ボランティアの皆さん長い間のご協力、誠に有難うございました。

◎来月9日からは「いわき教会」信徒と協力して『カリタスいわき』として、月に一度、復興公営住宅を訪問する活動に移行します。

◎基本的には、茨城県の信徒の皆さんのご協力を頂きながら活動する予定ですが、年に一度くらいは埼玉や群馬の皆さんにもお声がけさせていただく事が有るかもしれません。
その時には、是非「知らんぷり」をしないでくださいね!








(楢葉町)小名浜林城仮設カフェ【最終回】
2018/03/27(Tue)

1024×768pixel(約105.1KB) 1024×768pixel(約111.2KB) 1024×768pixel(約115.8KB)

●本日は、林城仮設で最終回のもみの木カフェでした。

●担当のボランティアは茨城県取手教会の皆さん。今まで「もみの木ボランティア」をなさった方々が、日帰りのお二人を含め、ほぼ全員が集合して下さいました。

●また、聖母訪問会のシスターもお三方合流されました。最年長のシスターは、この3月末で鎌倉に帰られるのでカフェでの最後のお話を進めておられました。

●仮設の方々もすでに楢葉に帰られた方が車に乗り合わせながら集まって下さったり、いわき市内に転出した方もタクシーで駆けつけてくださったりで、お子さんを含め21名の大賑わい。

●また、小名浜のキリスト教会の住吉牧師ご夫妻も来て下さって、会場の各テーブルでそれぞれの話が進んでいました。

●大きな犬を連れて来られた方もあり、外でも何人もの人がお話をすると言う収拾のつかない程の賑やかな状況に。

●また、今は楢葉に帰っている元林城担当だった支援員のM本さんも来て下さりほぼ2年ぶりの再会。4月からは楢葉町内の工場で働くことが決まったという事でした。まだ若い彼の仕事が本人の望む故郷で見つかったことを素直に喜びたいと思いました。

●お誕生会該当の方が、全員に行き渡るほどのお赤飯を持って来て下さったり、もう一方もたくさんのチョコレートを持って来て下さったり、参加者の娘さんが菓子折りを持って来て下さったり、さらには、住吉先生の差し入れのフルーツなどなど。たくさんの品々が提供されて大賑わいのカフェが続きました。

●お世話になった猪狩自治会長さんは、楢葉で自ら自宅再建に取り組んでおられることとアルバイトで仕事もなさっているという事でしたので、今回のお声がけを控えていましたが、これほどの皆さんにお集まりいただいたところに立ち会うと、お声がけしなかったことが少々悔やまれるところでもありました。

●定刻を過ぎても、立話しが終わらないという名残惜しさを残し、最後の林城カフェを閉じてきました。


◎なお、林城仮設の取り壊しも始まっていました。



◆写真(左)は、お誕生日会該当者でもあり、楢葉町や市内から駆け付けてくださったお二人。

◆写真(中)は、会場内外のそこかしこで話に花が咲いている様子。

◆写真(右)は、林城仮設取り壊し着工の様子。


[前の10日表示]   [ボランティア ダイアリー]   [次の10日表示]