カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

サポートセンター DISASTER RELIEF CENTER



ボランティア・ダイアリー VOLUNTEERS' JOURNAL

(楢葉町)高久第6仮設カフェ
2016/10/04(Tue)

1024×768pixel(約130.7KB) 768×1024pixel(約136.4KB) 768×1024pixel(約94.3KB)

●本日午後、明日午前は、栃木県の松が峰教会から2名のボランティアが活動に来てくださいました。

●本日から、本格的に現地スタッフ無しの「もみの木オフィス」体制になりました。

●本日の高久第6仮設カフェでは、ご婦人の間で、2011年3.11の地震、津波、避難生活の話が始まり、自然な形で話が次から次へと展開。

●人工透析を受けているご主人を連れての避難行、避難生活の困難な状況をお聞きし、ボランティアも改めて、皆さんのご苦労に思いを馳せていました。

●身につまされるような話が続く中、何時ものK自治会長さんの謎の「なぞなぞ」の出番がなく、コチラは少々寂しそうでした。





◆写真(左)は、高久第6仮設の談話室前のスロープうち替え作業の様子。

◆写真(中)は、板のうち替えが作業が終了したところ。

◆写真(右)は、高久第6仮設談話室の行事予定。東電の元気アップ教室(自分たちで体操)を除くと「もみの木出張交流カフェ」は貴重な予定の一つですね。


前日]   [ボランティア ダイアリー]   [翌日