カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

サポートセンター DISASTER RELIEF CENTER



ボランティア・ダイアリー VOLUNTEERS' JOURNAL

(大熊町)上神白仮設カフェ 及び (楢葉町)高久第9仮説カフェ
2017/03/29(Wed)

1024×768pixel(約128.7KB) 768×1024pixel(約124.2KB) 768×1024pixel(約171KB) 1024×768pixel(約79.1KB)

●昨日に続き、埼玉西ブロックの皆さんが、午前午後の2仮設をご担当。

●上神白仮設の脳トレ遊びでは、参加者の皆さんとても楽しく取り組んでくださり大賑わいでした。

●避難生活を少しでも楽しくしようと始められたと言う、パッチワークづくりの作品を見せていただきましたが、とても可愛らしい作品で、ひとしきり話題に。

●また、原発事故によって家に置いて来ざるを得なかったペットとの再会の話なども含め、事故の過酷さが再確認される話も出ていました。

●大熊町には帰れないが故の郷愁、喪失感が今でも引き続いている現実が時々頭をもたげますね。







●午後の高久第9仮設では、徐々に参加者も減少傾向にあるものの10名の参加が有りました。

●何時も参加されるW辺さんの妹さん。4月上旬に楢葉に帰るとのこと。(次回の訪問時には不在になりますとのお断り。)そして、『ログハウスが立ち上がって、支援物資の提供をして頂いたころから、今日まで忘れずにいて下さってありがとうございました。』と、涙を浮かべながらご丁寧なごあいさつを頂き、恐縮。

●一方、出前コーヒー班は40分にも及ぶ長いお話。話し相手としてお役に立てています。今後の展望に希望をお持ちの様で少々安心。





◆写真(左)は、脳トレ遊びで大賑わい。

◆写真(左から2枚目)は、パッチワーク作品をご披露の様子。

◆写真(左から3枚目)は、お一方の作品。縁起が良いと言われるフクロウ(不苦労)が可愛いですね。

◆写真(右)は、高久第9仮設での脳トレ文字クイズ。







(大熊町) 下矢田仮設住宅
2017/03/28(Tue)

1024×768pixel(約104.1KB) 1024×768pixel(約92.6KB) 1024×768pixel(約120.1KB)

●本日からの3日間は、埼玉西ブロックの川越教会、所沢教会からそれぞれお二人の計4名の皆さん。

●下矢田仮設にお邪魔してのカフェ。脳トレーニングに役立つ軽体操の様な遊びやクイズの様ないわゆる当てもののゲームなど。

●一区切りしてからは、ボランティアの皆さんもテーブルに着いて仮設の皆さんのお話を伺いました。

●下矢田仮設では自治会長がお代わりになり、いつもカフェに来てくださるI井さんになりました。再度、4月からは月に1度の訪問になる旨をご説明しながら1年間の訪問予定をお渡しました。

●4月は11日に伺う旨をお伝えしましたところ、いつも参加して下さったIさんが4月10日に宮城県の息子さんの所にお引越しで、本日が最後のカフェだとのことで丁寧なごあいさつを頂きました。

●ボランティアの皆さん方は、いろいろと無念な思いを伺った後でもあり、「お身体をお大事に!」とは偽らざる気持ち。

●埼玉の熊谷教会の方から頂戴した支援米を本日から皆さんのお届けし始めました。





◆写真(左)は、届けられた支援米。

◆写真(中)は、脳トレーニングの遊び。

◆写真(右)は、小分けした支援米お届けしたところ。皆さんからは、「お礼を宜しくお伝えください。」とのことです。




(大熊町)好間第3仮設カフェ 及び (楢葉町)飯野仮設カフェ
2017/03/23(Thu)

1024×768pixel(約114.1KB)

●本日午前は、昨日に引き続き土浦教会2組目のチームが担当。

●本日の好間第3仮設の皆さんには、外出中の方が多く4名の少ない出席者でした。

●そのこともあり、ボランティアは仮設の皆さんと近況について詳しいお話が出来ました。

●後半は、今話題の事件に関する「証人喚問」のテレビ中継を全員で見ながら、話し合いが行われました。





●午後の飯野仮設は、久しぶりに栃木キリスト教会のお三方が担当。

●飯野仮設カフェで、いつも参加して下さっていたW邊さんが4月10日前後に楢葉町への帰町予定とのことで、今までのもみの木活動に対して、お礼のご挨拶を頂きました。

●また、Yさんの久々の紙芝居上演があり、参加者の皆さんにとても喜んで頂きました。




◆写真は、「証人喚問」のテレビ中継を真剣に見る皆さん。


(大熊町) 下矢田第2仮設住宅 及び (楢葉町)高久第8仮設カフェ
2017/03/22(Wed)

