カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

サポートセンター DISASTER RELIEF CENTER



ボランティア・ダイアリー VOLUNTEERS' JOURNAL

いわき訪問 急遽再開
2020/06/15(Mon)

816×612pixel(約168.7KB) 612×816pixel(約140.1KB) 816×612pixel(約215KB)

◆先ず、写真の説明から。

@左は、急遽、7カ月ぶりの訪問となった、北好間団地集会所での様子。

A中央は、カフェ再開のお知らせ。

B右は、下矢田団地で紙芝居「どんと来い!三途の川」を演じるカリタスいわきのIさん。




●皆様ご案内のとおり、新型コロナウィルス感染症の感染拡大防止にかかる「緊急事態宣言」は、去る5月25日に一都三県を含み全国的に解除されました。

●この「緊急事態宣言解除」により、福島県の県営住宅管理の担当部所から、いわゆる三蜜を防ぐなどの注意をすることで、復興公営団地の集会所の利用が可能である旨の連絡が団地自治会にあったそうです。

●この状況の変化により、下矢田団地、北好間団地とも「(仮称)カリタスいわき」の出張交流カフェの来訪も可能であることが分かりました。

●このため、急遽いわき教会と相談のうえ、必要最小限の人数で両団地に訪問することとなりました。15日は聖母訪問会のシスターが都合がつかず、いわき教会の3名、さいたまサポートセンターから1名の4名で北好間団地を訪問。16日は、いわき教会の2名とシスター1名の計4名で下矢田団地を訪問しました。

●北好間団地では、昨年の台風19号の被害復旧工事の為、11月から集会所が使用出来なく成っていたところにコロナ禍が追い打ちをかけて使用ができないという状況でした。加えて4月には団地自治会の役員交代もあり、面識にない自治会役員の方と電話や郵便でのやりとりで、大変ご負担をお掛けしました。

●北好間団地では、情報が行き渡らなかった棟もあった様でしたが、初めてカフェに来て下さった男性や広野町の女性お二人、お子さんを連れて初めて来て下さった若い方もありました。


●両日とも、暑い日でしたが、窓を開け、なるべく間隔を空けて座って頂きました。ボランティアはマスクを着け、場面によってはマスクに加えてフェイスシールドもつけての活動でした。




前日]   [ボランティア ダイアリー]   [翌日