カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

サポートセンター DISASTER RELIEF CENTER



ボランティア・ダイアリー VOLUNTEERS' JOURNAL

下矢田団地カフェ
2020/01/21(Tue)

816×612pixel(約189.6KB) 612×816pixel(約170.7KB) 612×816pixel(約167.5KB) 612×816pixel(約151.6KB)

◆まず、写真の説明をいたします。写真は左から順に。

@本日の下矢田団地カフェに、いわき教会の二人のご婦人が初参加してくださいました。お二人は皆さんとご一緒に童謡を唄って。

A本日は、亡くなった小沢昭一さんのCD「童謡春秋しみじみ」を聴きながら皆さんでも歌いました。

Bカリタスいわきカフェの佐藤マスターは、黙々とコーヒーを淹れています。(サトウは入っていません。)

C熊本の修道院のSr.が、いわき教会の信徒に届けてくださった、修道院の庭の(キット、霊験あらたかな)「金柑」




●北好間団地集会所が復旧工事の工期延長で、予定より2カ月延びて、この3月まで使用できません。
そのため、3月までは下矢田団地への訪問です。

●本日は、聖母訪問会のシスター方は、女子修道会の皆さんの研修があり、お出かけになっていてお見えになれません。

●いわき教会からは、佐藤さん、石井さんに加え、下矢田団地初見参のS藤さん、S木さんのお二人が加わってくださり、和やかに過ごしました。

●本日は、前回のアコーディオン引き近藤志げるのCDに続き、亡くなった怪しい芸人「小沢昭一」さんの童謡のCDを使って楽しく歌いました。
CDは大好評を得て「24フォント字」の歌詞カードとともに、団地の集会所に差し上げてきました。

●皆さんは、カリタスいわきの佐藤さんが淹れてくださるコーヒーと石井さんのクッキーを頂きながら、懐かしい童謡を唄っていました。最後から2番目の曲は、永六輔作詞、小沢昭一作曲による反戦歌「明日天気になあれ」でした。(お邪魔虫が少々解説。)

●熊本の女子修道院から届いたという金柑をお土産に持って行っていただきました。

●本日は復興支援NPO「みんぷく」さんと団地自治会長さんの打合せが、奥の和室スペースで行われていました。(CDと歌で少し煩かったかな?)








●下矢田団地カフェ
2019/12/17(Tue)

816×612pixel(約241.4KB) 816×612pixel(約232.6KB) 816×612pixel(約215KB) 816×612pixel(約203.7KB)

◆写真はクリックすると少し大きく見られます。

◆左から

@高久地区で最後まで残っていた、高久第8仮設の解体が始まりました。写真の右奥にある水色の重機の手前あたりに、何時もの小さな集会所がありましたね。

A同じく高久第8仮設の北側の部分です。

B本日の下矢田団地カフェでは、アコーディオン奏者の近藤志げるのCDを使い、西條八十・野口雨情の歌を皆さんと歌いました。

CXmasプレゼント





●12月のいわき訪問も下矢田団地1カ所の訪問で、いわき教会、聖母訪問会のシスター方とご一緒しました。

●年末で大掃除をなさったのでしょうか、集会所が随分とすっきりしていました。(定位置に出羽さんがおられないので、少々隙間が空いている感じかな?)


●いつもお集まりいただく皆さんのほかに、後半にはハローワークの方も見え、ご一緒しました。

●今年最後のカフェで、皆さんにXmasプレゼントを差し上げました。プレゼントは、お馴染みの「温泉2泊ご招待」(→薬用入浴剤2個)キレイになれると喜んで頂きました。





♰ 東日本大震災被災者との集い  ●追記しました。 
2019/11/27(Wed)

●追記しました。

【本ページの下に、25日、24日、23日分として、3ページ分を追加しましたのでご覧ください。】








◎「カトリックさいたま教区サポートセンター」のページを訪問して下さった皆様へ。


・昨夜(11月26日の火曜夜)、教区ホームページを閲覧したついでに、本ページを確認したところ、25日、26日と多くの方が、そして、今日もこのページをチェックして下さっていたことが判りました。

