カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

司教メッセージ MESSAGES

一覧表示 - ワード検索

2013年新年の司教メッセージ

2012/12/28(Fri)
日本語ふりがな
"新しいぶどう酒は、新しい革袋に"(マルコ2:22)

さいたま教区の兄弟姉妹の皆様へ

クリスマスと新年おめでとうございます。

 昨年の10月から私たちは信仰年を迎えています。私たちは洗礼によって『信仰の門』をくぐり、信仰の道を歩んでいます。年始にあたり、使徒言行録、第2バチカン公会議、そして、さいたま教区の歩みについて述べながら、『信仰の門』について皆さんと分かち合いたいと思います。

使徒言行録
 パウロとバルナバは宣教旅行に出かけ、様々な困難や苦難を乗り越え、多くの異邦人たちを信仰に導きました。二人はアンティオキアに戻って、大きな喜びのうちに、「神が自分たちと共にいて行われたすべてのことと、異邦人に信仰の門を開いてくださったことを報告した」(使徒14:27)のでした。
 その時、異邦人への宣教に関して、割礼が大きな問題となっていました。割礼はモーセの習慣に従うもので、イスラエルの人々の伝統的なしるしでした。イスラエルの人々は割礼を受けていない者は救われないと考えていました。そのため、割礼は異邦人にとって信仰の門に入るために大きな障害になっていたのです。
 そこで、使徒たちと長老たちが集まりエルサレムで使徒会議(はじめての公会議)を開きます。この公会議で、異邦人に割礼という重荷を負わせないことを決議したのです。これによって、福音を信じる人が誰でも洗礼を受け、共同体の一員になることが可能になったのです。パウロとバルナバが旅に出て、多くの人々と出会ったことがきっかけになって、信仰の門が世界のすべての人々に開かれることになったのです。

第2バチカン公会議 
 信仰の門が大きく開かれた公会議は、このエルサレム公会議とその1900年後に開かれた第2バチカン公会議です。第2バチカン公会議は、教会の刷新を図り、分かたれた兄弟姉妹と和解し、すべての人々、特に、苦しむ人々と連帯し、彼らに奉仕する教会を目指すものでした。この第2バチカン公会議で、信仰の門が改めて広く開かれることになったのです。エルサレム公会議では割礼という障害を取り除くことで信仰の門を開きましたが、第2バチカン公会議は教会自身が刷新されることによって信仰の門を開こうとしたところに特色があります。教会が刷新されることよって、教会が、神の救いの業に、よりふさわしく参与できるように神が招いてくださっているのです。
 イエスは「だれも、新しいぶどう酒を古い革袋に入れたりはしない。そんなことをすれば、ぶどう酒は革袋を破り、ぶどう酒も革袋もだめになる。新しいぶどう酒は、新しい革袋に入れるものだ」(マルコ2:22)と教えてくださいました。この言葉は第2バチカン公会議の特色をよく表しているでしょう。
教会とは、もちろん、神の民のことです。皆さん一人一人が、そして共同体が、神の言葉によって刷新され、人々との出会いの中で、神の言葉を伝えていきます。そのことによって、信仰の門が多くの人々に開かれるのです。

さいたま教区の歩み
 皆さんは東日本大震災と福島第1原発事故の被災者支援に積極的に取り組んでくださっています。被災者支援を通して、多くの被災者やボランティアと出会い、共にいることの大切さ、共に生きる喜びを体験することができました。この出会いの体験によって、私たち自身が刷新され、信仰の新たな光を見出すことができたのです。また、その他の様々なところでも、私たちは多くの人々、特に、小さくされている人々と出会ってきました。その出会いによって、私たち自身が刷新され、信仰を見つめなおすことになったのです。このように、私たちの信仰は、社会の出来事に関わることによって刷新されるのです。
 私たちは、身近なところでも、多くの人々と出会うチャンスがあります。沖縄の米軍基地問題など、普段の私たちの生活からは遠く感じる問題もあります。私たちが無関心でいることにより、苦しんでいる人たちもいます。その人たちとの出会いがまた、信仰の門を開くきっかけになるでしょう。
 私たちも宣教の旅に出て、大きな喜びのうちに、「神が自分たちと共にいて行われたすべてのことと、異邦人に信仰の門を開いてくださったことを報告した」パウロとバルナバのようになりたいと願っています。
この1年、皆様に多くの人々との出会いの恵みがあるように祝福を送ります。

