カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

サポートセンター DISASTER RELIEF CENTER



ボランティア・ダイアリー VOLUNTEERS' JOURNAL

(大熊町)好間第3仮設カフェ 及び (楢葉町)飯野仮設カフェ
2016/07/21(Thu)

768×1024pixel(約101.6KB) 1024×768pixel(約129.5KB) 768×1024pixel(約109.9KB)

●本日午前は、土浦教会の皆さんが好間工業団地第3仮設を訪問。

●自治会長さんには所用があり欠席とのご連絡をいただきました。少々少なめの参加者数も、ご常連を中心に10名以上の参加で賑やかに。

●途中、パトロールの警察官3名が立ち寄り、住民訪問確認の作業もまとめて済ませていました。
応援派遣は、沖縄県警、滋賀県警という遠方からも。

●ボランティアの用意した歌集から永六輔さんの「見上げてごらん夜の星を」をスタートに楽しく歌って過ごしました。





●午後は、キリスト教会のボランティアに不都合が生じ、日立教会からサポートをいただきました。

●日立の皆さんは、初めての飯野仮設訪問で、仮設住宅の居室を使用している談話室に入り、住宅の狭さを体感され、ここで夫婦二人と子供一人までの生活をすることに驚かれていました。

●飯野仮設では、ウクレレとオカリナで演奏と歌で交流。喜ばれました。

●日立教会の斉藤さんは、神奈川県内に転居されることが決まっておられ、本日が最後のもみの木ボランティアとなりました。それこそ、当初から熱心にたくさんのボランティア活動に携わってくださり、多くの皆さんをお連れ下さいました。長い間ありがとうございました。
これからもお元気でご活躍ください!






◆写真(左)は、好間第3仮設で出会った「沖縄県警」からの応援警察官。

◆写真(中)は、本日午後のボランティアの日立教会の皆さん。向かって左から、斉藤さん、Iさん、Nさん。
斉藤さんには、もみの木設置以前の支援活動草創期から、長い間ご協力いただきました。ありがとうございました。

◆写真(右)は、飯野仮設でのウクレレとオカリナの競演。真剣に演奏。



前日]   [ボランティア ダイアリー]   [翌日