・2018年5月以降の確認数としては、最多の方が訪問してくださっていて、「もしかしたら、25日の被災者と教皇との集いについての情報確認をなさっているのかな?」と、勝手に思い至っております。

・さいたまサポセンのボランティア動ではないので、ウッカリしましたが、何らかのご報告をするようにしたいと思いました。

・ところが、26日からは越谷の「憩いの家・水いっぱい」に来てしまっていて、写真データを持ってきておらず、写真を掲載して報告することが出来ません。

・もっとも、教皇様が入場され、集いが始まってからは写真撮影が禁じられていまして、記憶するに、あまり良い写真はないものと思われます。(事実、集い本番が始まろうとした時、デジカメを構えたら、後ろのスタッフ注意されてしまいました。)

・てっな訳で、「集い」の本番が始まる前までの写真等を交えてのご報告は、「憩いの家」から帰って金曜日にアップできるようにしたいと存じます。

・思い上がりかも知れませんが、もしも「集い」の報告をご期待くださっておられる方がいらしたら、今しばらくお時間を頂きたいと思います。

●失礼しました。




東日本大震災被災者との集い その1
2019/11/25(Mon)

719×539pixel(約122.1KB) 719×539pixel(約168.1KB) 719×539pixel(約139.8KB) 719×539pixel(約159.3KB) 719×539pixel(約112.2KB) 719×539pixel(約94.6KB)

●11月25日午前10に行われた「東日本大震災被災者との集い」について、その1、2に分けて報告します。

●この集いは、地震、津波、原発爆発による被災者の方と支援者の約300名が招かれて開かれました。

●東日本大震災被災者支援ベースには、各ベース10名程度の参加が可能とされました。

●旧・もみの木ベースからは、さいたま教区内各ブロックのボランティアリーダーを務めてくださった方を中心に参加いたしました。

●写真撮影は、教皇の会場滞在中は原則禁止と言う制約があり、不十分な点もありますのでご了承下さい。



◎写真は2回に分けて掲載します。クリックしていただくと少しは大きく見られます。

◆左から、
1枚目、当日のプログラム。
2枚目、3枚目、開会前会場風景。
4枚目、生演奏してくださった音楽団。(指揮者はとても有名な方だったそうです。)
5枚目、開会あいさつをされる幸田司教。
6枚目、祈りをリードされる小野寺神父(仙台司教総代理)




東日本大震災被災者との集い その2
2019/11/24(Sun)

719×539pixel(約129.4KB) 719×539pixel(約120.3KB) 719×539pixel(約89.5KB) 719×539pixel(約91.8KB) 719×539pixel(約99.4KB) 719×539pixel(約103.5KB) 719×539pixel(約167.8KB)

●「東日本大震災被災者との集い」について、25日付のその1に続いて報告します。

◆写真は、左から
1枚目、被災者代表者で登壇者の皆さん。
向かって右の3名が被災者代表証言者。左の10名が被災者代表の皆さん。
2枚目、教皇入場の瞬間(少々ピンボケしてます。)
3枚目、登壇者10名に順次挨拶される教皇。
4枚目、集い着座前の教皇@
5枚目、集い着座前の教皇A
6枚目、退堂時、被災者の声に耳を傾ける教皇。
7枚目、教皇退堂時は「花は咲く」を唄ってお見送り。


♰ 番外編「教皇ミサ」
2019/11/23(Sat)

719×539pixel(約183.4KB) 719×539pixel(約180.9KB) 719×539pixel(約195.2KB) 539×719pixel(約166.6KB) 539×719pixel(約167.9KB) 539×719pixel(約195.7KB)

●番外で、教皇ミサの風景も少々。

●「東日本大震災被災者との集い」参加者は、午前9時までに半蔵門の会場に入場して教皇を待ちました。

●教皇到着から滞在は、午前10時から10時45分で、11時過ぎに一時解散となりました。

●後楽園でのミサまで時間がありましたので、さいたま教区ボランティアや会場で合流した聖母訪問会のシスター方とご一緒に昼食をとることになりました。

●昼食は『身の丈』に合わせたもので!と、いう事で、東京ドーム側の文京区役所にある役場の職員食堂へ。数えてみると総勢17名!12時前入場でスムースに食事を終えました。