768×1024pixel(約207.5KB) 1024×768pixel(約72.7KB) 1024×768pixel(約159.6KB)

●本日午前は、昨日に引き続いて、土浦教会1組目のお三方。

●下矢田第二では、娘さん、お孫さん等の所へ出かけている方が有り、D羽自治会長お一人のカフェ。

●会長と昔話を含めいろいろなお話しをする。また、楽しからずや。

●T波さん宅への出前カフェは、もみの木初参加のご主人を奥さんがお連れした。




●午後の高久第8仮設は、土浦教会第2組の皆さん。此処には珍しく8名と少数の参加。

●それでも終始賑やかなカフェは相変わらず。

●カフェ終了後に、ご常連のKさん、Hさんから手芸品を頂戴しました。




◆写真は、いずれも高久第8仮設でのもの。
(左)から、わずかな空き地にも花を植えて「なごみ」の空間を確保している皆さん。

◆写真(中)は、集会所や談話室の事業も殆どなくなって、活動のお知らせも「もみの木」のみ。

◆写真(右)は、仮設のKさん、Hさんから頂いた手芸品。(針刺し、ブローチとストラップ)




(楢葉町)高久第6仮設カフェ
2017/03/21(Tue)

1024×768pixel(約125.5KB)

●今週は、茨城県土浦教会の皆さんが4つの仮設を担当くださいます。

●今日明日は、一組目のお三方で、奥様に誘われて(「命じられて」じゃないと思います。)初めて「もみの木」に来てくださったご主人様も。

●本日は高久第6仮設。生憎の雨と昨日に打って変わっての寒さもあったのでしょうか、此処の仮設では珍しく少人数でした。

●ご婦人たちは、これからの季節、山に入っての山菜取りの話や珍しいキノコの話など。

●昔を懐かしむ話を一しきりされた後で、「もう年だし、山にも入れないし。」と、除染出来ない山は依然として放射線量が高いままであることをご理解です。

●それでも「あの日に帰りたい。」気持ちをお持ちです。



◎4月から月に一度の訪問をお断りし、2018年3月までのカフェ予定日を掲示させて頂きました。



◆写真は「山菜取り」の話をされている皆さん。(この後、自治会長のK村さんもご到着。)



(楢葉町)高久第10仮設カフェ
2017/03/16(Thu)

768×1024pixel(約109.5KB) 768×1024pixel(約104.8KB) 768×1024pixel(約81.8KB)

●本日午前は、高久第10仮設へ。

●前回に引き続き、お散歩おじさんグループが見えなかった。

●団地内を一回り声掛けしながら、3名ほどの方に会ったが常連の男性には会えず。「空室」の表示が目立ってきた。

●11時過ぎには何時ものとおり体操グループの皆さんが、第2集会所から流れてご来場。本日のお誕生会該当者を待ってケーキを切った。

●もみの木の当初から手芸に来所され、かつてのスタッフK木さんの時に、もみの木にコーヒーを飲みに見えていたI沢さんが久々にご来場。楢葉に帰る時期について逡巡しているとのこと。

●第10仮設支援員のT原さんが、即興で本日の漫画を描く。



◎本日午後の林城仮設は、自治会都合で中止でした。





◆写真は本仮設支援員のT原さんが描く、漫画日めくりカレンダー。即興で「あっ」と言う間に描き上げて、会場から拍手万雷。


(楢葉町)高久第9仮設カフェ
2017/03/15(Wed)

768×1024pixel(約107.3KB)

●本日の午前の上神白仮設カフェは、他の行事との重複があり、中止となっていました。

●よって、本日は午後のカフェのみで、水戸教会第2組の4名の方々がボランティアに見えました。もみの木ボランティア初参加のご夫妻も登場。

●高久第9仮設では本日がお誕生日と言う女性の誕生日会。「成人式は過ぎましたか?」と伺うと、「はぃ〜っ、四回ほど!」とのお答え。何時もの様に元気なご婦人方の会話が集会室を席捲しました。

●前回、「なかなか眠れない。」と仰っていたWさん。カラオケの話を向けるとだんだん元気になり、家まで歌詞カードを取りに戻り、ご機嫌に3曲唸りましたが妹さんに茶々を入れられて『おかんむり』。

●とは言え、前回よりは元気な様子でなによりでした。





◆写真は、もみの木ボランティアの間では「第9仮設の北島三郎」でとおる。Wさんの一節うなる様子。


(大熊町) 下矢田仮設住宅カフェ
2017/03/14(Tue)

1024×768pixel(約115.9KB) 1024×768pixel(約109.4KB) 1024×768pixel(約101.9KB)

