カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

サポートセンター DISASTER RELIEF CENTER



ボランティア・ダイアリー VOLUNTEERS' JOURNAL

下矢田団地集会所
2018/02/13(Tue)

1024×768pixel(約132.6KB) 1024×768pixel(約117KB) 768×1024pixel(約119KB)

●本日と明日午前中は、栃木県北部那須教会のお三方。

●本日は、先月に続いて下矢田団地を訪問。もちろん那須教会の皆さんも初めての訪問。

●誕生日会該当は、旧下矢田仮設、旧下矢田第2仮設のご常連のお二人。お二人は、大熊町の時から50メートルほどしか離れていない顔見知りのお二人でした。

●お一人は、95歳になられましたが、いまだ健在なお声で、一節を披露して下さいました。

●自治会長のD羽さんに、改めて、来月で終了する旨をお伝えしたところ、復興住宅にカフェが来てくれたことから、継続してくれるものと考えておられた様子で、驚かれてしまいました。会長からは、「ぜひ、継続してもらいたいが。」との発言もいただき、悩ましいところです。

●話変わりますが、もみの木前の高久第一仮設の取り壊しが、本格化してきました。





◆写真(左)は、本格化して来た高久第1仮設の取り壊し作業

◆写真(中)は、下矢田団地カフェの様子

◆写真(右)は、自慢ののどを披露する95歳のご婦人


前日]   [ボランティア ダイアリー]   [翌日