●食事後は運動を兼ねて「小石川後楽園」(水戸藩邸跡)を散策。(なんと1名の方が高齢者割引の半額にならないことが判明。)

●ミサ風景も原則写真撮影禁止でした。写真は開祭前までの場内風景です。



◆写真は左から、
1枚目、教皇ミサ会場入場後、席はこの位置でした。
2枚目、3枚目は私の位置から左、右の風景。(右側の空いている席は、この後小学生の団体が到着。)
4枚目、教皇入場
5枚目、赤ちゃんを抱きあげ祝福する教皇
6枚目、会衆を祝福する教皇



下矢田カフェ その2 (12日付に続いて。)
2019/11/13(Wed)

653×490pixel(約154.2KB) 653×490pixel(約142.8KB) 653×490pixel(約119.5KB) 653×490pixel(約161.3KB)

◎初めに、先の台風19号で被害の出た「北好間団地集会所」は使用できなくなりました。
従って、来年1月までは、いわき教会、聖母訪問会シスターとで下矢田団地を訪問することになりました。


◆写真は、健康体操の様子です。
 クリックしていただくと少し大きく見えます。
「桃太郎さん」や「あんたがた何処さ」の歌に合わせて軽体操をしました。




●前述の「追悼」の祈りの後、コーヒーやお茶を頂きながら話が続きました。実は、団地の皆さんは今回のことをご存じなかったのです。

●私も少し慌てましたが、看取られた医師に再度の確認をさせていただき、カフェの前に時間をいただきました。

●11時を15分程過ぎたあたりで、那須のボランティアさんが用意してきた健康体操の話をすると、皆さんも体を動かしたいとのことで、椅子に座ったままでできる体操を行いました。

●神父様、シスターもご一緒に体をほぐしました。






下矢田団地カフェ その1(出羽さん追悼)
2019/11/12(Tue)

692×922pixel(約257KB) 816×612pixel(約203.9KB) 816×612pixel(約221.2KB) 816×612pixel(約183.1KB) 816×612pixel(約215KB)

✚先ず、はじめに残念なお知らせです。
旧下矢田第2仮設の時代から現在の下矢田団地の初期までの長い間、自治会長を務めてくださっていた『出羽秀一』さんが10月24日お亡くなりになりました。62歳。

✚11月のボランティアさんは、早くから那須教会の方々と一緒に澤野神父様がご同行くださることになっていました。

✚元より、この様な事になるとは予想もしていませんでしたが、昨日は、集会所にお集まりの皆さんにご理解を頂き、追悼の祈りを捧げました。

✚私事ですが、2014年から10カ所の仮設を訪問してきましたが、一番最初の親しくして頂いた自治会長さんでした。私より3歳若い年齢でとても残念です。お祈りください。

●今回のカフェの様子は、13日付として、その2で報告します。

◆写真は左から、
@澤野神父様による追悼の言葉。
A皆さんでご一緒にお祈りしました。
B始めは「いつくしみふかき」を最後は「かみともにいまして」を団地の皆さんにも唄っていただきました。
Cいつも座ってらしたテーブルには、ビールを!
Dデータが残っている2016年ごろからの出羽さんの想ひ出です。


下矢田団地カフェ
2019/10/22(Tue)

522×490pixel(約145.7KB) 653×490pixel(約161.3KB) 653×490pixel(約135KB) 653×490pixel(約140.9KB) 490×653pixel(約142.9KB) 653×490pixel(約85.8KB)

◆写真は左から
@いわき教会に搬入した水など
A解体が始まった高久第8仮設
B川越教会の若者外によるギター演奏と歌
C団地最高齢97歳のIさん
D歓談の様子
E熊谷ラグビーの宣伝「スクマム クマガヤ」煎餅



●22日は、いわきも雨の予報でしたので21日のカフェ後、断水の続くいわき住民のため(教会は通水しています。)に役立ててもらう支援物資として「水」(2ℓ・6本)50箱とタオル、ゴム引きの長手袋、ゴミ袋、マスクをお届けしました。

●21日に見に行った、特定延長者を受け入れていた高久第8仮設は、いよいよ解体工事が始まっていました。

●下矢田団地のカフェでは、全自治会長さんの出羽さんがご不在でしたが、何時ものメンバーが見えておられました。なお、下矢田団地では、台風19号による直接の被害はなかったそうです。

