カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

信仰講座 ARCHBISHOP COUSE

一覧表に戻る

■ 第11回「神の民の中にある罪」  2018. 3.2説教


2018年3月2日(金) 四旬節第二金曜日
性虐待被害者のいやしと償いのためのミサ
浦和教会

第一朗読:創世記37・3-4、12-13a、17b-28)

福音朗読:マタイ21・33-43、45-46)
「もう一つのたとえを聞きなさい。ある家の主人がぶどう園を作り、垣を巡らし、その中に搾り場を掘り、見張りのやぐらを立て、これを農夫たちに貸して旅に出た。さて、収穫の時が近づいたとき、収穫を受け取るために、僕たちを農夫たちのところへ送った。だが、農夫たちはこの僕たちを捕まえ、一人を袋だたきにし、一人を殺し、一人を石で打ち殺した。また、他の僕たちを前よりも多く送ったが、農夫たちは同じ目に遭わせた。そこで最後に、『わたしの息子なら敬ってくれるだろう』と言って、主人は自分の息子を送った。農夫たちは、その息子を見て話し合った。『これは跡取りだ。さあ、殺して、彼の相続財産を我々のものにしよう。』そして、息子を捕まえ、ぶどう園の外にほうり出して殺してしまった。さて、ぶどう園の主人が帰って来たら、この農夫たちをどうするだろうか。」彼らは言った。「その悪人どもをひどい目に遭わせて殺し、ぶどう園は、季節ごとに収穫を納めるほかの農夫たちに貸すにちがいない。」イエスは言われた。「聖書にこう書いてあるのを、まだ読んだことがないのか。『家を建てる者の捨てた石、
これが隅の親石となった。これは、主がなさったことで、
わたしたちの目には不思議に見える。』だから、言っておくが、神の国はあなたたちから取り上げられ、それにふさわしい実を結ぶ民族に与えられる。
祭司長たちやファリサイ派の人々はこのたとえを聞いて、イエスが自分たちのことを言っておられると気づき、イエスを捕らえようとしたが、群衆を恐れた。群衆はイエスを預言者だと思っていたからである。

説教
 今日、四旬節第二金曜日、日本のカトリック教会は「性虐待被害者のための祈りと償いの日」といたしました。性虐待を受けた被害者の方々、そのご家族の悲しみ、苦しみを思い、癒しと回復の恵みを与えてくださいますように。いつくしみ深い神に祈りましょう。そして、この難しい状況を教会がきちんと認め、そして、その解決、克服のために努力することができますように、神の助けを願いましょう。

 性虐待の問題は、当初アメリカの教会で報告されましたが、日本の教会でも同じ問題があったし、今もあることをわたしたちはしっかりと受け止め、そして、その被害者の皆様に心からお詫び申し上げるとともに、日本の教会をあげて、その問題の克服のために、祈りと努力、そして償いをするように努力することを、日本のカトリック司教団は心から願っており、そのために努力しております。

 さて、今日読まれました福音のことです。聖書はよくぶどう園の話をしています。ぶどう園はイスラエルの国や地中海沿岸では非常に馴染み深い風景です。そのぶどう園が良い実を結ぶことを願って、神様は人を雇い、そして、そのための様々な手立てを与え、さらに使者を送って、ぶどう園の人々を指導されました。最後には、自分の一人息子を送り、ぶどう園で良い実が実るようにと、最後まで努力をされましたが、その神様の御心は彼らには通じなかった。わたしたちはこのような、おおよその救いの歴史を知っています。
 今、四旬節、そして、4月1日は復活祭となりますが、復活祭の前の晩は復活徹夜祭。復活徹夜祭では聖書の長い朗読があります。その朗読では、非常に長い聖書の中から、救いの歴史を伝える非常に大切な箇所が読まれています。

 さて、そのような神の救いの計画の中で、主イエス・キリストの登場、そして、宣教、受難、十字架、復活という出来事があり、わたしたち教会が設立されました。教会は神の民であり、神の霊を受けた神の神殿であります。

 しかしながら、それであっても、わたしたち人間の弱さと罪が全部無くなったわけではない。弱さの中で、わたしたちは過ちを犯しますし、罪の汚れをまだ完全に拭い去ることができない。そして、人々に仕え、イエス・キリストの福音をのべ伝えるために選ばれ、そして、任命された人たちが神様の御心に背く、性虐待という忌まわしい行いをしたことが明らかになった。本当に残念なことであります。どうしたら良いだろうかと、教皇様、特にヨハネ・パウロ二世、ベネディクト十六世、そしてフランシスコ教皇様は全世界の教会に向けて、この問題の重大さをしっかりと受け止め、この問題をよく見て、そして解決と克服のために努力するように、そして神様の恵みを願うようにと願っておられます。
 今までに教会が行ったことの中で大きな問題であったのに、この問題をちゃんと見なかったということです。隠したり、うやむやにしたりしたということであります。さらに、この問題について、わたしたちの理解が足りない。随分微妙なことなので、話しにくいことがあるでしょう。被害者はこの問題に触れてほしくない。加害者は、自分は加害者であるとはあまり思っていない。両者の間には大きなずれがある。どんなにか、性虐待、性暴力によって、人は傷つき、苦しむかということについて、加害者は理解していない。しかし、わたしたちも同様で、きちんと理解していないのではないかと思うのです。

 人間にとって、性ということは非常に大切なことであり、ふさわしく、正しく、この問題を見つめ、そして一人ひとりの人が本当に人間として、人間の尊厳を認識し、お互いに大切にするようにしなければならない。そのための教会の努力は必要であると。全世界の司教協議会にはそのための部署が作られ、かつ各教区にも委員会ができ、担当司祭等が任命されております。これからの一層の努力とお祈りをしなければなりませんので、皆さんのご理解、ご協力、お祈りを切にお願いする次第あります。



一覧表に戻る