カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

サポートセンター DISASTER RELIEF CENTER



ボランティア・ダイアリー VOLUNTEERS' JOURNAL

(大熊町)好間第3仮設カフェ 及び (楢葉町)飯野仮設カフェ
2016/10/20(Thu)

768×1024pixel(約79.8KB) 1024×768pixel(約136.2KB) 1024×768pixel(約183.1KB) 1024×768pixel(約186.8KB) 1024×768pixel(約151.7KB) 1024×768pixel(約126.5KB) 1024×768pixel(約108.3KB) 1024×768pixel(約90.5KB)

●本日午前は、昨日に続き水戸教会A組のお三方が担当。

●去る10月6日午後に火災のあった「好間第3仮設」を訪問しました。

●火災発生以来、好間第3を訪れているボランティアさん等から「お見舞いを届けたい。」との声が上がり、もみの木として、10月16日(日)の一日限りでお見舞いの意向のある方々から見舞金を受付、取りまとめをすることとしていました。

●19日に見舞金の申出を締め切りましたところ、教区内4県から、10件(1全県区、9小教区)の見舞金の申出をお受けし、総額は28万円となりました。

●この見舞金について、本日午前担当の茨城県、水戸教会の皆様によって「もみの木ボランティア一同」としたためていただき、ボランティアの皆様のご意向をお届けしてまいりました。

●好間の皆様は、お元気な様子で安心したところです。
そして、何よりも、『皆さんに、有難うございました。と感謝の言葉を宜しくお伝えください。』とのことでしたので、本ページをお借りして、ご報告申し上げます。





●午後は、祝日や夏休みが続き、3か月お休みだった楢葉町の「飯野」仮設談話室に、栃木キリスト教会の皆さんが訪ねてくださいました。

●紙芝居の上演を心待ちにされていた皆さんが、とても喜んでくださいました。また、マザーテレサとダイアナ妃の話を読み聞かせ調でお聞かせくださいました。






◆写真は、見舞金お渡しの場面や、好間第3仮設の火災の痕を幾つか掲載します。写真をクリックしてください。拡大してご覧になれます。

◆栃木キリスト教会の皆さんの紙芝居の様子も紹介します。


前日]   [ボランティア ダイアリー]   [翌日