カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

サポートセンター DISASTER RELIEF CENTER



ボランティア・ダイアリー VOLUNTEERS' JOURNAL

(大熊町)好間第3仮設カフェ 及び (楢葉町)飯野仮設カフェ
2017/01/19(Thu)

◎このページをご覧いただいている皆様へ

・いつも、このページをご訪問頂き、ありがとうございます。
・諸般の事情で、もみの木カフェは2月6日までお休み中です。
・また、19日の活動紹介が遅れましてお詫び申し上げます。
・さらに、19日の活動を記録したデジカメが見当たらず、今回は文章のみのご報告です。スミマセン!



●2月19日午前は、引き続き土浦教会Aチームのお三方が好間第3仮設を訪問しました。

●誕生会該当のお三方は、全員お集まりいただき、賑やかにカフェが始まりました。

●初めて好間を訪れたボランティアの方が、事前に作成して来られた「針刺し」とカラフルな「アクリルたわし」をセットにしたものを差し上げると皆さん大変喜んでくださいました。

●なお、今回の土浦教会の皆さんは電車でのもみの木活動参加でしたので、好間からの帰路途中、直接「いわき駅」にお送りする形にしました。これからも、少しでも負担を少なくしたボランティア活動が展開できるような方策を考えてまいります。




●午後は、日立教会のサポートチームのお二方が日帰りで担当くださいました。

●聖母訪問会のSr.藤原と久々にもみの木を訪問下さった(「聖心会?」)Sr.野上のお二人も同行されました。

●飯野仮設では、風邪、通院、所用等々で住民参加者がお一人、気を使った支援員が仲間の支援員に声をかけてくれたのでしょうか、途中から2名の支援員が交流し、4名のお客様。

●少人数であることの良さは、時間もゆったりと使えてその方の事情、状況が理解でき、話も打ち解けやすく、また、深くなることが多い点です。

●この日も90歳になられても、日記を付け、物を読み、書も練習している元気な方のお話を伺って、ボランティアが『わたし、負けてますね!』




◎この日で仙台の小学生からのお便りが10か所の仮設を一巡しました。元教諭と言う方からは『字もとてもしっかりしているし、書いてある内容もとても立派に書いてくださっていますね。』とお褒めの言葉を頂戴しました。

◎また、埼玉県は上福岡教会提供のカレンダーも好評でした。ありがとうございました。







前日]   [ボランティア ダイアリー]   [翌日