†全能の神、父と子と聖霊の祝福が皆様の上にありますように。

2013年1月1日
さいたま教区司教
マルセリーノ 谷 大二


2012年新年の司教メッセージ

2011/12/28(Wed)
日本語ふりがな
"信仰とは、望んでいる事柄を確信し、見えない事実を確認することです。"(ヘブライ人への手紙11:1)

さいたま教区の兄弟姉妹の皆様へ

クリスマスおめでとうございます。そして、新年おめでとうございます。

 2011年は東日本大震災が起こり、東北だけではなく、さいたま教区内でも広範囲に及ぶ被害がありました。皆様から、そして国内・海外からも多くの支援が寄せられました。この場を借りてお礼申し上げます。被害にあった教区内の施設については皆様が力を合わせて復旧に取り組んでくださいました。また、被災地であったにもかかわらず、皆様が東北の被災地を支援してくださいました。わたしは皆様に敬意を表します。そして、皆様のことを誇りに思っています。
 東北への支援活動の中で、多国籍教会として様々な支援が出来たことは素晴らしいことでした。炊き出し一つをとっても、メニュー、歌や踊りなども国際色豊かなものでした。それは被災地の人々に喜びのうちに受け入れられました。また、これまで教区として行ってきた傾聴ボランティアの養成講座も功を奏し、被災地での傾聴ボランティア活動もスムーズに始めることができました。

 この多国籍教会としての共同体作り、傾聴ボランティアの養成などは「さいたま教区の優先課題」として10年間取り組んできたものでした。そのほかにも様々な課題に取り組んできました。東日本大震災の被災者支援において、皆様の優先課題への取り組みが成果として表れたと言えるでしょう。

 わたしたちは2010年から1年かけて「さいたま教区の優先課題」を見直し、昨年の9月に「さいたま教区宣教司牧の基本方針と優先課題(2011〜2020年)」を策定しました。この新しいものができたのも、皆様がこれまでの優先課題について話し合い、理解を深めてくださったからです。新しい優先課題に取り組むことを通して、現代社会のただでキリストと出会いながら、キリストの教えを信仰共同体の中で共に学び、共に祈り、多くの人々と共に福音を生き、そして伝える力の溢れる共同体をめざしていきたいと思います。(1)

 大震災では2万人もの方々が一瞬のうちに亡くなられました。このことは私たちにとって大きな衝撃でした。私たちは死というものを目の当たりにし、死と復活、生きることの意味を見つめ直すことになりました。また、家族の絆、地域の絆がいかに大切なものであるのかを実感させられました。日常の生活の中で死と復活を見すえながら生きるということは、今の生を意味あるものとして一日一日を生活していくことです。それは一人ひとりの出会いを大切にし、絆を強めていくことにもつながるでしょう。私たちの教会共同体の中でも同じように信仰による出会いと絆の大切さを見直していければと思います。信徒、司牧者が共に同じテーブルを囲み、話し合い、主の恵みを分かち合って協働し、兄弟姉妹として、より豊かに成長することをめざしていきましょう。(2)

 新しい優先課題の一つに「東日本大震災の復興支援」が挙げられました。震災の復興支援はこれからも長期にわたって続けなければなりません。仮設住宅に住んでいる人たちへの支援も復興支援の大きな柱です。これからも被災地の方々との出会いを大切にしていきたいと思います。また、東日本大震災の被災地ばかりでなく、社会の中で、また、教会の中でも多くの人々が悩み、苦しんでいます。すべての人々が人間らしく生きることができるように、共に祈り、連帯し、行動していきましょう。(3)

