カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

サポートセンター DISASTER RELIEF CENTER



ボランティア・ダイアリー VOLUNTEERS' JOURNAL

北好間団地カフェ
2019/07/08(Mon)

653×490pixel(約127.2KB) 653×490pixel(約134.9KB)

◆写真は北好間でのカフェ。

左の写真は、いわき教会から初参加してくださったボランティアさんも交えてのコーラス。

右の写真は、久々に「いわき」を訪ねた埼玉西のボランティアさんも含めて皆さんで歌を唄う。





●今月からは、2018年3月まで展開していた「もみの木カフェ」の間、沢山の仮設を訪問してくださった、さいたま教区内各県のボランティア方の内、ご都合の許す方に『復興公営住宅』(原発災害による被災者への住宅団地)を訪問して頂く機会を提供しています。

今後は、一年以上単独で担当してくださった茨城県チームに加えて、活動可能なグループが復興団地を訪問します。

●今回の第一弾には、埼玉西ブロックから2教会の信徒が混成で参加してくださいました。

●よく整備された北好間の復興公営団地と立派な集会所を見て、安心?と言うか、「良かったですね〜。」も偽らざる気持ちかな。

●カフェでは、久々にお会いする方もあり、テーブルに加わって親しくお話が続きました。

●声楽を勉強した方の歌を聴いたり、その方のリードでみんなで歌を唄ったり、果ては『音痴拝領』の場違いな大正演歌が飛び出したりした和やかな時間でした。

●カフェでは、埼玉西ブロックらしく「狭山茶」の新茶も提供して喜んで頂きました。

●また、本日は、地元いわき教会から初参加頂いたボランティアさんもおられ、「カリタスいわき」の活躍でカフェが展開されました。

●カフェ後は、「いわき教会」をご案内頂き、立派な御聖堂や過日整理された小名浜教会の貴重な資料なども拝見しました。




前日]   [ボランティア ダイアリー]   [翌日