カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

サポートセンター DISASTER RELIEF CENTER



ボランティア・ダイアリー VOLUNTEERS' JOURNAL

「もみの木」3・11祈りの集い
2012/03/11(Sun)

292×448pixel(約37.1KB) 309×448pixel(約30.1KB) 336×448pixel(約35.7KB) 448×336pixel(約40.5KB) 448×336pixel(約37.3KB) 448×336pixel(約37KB)

東日本大震災から一年という年月が流れた。
癒えることのない耐える日々が続いている。
一人ずつが見えない傷を抱え「もみの木」に集まった。

東北地方の地図・福島の場所に、平和のシンボルである鳩。希望の架け橋となる虹色の蝋燭を並べた。

あの日何がおこったかをもう一度よく視て、そこに戻る時をむかえた。
互いに励ましあい、助け合い、生かされた命を大切に
絆を結んだ人々と歩み続ける決心と勇気を、ろうそくの炎のように燃やし続けたい。復興の新たなスタートだ。

集まった方々は、仮設住宅から今まで「もみの木」にいらした方、初めていらした方。スタッフ、いわき教会の方・・階段の上までいっぱいに。

教区サポートセンター長の谷司教の話に続いて、2時46分に黙祷。
テーゼの歌をはさんで共同祈願。
一人ずつが書いた祈りのメッセージカードをかごに入れて捧げ、蝋燭を灯した。(★狭かったので、蝋燭は全部灯せませんでした・・ごめんなさい★)
カードに、『広野に戻りたい』『家族と一緒に暮らしたい』『原発の収束』と書かれた文字が心に痛い。
原発の現実を新たにした。

最後に、全員で「一人の小さな手」と「Believe」を歌った♪

さいたま教区被災地茨城からは千原神父がギターで祈りに参加した。

カフェ問屋・{マナコーヒー}の青木さんも、祈りに加わってくださった。みんな「桜ブレンド」でほっと一息、交流がすすんでいます。

『いわきステーション「もみの木」は、仮設の方に最後まで寄り添いたい』と、ステーション長の丹弘さんの言葉。







前日]   [ボランティア ダイアリー]   [翌日