カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

サポートセンター DISASTER RELIEF CENTER



ボランティア・ダイアリー VOLUNTEERS' JOURNAL

お知らせ
2021/08/17(Tue)

612×816pixel(約140.4KB)

●皆様、お久しぶりです。なんと、5月以来のページ更新です。

●今回は、小教区等で福祉的な活動をなさっている方が多くいらっしゃると思われる東日本大震災被災者支援活動ボランティアの皆様にお知らせです。

●この度の新型コロナウィルス感染症防止のための緊急事態宣言等々、様々な対策がなされる中、国策の東京五輪の強行によって、国民には「感染防止対策をとったうえでの自己責任なら何でもあり。」とでも言う様な二律背反のメッセージを送り、公助、共助は既に無く、「自分の身は自分で守れ!と言う状況です。」と、お医者様から言われる始末。

●何だか、昭和16年の戦時国策スローガンの『まだまだ足りない辛抱努力』を頭ごなしに言われ、識者やマスコミの発言にも『デマはつきものみな聞きながせ』(昭和17年)とでも言われている様な感じです。

●このような中ですから、さいたま教区の第19次方針に伴って、公開ミサを中止されているところが殆どかと推察しています。

●そして、このような中でありますから、カリタスさいたまから、(新型コロナウィルス関連等により)「困難に直面されている方についてのお尋ね」と言う照会文書が小教区等に発せられているのですが、情報が届きにくくなっているようです。

●中には、早々とご報告をいただき、カリタスさいたまとして(一度だけなのですが、)援助を決定した方もおられます。(但し、制度に合致せず、お断りさせて頂いた方もおられますが……。)

●教区のホームページの表紙ページの「お知らせ」欄にもこの情報を掲載してありますので、どうぞご覧になってくださるようお知らせします。



    〜〜〜閑話休題〜〜〜

先日来、いわき教会有志の方々は、「カリタスいわき」として新たな活動を準備なさっています。

そのため、いわきの方々と電話で話すことも多いのですが、ここに来て、福島県内でもいわき市での新型コロナの罹患者が増えているそうです。

一日も早く、このコロナ感染が終息に向かってくれて、
何時か、ご一緒に活動出来ればよろしいのですが。

皆様には、どうぞご自愛なさってください。




★写真は、我が家の祭壇のマリア様。





カリタスいわきの活動報告
2021/05/10(Mon)

960×540pixel(約213.6KB) 960×540pixel(約230.6KB)

●カリタスいわきの活動報告が届きました。

●今回は、復興団地の皆さんに「台湾産パイナップル」をお届けになりました。

●完熟モノ、芯までが甘みタップリだったとのこと。
画面では香りがしないのが残念。さぞ、美味しい物だったことでしょうね。

●今回の支援は、復興庁福島復興局からの情報を一般社団法人福島連携復興センター経由で、カリタスいわきが入手したもの。

●新聞、TVのニュースでご存知かと思いますが、台湾のパイナップルが中国で販売不可となったことから、台湾の農家を支援しようとした会社が、10年前の東日本大震災発災時にも、台湾の方々がいち早く支援してくださったと言う事をご存じで、今回も東北の支援にと言う経過からの支援となったそうです。

●いわき教会では、早速対応されで、旧もみの木ボランティアが伺っていた北好間団地、下矢田団地はじめ、いわき教会の「チーム平堂根」が訪問されている内郷、薄磯、豊間の団地にもお届けされたそうです。良かったですね。

●コロナは、福島でも確実に感染拡大がみられ、人の流れを止める方向で対策が打たれてくるため、人と人との交流が途絶えてしまっています。こんな時こそ、地元小教区の皆さんのご活躍が本当に有り難いことだと思います。





◆写真左は、北好間団地でのカフェでは、何時も積極的にご協力いただいていたMさん。(喜んで頂けたようで良かったですね。)お届けしたいわき教会の佐藤さん。

◆写真右は、いわき教会の石井さんが、下矢田団地の自治会長さんにパイナップルをお届けしたところです。


カトリックいわき教会からの便り
2021/05/02(Sun)

816×612pixel(約204KB) 612×816pixel(約179.7KB)