 パウロはヘブライ人への手紙の中で「信仰とは、望んでいる事柄を確信し、見えない事実を確認することです」と述べています。新しい年の始まりにあたって、このパウロの言葉を黙想し、希望のうちに新しい年を歩み始めたいと思います。わたしたちを希望のうちに導いてくださる神に感謝し、皆様に新年の祝福をおくります。

†全能の神、父と子と聖霊の祝福が皆様の上にありますように。

2012年1月1日
さいたま教区司教
マルセリーノ 谷 大二


(1)「さいたま教区宣教司牧の基本方針と優先課題(2011〜2020年)」基本方針1
(2) 同 基本方針2
(3) 同 基本方針3


加藤智神父叙階式の説教(2011年2月11日)

2011/02/15(Tue)
さいたま教区
司教 谷 大二

今日、皆さんは歴史的瞬間に立ち会っています。英国国教会の司祭がこのアジアで叙階されるのは、おそらくこれが最初で最後になるでしょう。
2006年に加藤師に出されたベネディクト16世教皇の特別許可によって、英国カトリック教会の司祭としての道が開かれました。加藤師が英国から日本に移籍するにあたってはローマの教理省の認可が必要でした。バチカン大使、アルベルト・ボッターリ大司教様、英国司教協議会副会長のピーター・スミス大司教様、日本司教協議会会長の池長潤大司教様のご尽力によって、この2月に教理省の認可がおりました。それによって今日叙階式ができることになりました。この場をかりてこころからお礼申し上げます。
教皇様の特別許可には妻帯司祭の場合の条件がついています。今日、加藤さんの奥さんもお嬢様も参列されています。一つは、たとえ、奥様がなくなられても、再婚できないという条件です。さいたま教区には妻帯している終身助祭が5名おりますが、これは妻帯している終身助祭の場合も同じです。もう一つは、直接小教区を司牧する主任司祭にはなれないという条件です。しかし、協力司祭として司牧にあたっていただくことは可能です。一つ、間違えていけないのは、今回の叙階によって、妻帯司祭への道が開かれるということでは決してありませんので、誤解なさらないようにお願いいたします。
今回は条件付きの叙階式となります。加藤師はすでに英国聖公会の司教によって、叙階されていました。その英国国教会の司教様に司教としての継承権があれば、彼はすでに叙階された司祭となり、今回の叙階式をする必要がありませんでした。しかし、もし、その司教様に正当な継承権がないとすれば、ローマカトリック教会としての叙階が必要となります。いま、私どもにはその司教様に継承権があるかどうか判断できる材料がありませんので、もし、継承権がなければ、という条件のもとでこの叙階式を行うことにいたしました。いずれにせよ、この叙階式によって、かれは正式にローマ教皇のもとに戻った司祭となります。

 さて、加藤智さん、あなたはこの叙階式の聖書の朗読個所をご自分で選んで下さいました。今日の朗読個所は聖木曜日、すなわち、「主の晩餐の夕べのミサ」からとられています。福音には「最後の晩餐」の場面が描かれています。あなたがこの個所を選ばれた理由は私にはよく分かります。秘跡、特に聖体の秘跡を大切にし、それを中心にした司祭生活をこころから望んでおられるからでしょう。聖体は司祭としてのアイデンティティの源泉でもあります。
 聖体は実にキリストそのものです。パウロはフィリピの信徒の手紙の中で次のようにキリストにおける出来事、生涯を美しく、端的に述べています。「キリストは神の身分でありながら、神と等しいものであることを固執しようとは思わず、かえって自分を無にして、僕の身分となり、人間と同じものになられました。キリストはへりくだって、死に至るまで、しかも十字架の死に至るまで従順でした。」
 このキリストの歩んだ姿、愛の行為、愛の出来事がご聖体のうちに実現しています。ご聖体をいただく私たちは、「へりくだって、しかも十字架の死に至るまで従順であった」キリストと一致することによって、自分自身が解放され、救いへの道を歩むことができます。また、「僕の身分となり人間と同じものになられ」て、抑圧された人々、小さくされた人々のところに進んで近寄っていかれたイエス姿に、わたしたちは近づき、一致することができるのです。そこにわたしたち、自分自身の解放の道があります。その解放なしには私たちは司祭として生きていくことができません。
 聖体、つまり一つのパン、一つのからだにつながり、結ばれることによって、わたしたちはすべての人と交わりを深めることができます。キリストにならって、へりくだり、人々への愛を実現していくことは、司祭として奉仕することです。それは、見えるものと見えないものの創造主である神のみ業に参与することにつながります。
 司祭としての奉仕の生活、そして人々のつながり、それは共に解放の道を歩んで行くことであり、神の創造のみ業に共に参与することです。その中心には、いつも神の愛の実現であるご聖体が中心にあります。
 さいたま教区の司祭団はあなたを喜んで迎えます。私たちはその準備も行ってきました。さいたま教区すべての兄弟姉妹とともに、キリストの歩んだ道を、共に歩んでいただきたいと思います。
兄弟姉妹のみなさん、今日、教皇のもとに司祭としてもどられた加藤智師と共に喜びを分かち合い、共に祈っていただきたいと思います。
神に感謝