●本日午後は、水戸教会のお三方が下矢田仮設を訪問。

●「とすねっと」の司法書士の先生も同行しました。

●カフェでは、JリーグチームのユニフォームコレクターのTさんが、アイスホッケーチームのユニフォームも収集していることが判明。早速、持ち込んでのご披露となりました。

●また、本日同行の「とすねっと」の司法書士の先生と熱心なサッカー談義も。

●一方、ボランティアも仮設の皆さんの隣に座って、震災当時の大変なご苦労を伺いましたが、ある意味では6年と言う時間があってのことかと思わされました。





◆写真(左)は、Aさんがタブレット端末でサッカー談義。聞き役はO司法書士。なお、向かって左のAさんが着ているのは、アイスホッケーチームのレプリカユニフォーム。(因みにAさんは「スケートは出来ません。」とのこと。)

◆写真(中)は、本日訪問先へのお土産として持参した「はいはい人形」

◆写真(右)は、被災当時の深刻な苦労話をお聞きする3人のボランティア。


3.11東日本大震災被災者追悼・復興祈念ミサ
2017/03/11(Sat)

1024×768pixel(約110KB) 1024×768pixel(約181.3KB) 1024×768pixel(約80.5KB) 1024×768pixel(約86KB) 768×1024pixel(約78.1KB) 768×1024pixel(約82.9KB) 1024×768pixel(約89.4KB) 1024×768pixel(約104.4KB) 1024×768pixel(約111.3KB)

★写真は選択して頂くと拡大される筈です(たぶん)。

◎本日で、2011年3月11日の東日本大震災発災から丸6年が過ぎました。さいたま教区サポートセンターでは、群馬県の高崎教会をお借りして被災者追悼と被災地復興を祈念するミサを捧げました。

◎教区内4県のボランティアの皆さんや高崎教会をはじめとする多くの群馬県の皆さんが集まって下さいました。

◎ミサ会場を快くお引き受けくださった高崎教会の皆さん、たくさん集まって下さった群馬県の皆さん、ありがとうございました。





●写真を上手に並べて処理できないので、見づらいかと思いますがご勘弁ください。

●写真一枚毎にキャプションをつける技術がないので、左から説明していきます。(スミマセン。)

◆1枚目、高崎教会は2階がお御堂になっています。
 2枚目、立派なルルド。
 3枚目、祭壇。
 4枚目、主司式者は、教区サポートセンター長の鈴木國弘神父様、左は群馬西ブロック(高崎教会)担当の国本神父様(ホアン神父様の実兄です。)、奥に群馬西ブロック担当の根津助祭、右に「カリタスさいたま」担当司祭で、前「もみの木ベース長」のホアン神父様。
 5枚目は、本日のお説教は、ホアン神父様がご自身のボランティア活動を踏まえ、会場を和ませながらも「本当に人を大切にすることは。」などについてお話しくださいました。【これ、受け方が「ハズレ」かも?】
 6枚目は、奉納を務めてくれたお子さん。(確認漏れたけど、6年前は何歳だった?生まれてたかな?)
 7枚目は、共同祈願をなさる、各県からお集まりくださったボランティアの皆さん。
 8枚目は、100名を超える参加を得てのミサ風景。
 9枚目は、ミサ後の交流会の様子。【高崎教会の皆さん!ありがとうございました!】 


(大熊町) 好間工業団地第3応急仮設住宅カフェ
2017/03/09(Thu)

768×1024pixel(約112.2KB) 1024×768pixel(約106.7KB) 1024×768pixel(約115.6KB) 1024×768pixel(約96.7KB)

◎写真は、選択すると拡大できます。

●本日は、引き続き埼玉北ブロック熊谷教会のボランティアが担当。

●本日は、何時も欠かさずに「もみの木カフェ」に参加してくださり、どちらのボランティアさんにもお馴染みY田さんの誕生日会でした。

●何時も大熊町復興のためのNPO活動にお忙しい自治会長さんも久々に参加。12人の参加を得て賑やかな誕生日会。

●毎年、3.11を迎える時期となると、良し悪しはともかく、思い出したような情報特番が組まれますが、本日の好間第3仮設カフェには『共同通信』の記者が参加して、仮設の皆さんに取材していました。

◎大熊町役場のいわき出張所に4、5、6月の集会所使用申請を行うとともに、4月から月に一度の訪問になることをお伝えしました。

◎本日は、午後のカフェ予定の無い日でした。





◆写真は左から、誕生日ケーキのろうそくの火を吹き消すY田さん。(写真掲載了解済)

◆左から2枚目は、すっかり片付けられた火災の後地。

◆3枚目は、工業団地内の企業の建物に入居している大熊町役場いわき出張所。

◆4枚目は「共同通信」記者。埼玉県は毛呂山町の出身とのこと。(HP掲載をお断り済)



 [ボランティア ダイアリー]   [次の10日表示]