●いわき教会では、東日本大震災発災以来の10年間、数々の被災者支援活動を続けて来られましたが、同時に、いわきを含む福島県浜通りも、日本国内は元より全世界から支援を受けてきました。

●いわき教会では、2021年の「3.11」を迎えた後、これまで多くの支援を送って下さった関係者、団体に御礼のご挨拶状を発されました。

●さいたま教区内のボランティア方に個別にお礼状を届けることが出来ないので、代表して旧・もみの木ベースに宛ててお礼状が送られて参りました。

●上の写真をクリックして頂くと大きくなり、お読み頂けると思います。ご確認願います。

●ボランティアの皆様には、改めまして、誠にありがとうございました。

●なお、今後とも、福島、特に浜通りの皆さん、いわきの皆さんを忘れないようにし、何か出来る事があれば協力していきたいものですね。





宇治茶 お届け
2021/04/20(Tue)

960×540pixel(約214.3KB)

●カリタスいわき(仮称)では、この度、北好間団地にお住まいの方からといわき市内のキリスト教会の先生のお二人から「宇治茶」の寄贈支援の話を頂きました。

●この「宇治茶」のプレゼントは、新型コロナ感染症による影響で観光客関連需要の激減等により、大きく影響を受けている農林水産業者支援によるもののようです。

●カリタスいわき(仮称)では、これを受けて早速下矢田団地の皆さんにプレゼントすべく働き、先日下矢田団地自治会長さんにお届けしました。



祈りの折り鶴への礼状
2021/04/04(Sun)

960×540pixel(約205.4KB)

●3.11に皆さんから頂いた、祈りの折り鶴続報です。

●いわき教会での3.11のミサの後、いわき教会の皆さんが、ミサで奉納した千羽鶴の一部を「いわき震災伝承みらい館」にお届けしたことは、既にご報告いたしたとおりです。

●この度、いわき市長様より、いわき教会宛てにご丁寧な礼状が届いたとのこと。いわき教会からご連絡を頂きましたのでご報告いたします。

●いわき教会の方からは、宛名がいわき教会となっておりますがご了承願います。また、皆様の善意に感謝します。とのことでした。





年度末の晴天
2021/03/31(Wed)

816×612pixel(約234.4KB) 612×816pixel(約342.7KB)

◆写真左は、本日2021年3月31、日荒川の熊谷堤の満開の桜。

◆写真右は、今年植えられた桜の若木。花を付けました。




●何時も、このページをご覧いただいている皆様へ。 2020年度のいわき市内復興公営団地訪問の予定は立てていたものの、新型コロナウイルス感染症の関係で、満足な活動展開が出来ない内に、大震災後10年の節目を迎えてしまいました。

●仙台サポートセンターも、この3月31日をもって、残務整理を除き、事務を終了しました。

●また、震災後10年間置かれていた8ベースの会議であった「全ベース会議」も3月26日のオンラインによる会議をもって終了しました。

●なお、今後も法人格を取得して被災地で支援活動をする拠点や小教区、団体等の活動の情報交換や連携のため「カリタスみちのく」と言う連絡網が組まれることになりました。

●仙台教区が取りまとめてくださった10年誌が、全国の小教区、修道会、修道院、学校等にそれぞれ1冊が届けられました。ご覧いただきましたでしょうか。

●大震災後の初動対応や様々な動きが記録として残されています。さいたま教区の活動展開は実に早かったことが伺えます。

●教区では、ご復活後コロナの影響を配慮しながら開かれると思われる「カリタスさいたま」の会議において、今後のいわきとの係わり方などが話し合われるものと思っています。

●どの様な方向になるか分かりませんが、今後ともよろしくお願いいたします。





◆写真左は、何時もの地点からの今年の桜の具合です。3月31日で満開。
 コロナの緊急事態宣言が解除され、春休みでもあり、近辺の河川敷や公園は結構な人出でした。

◆写真右は、我が家の前に新しく植え替えられた桜の若木です。(逆光で見えづらいですね。)
 ここに引っ越して以来、28年間見ていた桜の老木が切り倒され、今年1月に植え替えられました。
 家ではこの木に『ヴェロニカ』と言う名前を勝手に付けて呼んでいます。

 正に『さまざまのこと想い出すさくらかな』(芭蕉)です。
 





祈りの折り鶴 続報
2021/03/28(Sun)