2011年新年の司教メッセージ

2010/12/20(Mon)
              日本語ふりがな
"主があなたを見守り、あなた方の魂を見守ってくださるように。"(詩篇121:7)

さいたま教区の兄弟姉妹の皆様へ

クリスマスおめでとうございます。そして、新年おめでとうございます。

 まだまだ、厳しい経済状況が尾を引いています。日本をとりまく国内外での不安定な状況も続いています。それらはわたしたちの生活にも影を落とし、精神的にも重くのしかかっています。しかし、こういう時こそ、わたしたちは神に希望をおき、主が見守ってくださっていることを確信し、平和への道を歩んでいける一年であるように祈りたいと思います。
 さて、わたしは年の始まりにあたって、二つのことを皆さんと分かち合いたいと思います。ひとつは子どもたちのこと、もう一つはわたしたちの生活のことです。

子どもたちを守るために
 昨年、10月に、わたしたちの身近なところで、小学生が学校でのいじめのなかで自死(自殺)するという事件が起こりました。わたしたちは亡くなったお子さん、そして家族のためにこころから祈りたいと思います。
 この事件によって、各地で学校ではいじめの問題への取り組みが進み始めました。いじめがあってはならないと訴えることも大切ですが、わたくしはいじめがあるという現実から出発して、子どもたちをどうやって救い守るのか、いじめをどのように少なくしていくのかを考えることが重要だと考えています。また、教会の中にもいじめがあるということも認めていかなければならないでしょう。
 小教区に来ている子どもたちがいじめにあっていることをよく耳にします。実際に、多くの子どもたち、特にダブルの子どもたちがいじめにあっているのです。子どもたちは自分が受けているいじめを家族に打ち明けることすら勇気のいることです。家族にとって、特に海外からの移住者の家族にとって、それを学校や教育委員会に相談することには不安や困難がともなうでしょう。
 わたしたちに出来ることは、子どもや家族が相談できる環境を小教区(ブロック)にも作ることです。その環境はいま、わたしたちの教会にできつつあるとわたしは思っています。皆さんの中でも相談にのり、子どもや家族に寄り添ってくださっている人も多いと思います。個人的な相談のレベルから少し輪を広げて話し合い、チームとしていじめにあっている子どもや家族を支え合うことができれば、そして、教会の仲間が兄弟姉妹として学校、教育関係者、地域社会に対しても相談や話し合いを進めていくことができるようになればと願っています。
 この二年間、派遣切りなどで雇用不安が広まったなかで、教会共同体の皆さんが、一緒になって職を失った人や生活に苦しんでいる人のために支援、援助をしてきました。それと同じように、いじめの問題についても、それぞれの出来ることを持ち寄って、共に歩んでいければと思います。