●カフェでは、ハーモニカ演奏や初めていわきを訪れた川越の若者によるギター演奏と歌などで楽しんでいただきました。

●その後、団地で一番の若手97歳のIさんによる民謡でお願いした「若もの歌くらべ?」では、団地代表の圧勝でした。

●カフェでは、雨天でもあり久々に温かいココアの提供でも喜んで頂き、和やかな寒暖(歓談)の内の終了しました。

●カフェ後は、被災地に初めての方もあり、楢葉町「やぶそば」での昼食後、帰還困難区域を通り、浪江町の希望の牧場まで訪問してきました。帰路途中では、大熊町で帰還困難区域が解除された「大河原地区」に行き、建設された大熊町役場も訪ねてみました。(あいにく、本日は休日になっていたので開庁はしていませんでした。)



北好間カフェ
2019/10/21(Mon)

653×490pixel(約224.1KB) 653×490pixel(約176.3KB) 653×490pixel(約135.8KB) 490×653pixel(約140.1KB) 653×490pixel(約126.1KB) 490×653pixel(約110.1KB) 653×490pixel(約139.7KB)

◆写真左から
【写真をクリッリすると少し大きく見られます。】
@台風19号で北好間団地前の「好間川」は越水し、市街地は元より団地内にも濁流が浸水した
A台風の爪痕を残す好間川
B好間団地でも最も道路の低い場所
C北好間団地への緊急支援物資として水(2ℓ×6本)を40箱と多数のタオルを持ち込みました
D団地の皆さんは遠慮深いので、お帰りに各自お持ち帰りいただける様に用意しました
E演奏は控えていたものの、リクエストを受けてハモニカ演奏をするボランティア
F初めていわきを訪れた若者のギター演奏と歌




●この度の台風19号によって、さいたま教区内でも、茨城、栃木をはじめ多くの地域で被害がありました。先ずもって、被災された皆様にお見舞い申し上げます。

●また、いわき市でも多くの被害が発生し、訪問日現在でも3万6000戸が断水と言う状況でした。

●この様な状況もあり、今回の北好間団地訪問については、自治会長さんと連絡を取り、被害の状況や訪問を見合わせることについても相談いたしましたが、自治会長さんからは「少し時間も経つでしょうし、話し相手として来て下されば、団地の皆さんの気持ちが晴れるかも知れませんのでお越しください。」とのお話があり予定どおり訪問いたしました。

●北好間団地は平浄水場でなく、別系統の好間浄水場から導水している関係で断水はなかったそうですが、住人の親戚、知人の多くの世帯が断水しており、カフェに見えた方の内には、入浴にために四倉から団地まで見えている親戚の方もあるとのお話しでした。

●さらに、大熊町から避難し、好間工業団地第三仮設での避難生活の後、いわき市内に家を構えた方が今回浸水の被害に遭われたとのお話しもあり、何ともお気の毒です。

●電話連絡の時点で、今回の被害で団地近くのスーパー「マルト」は営業再開しておらず、いわき市内全体でも「水」が品薄とのことでしたので、熊谷、日立、急遽支援活動に参加してくださった春日部教会の各所でペットボトルの水を94箱調達し、川越、春日部、熊谷教会が調達したタオル多数を持ち込み、北好間団地といわき教会の二か所にお届けしました。(カフェ参加の方には水の箱をご自宅までお届けしました。)

●好間第三仮設にいらして、北好間団地に移られたNさんは床上浸水のうえ、車が水没して廃車することになったとのお話で、言葉がありません。

●今回の北好間団地訪問は、川越教会の皆さんが初めていわきを訪れる若者も含め、ハーモニカやギター演奏を用意していましたが、「歌舞音曲」の類は控えることにしていました。

●ところが、カフェ参加者の皆さんからのリクエストによって、後半はハモニカやギターの伴奏で歌を唄われ、「たのしかった!」とのお声を頂きました。

◎今回は、春日部教会の信徒が災害支援活動のため、自らの軽トラに大量の水を積んで特別に同行してくださいました。




 [ボランティア ダイアリー]   [次の10日表示]