2160×3840pixel(約506.7KB)

●いわき教会から、祈りの折り鶴に関するご連絡を頂きました。

●3.11に奉献した祈りの折り鶴の一部を「いわき震災伝承館」にお贈りしたことについてはすでにご報告したとおりです。

●これに対して、いわき市からカトリックいわき教会宛てに、礼状が届けられたとのことです。

●折り鶴は、伝承館内に飾って頂けるとのことでしたので、本日、いわき教会の佐藤さんが伝承館に出向いて様子を撮影してくださいました。

●入口通路の掲示版スペースのようなところに、他所の方の折り鶴とご一緒に飾られていたそうです。【写真】






いわき教会での3.11のミサ 続報
2021/03/16(Tue)

640×480pixel(約83KB) 480×640pixel(約109.9KB) 480×640pixel(約125.8KB) 480×640pixel(約97.9KB) 960×540pixel(約249.3KB) 2160×3840pixel(約514KB) 480×640pixel(約94.8KB)

◆いわき教会での3.11ミサの続報です。

◆写真を順に見て頂きながら説明します。
 (写真はクリックすると大きく見られます。)

◆写真左から

@、ミサは、午後2時15分に始まり、ミサの中で2時46分に合わせお祈りがあったそうです。

A、平日のミサでもあり、多国籍の信徒はお仕事。日本人を中心に15名が集まりました。
 さいたま教区内外からは、17000羽の祈りの折り鶴が参加しました。

B、C、 潅水、献香

D、ミサ後は、いわき市でも津波被害の大きかった、薄磯海岸近くの「豊間中学校」跡地に整備された「いわき震災伝承みらい館」を訪問されたそうです。

E生憎、献花台の様な物は無く、1本の千羽鶴を職員の方に託してこられたそうです。

F、伝承館訪問の後のいわき教会有志の皆さん。(後ろは薄磯海岸。)


◆いわき教会の皆さん、ありがとうございました。◆



●さいたま教区は、この10年間いわき市内の仮設住宅、復興公営住宅を活動の拠点としてきました。
10年の間、いわき教会とのつながりを頂きながら活動が継続できましたことに感謝です。

●10年間でいろいろなつながりを頂いた皆さんは、今後もいわき市内に住まわれることと思います。

●私たちも、いわき教会との繋がりを大切にしながら、大震災による津波、原発災害で被災された方々とのつながりを大切にしたいと思います。

●こんご、どのようなことが出来るか定まってはいませんが、ボランティアの皆さんには、ご無理のない範囲でご支援を頂ければ幸いです。





  ◎◎◎ 事務連絡です。 ◎◎◎ 

▼ボランティアの皆さん方等との連絡に使われていた、携帯電話、090−1260−6566は、3月を過ぎた適切な時期に、契約を解除します。

▼今後、ボランティアリーダーさん方を中心に、(朝尾への)連絡先を提供してまいります。

 ありがとうございました。



いわき教会での3.11ミサ
2021/03/13(Sat)

1032×584pixel(約189.4KB)

◆いわき教会に届けられ、奉納される「祈りの折り鶴」



●いわきから、祈りの折り鶴の奉納に関する写真の一部が、取り急ぎ送られて来ました。

●平日のごミサ、写真を撮ってくださった方のご都合もあり、続報をお待ちしているところです。

●祈りの折り鶴はいわき教会の皆さんが折られた分を合わせると17000羽を超えたとのことです。

●いわき教会の皆様、そして、祈りの折り鶴にご協力いただいた皆様ありがとうございました。







3.11に向けての山野内司教様メッセージ 外
2021/03/09(Tue)

612×816pixel(約154.7KB)

 皆様!

★本日(3月9日)午後、さいたま教区ホームページに、3.11に向けての山野内司教様のメッセージが掲載されました。
 どうぞお読みに成ってください。




●つぎに、仙台教区サポートセンターからオンラインイベントのお知らせです。

●仙台教区サポートセンターでは、上のチラシにありますとおり、3月20日(土)14時から16時の予定で、オンラインでイベントを開くそうです。

●仙台教区サポートセンターのFacebookページでご覧いただけます。お時間の都合の付く方は、ご覧になってください。



 [ボランティア ダイアリー]   [次の10日表示]