カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

サポートセンター DISASTER RELIEF CENTER



ボランティア・ダイアリー VOLUNTEERS' JOURNAL

いわき教会での3.11のミサ 続報
2021/03/16(Tue)

640×480pixel(約83KB) 480×640pixel(約109.9KB) 480×640pixel(約125.8KB) 480×640pixel(約97.9KB) 960×540pixel(約249.3KB) 2160×3840pixel(約514KB) 480×640pixel(約94.8KB)

◆いわき教会での3.11ミサの続報です。

◆写真を順に見て頂きながら説明します。
 (写真はクリックすると大きく見られます。)

◆写真左から

@、ミサは、午後2時15分に始まり、ミサの中で2時46分に合わせお祈りがあったそうです。

A、平日のミサでもあり、多国籍の信徒はお仕事。日本人を中心に15名が集まりました。
 さいたま教区内外からは、17000羽の祈りの折り鶴が参加しました。

B、C、 潅水、献香

D、ミサ後は、いわき市でも津波被害の大きかった、薄磯海岸近くの「豊間中学校」跡地に整備された「いわき震災伝承みらい館」を訪問されたそうです。

E生憎、献花台の様な物は無く、1本の千羽鶴を職員の方に託してこられたそうです。

F、伝承館訪問の後のいわき教会有志の皆さん。(後ろは薄磯海岸。)


◆いわき教会の皆さん、ありがとうございました。◆



●さいたま教区は、この10年間いわき市内の仮設住宅、復興公営住宅を活動の拠点としてきました。
10年の間、いわき教会とのつながりを頂きながら活動が継続できましたことに感謝です。

●10年間でいろいろなつながりを頂いた皆さんは、今後もいわき市内に住まわれることと思います。

●私たちも、いわき教会との繋がりを大切にしながら、大震災による津波、原発災害で被災された方々とのつながりを大切にしたいと思います。

●こんご、どのようなことが出来るか定まってはいませんが、ボランティアの皆さんには、ご無理のない範囲でご支援を頂ければ幸いです。





  ◎◎◎ 事務連絡です。 ◎◎◎ 

▼ボランティアの皆さん方等との連絡に使われていた、携帯電話、090−1260−6566は、3月を過ぎた適切な時期に、契約を解除します。

▼今後、ボランティアリーダーさん方を中心に、(朝尾への)連絡先を提供してまいります。

 ありがとうございました。



前日]   [ボランティア ダイアリー]   [翌日