わたしたちの生活の見直し
 さて、皆さんにお聞きしたいと思います。普段の生活のなかで、道端に咲く小さな花の美しさに気付いたり、自然の風景を見て感動したりすることはありますか?子どもが帰ってきたときに、子どもの話に耳を傾ける余裕がありますか? もし、それがなければ、危険信号です。
 わたしたちは経済、効率優先の社会のなかで生きていくことを余儀なくされています。なかには、社会の歯車から外れることにおびえを感じている人もいるでしょう。お金を稼ぐために日本に来たのだからといって、走り続けている人もいるでしょう。そのことがわたしたちに大きな重荷になっていないでしょうか? そのなかで、わたしたちは神の被造物の素晴らしさを見失ってはいないでしょうか?
 そうかといって、仕事や社会的な責任をすべてかなぐり捨てては生活していくことはできません。でも、少し、わたしたちの生活に余裕を持たせることはできるはずです。そこで、私自身にたいする提案でもありますが、皆さんにも提案してみたいと思います。生活の中で5%削減して、5%余裕を作りだすことです。それはそんなに難しいことではありません。たとえば、家事の時間を5%減らして、こどもの話を聞く。家事の時間を仮に8時間とすれば、24分間です。残業を減らして5%の時間を作りだす。週に2時間ほどの時間を作りだすことです。その時間を自分や家族のために使うことができます。5%、食事を質素にすることも、家庭の電気、水道、車のガソリンなどを減らすこともできます。できる範囲で、それぞれのアイデアで5%を目標に時間、お金、物などを削減するのです。この5%がわたしたちの重荷を少し軽くし、より豊かな心を持つことにつながるのではないでしょうか。
 言い方を変えれば、いままでの生活から5%、清貧に生きることです。その5%は神の似姿である人間の本来の姿に戻ることを可能にします。神と共に生きる喜びにつながるはずです。それが、孤独のうちに生活している人や、いじめによって孤立している子どもを兄弟姉妹として迎えることにつながれば、どんなに素晴らしいことでしょう。
 
 詩篇121は汗をかきながらエルサレムの都に登っていく巡礼者の歌です。「目を上げて、わたしは山々を仰ぐ」という一節から始まります。山を登る途上、ひと息つき、山々を見上げ、神への信頼を確認し、力強く登り続ける希望を持つ姿が表現されています。わたしたちの生活を山登りにたとえるなら、山々を仰ぐ時間が5%の余裕にあたるのでしょう。

主が見守ってくださっていることに信頼して、新しい年を踏み出すことができますように。
†全能の神、父と子と聖霊の祝福が皆さんの上にありますように。

2011年1月1日
さいたま教区司教

マルセリーノ谷 大二


2010年新年の司教メッセージ 

2010/01/01(Fri)
            
"キリストに代わってお願いします。"(1)

さいたま教区の兄弟姉妹の皆様

クリスマスおめでとうございます。そして、新年おめでとうございます。

 経済不況の中、仕事や生活のことだけでなく、精神的にも苦しい状況に置かれているかたも多いと思います。そのなかで、多くの小教区やブロックで、兄弟姉妹として共に祈り、分かち合い、助け合ってくださっています。その姿を見て、わたしは逆境のときこそ、神の恵みが多く注がれると実感しています。
 さて、今年はわたしが司教に叙階されて十年になります。その年頭にあたり、神との和解について皆さんと分かち合い、共に黙想したいと思います。

神との和解
 神はキリストを通して罪のうちに沈められていたわたしたちを救い出し、神と和解させてくださいました。和解とは神と人間との本来の関係を回復することです。しかし、社会を見渡すと、人間と神との和解はまだまだ実現していません。実際、この世界に罪と悪や争いが存在し、平和と平等は実現していません。わたしたちは、神と和解したのですから、神との和解を一人でも多くの人々に伝える役割を担っているのです。パウロは次のように語っています。
「神は、キリストを通してわたしたちを御自分と和解させ、また、和解のために奉仕する任務をわたしたちにお授けになりました。」(2)
すでに、皆さんが平和のために祈り、聖書の言葉を伝えるなどさまざまなところでこの「和解のための奉仕の任務」を果たしておられます。ここでは神との和解について、わたしたちにとって身近なことを、三つお話したいと思います。

