カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

サポートセンター DISASTER RELIEF CENTER



ボランティア・ダイアリー VOLUNTEERS' JOURNAL

(大熊町) 下矢田仮設住宅【ボランティアは桐生教会の皆さん】
2016/02/23(Tue)

768×1024pixel(約206.6KB) 1024×768pixel(約207.1KB)

●本日からの4仮設訪問は、群馬県の桐生教会の4名の皆さんが担当。

●初めての「もみの木ボランティア」の方が2名。
寒い寒いと思って準備して来たもみの木が、思いの外暖かく拍子抜け。(確かに「いわき」を含む浜通りは、会津地方と異なり、気候は厳しくありませんね。)

●本日の下矢田仮設では、手芸の達者なボランティアがネックウォーマーを皆さんと一緒に作りました。仮設の方からは、『今年は暖かいと言っても、まだ寒い日は有るし、夜寝る時には重宝するよ!』との声も。

●本日から「八王子純心聖母修道院経由で届けられた長崎は五島の堺製麺さん提供の支援物資」のお届けを開始しました。





◆写真(左)は、ネックウオーマー作りに励む男性参加者。まるで「首をかけて取り組んでいるような懸命さ!」と、大袈裟に言われると首を傾げたくなるかな。

◆写真(右)は、ご自身で作られたネックウォーマーをまいての集合写真。手にしているのは、頂いた支援物資の「はし麺」(堺さん、ありがとうございました。)

◎HPへの写真掲載の了解を頂いています。





前日]   [ボランティア ダイアリー]   [翌日