カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

サポートセンター DISASTER RELIEF CENTER



ボランティア・ダイアリー VOLUNTEERS' JOURNAL

番外編
2017/08/26(Sat)

768×1024pixel(約147.7KB) 1024×768pixel(約185KB) 768×1024pixel(約181KB) 1024×768pixel(約100.8KB)

●8月26日(土)に東京正義と平和委員会主催(横浜・さいたま両教区正平協共催)による「軍郷・習志野の歴史を訪ねる」現地学習会があり、三教区から19名が参加されました。
★★番外編で掲載させていただきます。★★

●このフィールドワークは、94年前の関東大震災の際に起こった朝鮮人等虐殺における犠牲者を追悼し、事件の歴史的背景を学ぶものです。

●千葉県における関東大震災と朝鮮人犠牲者追悼に取組んでおられる地元の方々に、(軍郷習志野の跡地なども含め、)夕刻まで丁寧にご案内頂き、有意義な一日でした。(熊谷みたいに「暑かった!」)





◆写真は左から1枚目、韓国で募金を集め、吟味した材料で一度組み立てた後、解体して日本に運び1985年に建立された「関東大震災韓国人犠牲者慰霊詩塔」(曹洞宗・高津山観音寺内)

◆2枚目は、慰霊碑前での黙祷。(東京正平委ご担当の大倉神父様ほか)

◆3枚目は、参加者での献花。(さいたま教区正平協会長代行の坂上神父様)

◆4枚目は、習志野にあった騎兵旅団司令部跡に隣接する公民館を利用しての現地学習振返りの様子


前日]   [ボランティア ダイアリー]   [翌日