自分自身との和解
 依存症からの回復プログラムに12ステップというのがあります。その12ステップの祈りに次のような一節があります。
「私がどんなに無力であるか、私の生活がどんなに手に負えなくなっていたか、気づくことを否認がはばんできました。」
自分の弱さ、限界、生活の息苦しさ、それらを自分自身のなかの否認が、気づくことをはばんでいるのです。自分を強がって見せたり、隣人の目を気にしすぎたりしていないでしょうか。友人の忠告に耳を傾けているでしょうか。ありのままの自分を神が受け入れてくださっている、それを思い起こすことが自分を受け入れるきっかけになります。
わたしたちは経済、効率ばかり優先する社会の価値観に巻き込まれています。人によっては、負いきれない重荷や期待を負わされていることもあります。それに応えようとするか、拒絶するか。いずれにしても、自分は本当に何がしたいのか、何を望んでいるのかに気づくことさえ忘れてはいないでしょうか。
 自分自身との和解のために、心と体、生活、隣人との付き合いなどを、振り返ってみる祈りの時間、分かち合う時間を大切にしたいと思います。

隣人との和解
 わたしは皆さんが兄弟姉妹として、一つの食卓を囲む共同体を実現してくださっていることをうれしく思っています。しかし、共同体にも分裂やいさかいが起こることも、教会を離れる人がいることもわたしたちは知っています。共同体を作ることは人間(にんげん)のいとなみですから、そのようなことがあっても当然(とうぜん)といえます。しかし、「兄弟愛をもって互いに愛し、尊敬をもって互いに相手を優れた者と思い」(3)、真摯に話し合い、共同体の一致を求めていただきたいと思います。「一つの部分が苦しめば、すべての部分が共に苦しみ、つの部分が尊ばれれば、すべての部分が共に喜ぶのです。」(4)
 隣人との和解にどうしても必要なことは聖霊の導きです。わたしたちの思いや働きが聖霊によるものであるかどうかを分かち合いのうちに識別していくことが求められます。パウロの次の言葉を参考に分かち合ってください。
「一人ひとりに“霊”の働きが現れるのは、全体の益となるためです。神は、御自分の望みのままに、体に一つひとつの部分を置かれたのです。目が手に向かって“お前は要らない”とは言えず、また、頭が足に向かって“お前たちは要らない”とも言えません。」(5)

自然との和解
 自然との和解というと、神と人間との和解とは少しはずれていると感じるかもしれません。しかし、神の被造物である自然との和解は、清貧という人間の生き方にかかっています。それは、とりもなおさずキリストの示された神と人間との本来の関係(かんけい)を回復することなのです。
「清貧とは何か?」についてわたしは皆さんとの分かち合いのなかで三つのポイントがあることを学びました。一つ目は金や物から開放され、自由になること。二つ目は神の被造物である水や空気といった自然、その実り、生産物の価値を正当に評価すること。そして三つ目は、人や自然と出会うことです。清貧についてここで詳しくお話しできませんが、近いうちに皆さんとかち合っていきたいと思います。
 宣教司牧評議会への諮問「貧困、環境の課題について教会ができることは何か?」に関して、昨年、皆さんが真剣に話し合ってくださいました。その結果が1月に答申されます。この答申を受けて、教区としての自然との和解の道を歩む取り組みを始めたいと思います。

 和解について分かち合ってみました。この一年、皆さんと共に「和解のために奉仕する任務」を少しでも果たすことができればと願っています。
新しい年が皆さんにとって恵み多き年となるよう祝福を送ります。

✚全能の神、父と子と聖霊の祝福が皆様の上にありますように。

                         
2010年1月1日
カトリックさいたま教区

司教 谷 大二

(1)Uコリ5:20、(2)Uコリ5:18、(3)ロマ12:10、(4)Tコリ12:26、(5)Tコリ12:7〜22、



- Tor World v1.51 -