カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

サポートセンター DISASTER RELIEF CENTER



ボランティア・ダイアリー VOLUNTEERS' JOURNAL

第26回全ベース会議
2016/06/10(Fri)

1024×768pixel(約112.6KB)

●本日、6月10日(金)、仙台カテドラル元寺小路教会にある仙台教区事務所にて、10時〜第26回全ベース会議が開かれ、もみの木は、私、朝尾が出席しましたのでご報告します。

●本来は、今年の全国担当者会議、視察研修会等の準備のものでしたが、諸般の事情で全国担当者の集まりを中止することになり、本日の会議はベース長を対象とした集まりになりました。

●通常は、5、6名の司教様をはじめ、各教区の担当司祭、中央協議会、カリタスジャパン、仙台教区サポセンのメンバーはが傍聴される中でのベース長会議ですが、本日は、平賀仙台司教様、小野寺司教代理、中央協の濱口さん外は各ベースを預かるベース長他スタッフ等による会議で、実情について披瀝し合い、皆さんの悩みと困難さに頷かれながら、昼食時間を13時からにするほど真剣に会議に取り組まれました。私にとっても腑に落ちる良い内容でした。

●もみの木のボランティア活動は、基本的にさいたま教区内の各ブロック、小教区から来てくださる「信徒」が中心であることは、ベースを預かるうえで、とても助けられている点です。

●もちろん1回の会議で、事がずんずん進んで行く訳では有りませんが、時間と経費を使っても、全ベースの現場職員を仙台に集めての会議も、たまには必要だと感じました。




◆写真は、会議の様子です。右手前の後ろ姿が平賀司教様、左手前の後ろ姿が中央協議会の濱口さん、左手一番奥が仙台教区司教総代理の小野寺神父様、右列の奥から3番目が宮古ベースの上杉神父様(札幌教区)。ほかの皆さまです。



前日]   [ボランティア ダイアリー]   [翌日