カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

サポートセンター DISASTER RELIEF CENTER



ボランティア・ダイアリー VOLUNTEERS' JOURNAL

(大熊町) 下矢田仮設住宅【ボランティアは茨城の土浦教会の皆さん】
2016/02/09(Tue)

1024×768pixel(約205.3KB) 1024×768pixel(約191.6KB) 768×1024pixel(約185.8KB)

●本日からは土浦教会の4名の皆さんがボランティアに。

●土浦教会のボランティアですっかりお馴染みになった「花子」さんは、今回初めての下矢田住宅でしたが、ここでもたちまち人気者に。

●お誕生月該当の方は93歳のお元気なおばあちゃん。「花子」さんの唄う「ハッピーバースディ」をとても喜んで下さいました。

●カフェの後半には、仮設の皆さんが漬けられた白菜漬けを頂きながら、ボランティアも全員テーブルについて、身の上話をお聞きしました。

●大熊の時に「大正琴を習っていて紅白歌合戦をやるNHKホールで演奏したことも有るが、仮設に来て5年全然練習もしていないし、ウデは鈍ってダメになってしまった。おまけに、一緒に練習した仲間も今はバラバラになって、もう、以前のようにはならないんだ。」と薄っすらと涙を浮かべながらのお話は、ボランティアも思わずもらい泣きの場面でした。








◆写真(左)は、お誕生日の方に「ハッピーバースディ」を唄う「花子」さん。

◆写真(中)「花子」さんを抱いて大喜び。

◆写真(右)は、腹話術の掛け合いの中で、歌を披露すしている場面【花子さんも、うっとり聞いてますね。】


前日]   [ボランティア ダイアリー]   [翌日