カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

サポートセンター DISASTER RELIEF CENTER



ボランティア・ダイアリー VOLUNTEERS' JOURNAL

(大熊町)下矢田第2仮設カフェ 及び (楢葉町)高久第8仮設カフェ
2015/09/02(Wed)

1024×768pixel(約205.4KB) 1024×768pixel(約180.7KB) 1024×768pixel(約196.2KB)

●本日午前中は、大熊町の方々が避難されている、いわき市内下矢田地区の第2仮設住宅集会所を訪問。ボランティアは、栃木Gの皆さん。

●この日は、第2仮設自治会の山形ツアーが実施され、ツアーに参加できない2人の方への出張カフェの予定でしたが、毎回出前訪問している部屋の方が、旦那さんのサポートを頼んで、不自由な足をおして、集会所までお運び頂きました。(申し訳ないようなありがたさでした。)


●午後は、楢葉町住民の住む、いわき市高久地区第8仮設の談話室を訪問。ボランティアは、埼玉北Bの東松山教会の皆さん。プラビン神父さんも初参加。

●手話ソングや、オカリナ演奏での懐かしい歌などを唄いましたが、一番は、プラビン神父さんの踊りを付けたインドの唄のご披露でした。




◆写真(左)は、下矢田第2仮設で談笑する4人の参加者と4人のボランティアの皆さん。

◆写真(中)は、高久第8仮設談話室で、リクエストにこたえて、オカリナの演奏を披露するボランティア。

◆写真(右)は、インドの唄と踊りを披露するプラビン神父(カブチンフランシスコ会)


前日]   [ボランティア ダイアリー]   [翌日