カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

サポートセンター DISASTER RELIEF CENTER



ボランティア・ダイアリー VOLUNTEERS' JOURNAL

(大熊町)下矢田第2仮設カフェ 及び (楢葉町)高久第8仮設カフェ
2016/02/17(Wed)

768×1024pixel(約179.2KB)

●本日午前のボランティアは、水戸教会@組の皆さん。

●本日の下矢田第2仮設では、何時もご参加いただく皆さんの用事が重なり、3名の参加と言う状況。

●そんな状況もあってか、自治会長の出羽さんは初めから最後までご同席頂きました。

●今日は、昨年の秋、もみの木としても金婚式をお祝いしたKさんが、今年1月中旬に病によりお亡くなりになったお話をくわしく伺いました。
カフェでは、言葉の少ない方でしたが、いつもカフェを楽しみに参加していただきましたことを良く覚えている方でした。新居にお移りになって1か月後のことだったそうです。

●せめてもの慰めは、お子さんのお嫁さんが看護師だったそうで、最後の1か月間、彼女は仕事を休みKさんのお世話をなさったとの事で、ご自宅から天国に旅立って行かれたとお聞きしたことでした。心からご冥福をお祈りした次第です。



●午後は、水戸教会A組の皆さんが高久第8仮設を訪問。

●こちらはいつものように賑やかなカフェになりました。

●そして、本日は、久々に楢葉の蕎麦屋Yさんがカフェに見えました。店探しは、引き続き厳しい状況の様でお気の毒な感じがしました。

●一方で、楢葉の町に帰りつつある方のお話もチラホラ伺い、故郷に帰りたいという気持ちは何方にもあるもので、今後一年の間、楢葉町民の皆さんは選択を迫られるという状況に遭わされて逡巡される日が続くことになるのでしょう。






◆本日は、写真の添付は有りません。


前日]   [ボランティア ダイアリー]   [翌日