カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

教区管理者 APOSTOLIC ADMINISTRATOR



メッセージの記録一覧に戻る

松が峰教会司牧訪問



2013年10月20日 年間第29主日


カトリック松が峰教会

第1朗読 出エジプト17・8-13
第2朗読 二テモテへの手紙3・14-4・2
福音朗読 ルカ18・1-8

―祈り―

 今日は祈りについて学びたいと思います。
今日の福音で、主イエスは「気を落とさずに絶えず祈らなければならない」と教えています。
今日の福音に出てくる裁判官は「神を畏れず人を人とも思わない」(ルカ18・2)「不正な裁判官」(ルカ18・6)です。不正な裁判官でも、ひっきりなしに訴えるやもめに対し、「うるさくてかなわないから、彼女のために裁判をしてやろう」(ルカ18・5)と言って、訴えを取り上げます。もし、そうであるならば、まして限りなく正しくいつくしみ深い神が、「昼も夜も叫び求めている選ばれた人たちのために裁きを行わずにほうっておかれることがあろうか」(ルカ18・7)と言われます。わたしたちは神への信頼をこめ、忍耐して祈り続けなければなりません。この忍耐と信頼は、今日の第一朗読に出てくる、イスラエルがアマレクと戦ったときにモーセが手を上げていた、という出来事にたとえられます。

ヨハネの福音では次のように教えています。
「わたしの名によって願うことは何でもかなえてあげよう。こうして、父は子によって栄光をお受けになる。わたしの名によって何か願うならば、わたしがかなえてあげよう。」(ヨハネ14・13-14)
イエスの名前で願う、ということが大切です。イエスの名前で願うということは、イエスご自身が父に願うことと同じことになるからです。ですから、その願いは、イエスの願いにふさわしい願いでなければなりません。

使徒パウロは今日の第2朗読で言っています。
「み言葉を宣べ伝えなさい。折が良くても悪くても励みなさい。とがめ、戒め、励ましなさい。忍耐強く、十分に教えるのです。」(ニテモテ4・2)
よい状況でも悪い状況でも、み言葉を述べ伝えましょう。
祈りについてもまったく同じことが言えるでしょう。倦まず撓まずに祈らなければならないのです。

それでは、かなえられない祈りがあるでしょうか。ヤコブの手紙の中で次のように教えています。
「願い求めても、与えられないのは、自分の楽しみのために使おうと、間違った動機で願い求めるからです。」(ヤコブ4・3)
祈りの動機は自分の利益ではなく、神様の御心にかなったものでなければなりません。

 ところで先日の10月14日、札幌で司教叙階式があり、ベルナルド勝谷太一神父が札幌の司教になりました。彼の司教としてのモットーは「力は弱さの中でこそ十分に発揮される」(ニコリント12・9) です。
これは使徒パウロの言葉です。パウロには何かの弱点、何か辛いことがあったようです。彼はそれを「とげ」(2コリント12・7)と呼んでいます。彼はそれを取り去ってくださるように主に願いましたが、その願いはかなえられませんでした。主の答えは「わたしの恵みはあなたに十分である。力は弱さのなかでこそ十分に発揮されるのだ」(2コリント12・9)でした。そこでパウロは言います。「だから、キリストの力が宿るように、むしろ大いに喜んで自分の弱さを誇りましょう。・・・わたしは弱いときにこそ強いからです。」(2コリ12・9-10)
 このパウロの言葉を深く心に刻みましょう。困難に出会い、行き詰まってしまうように感じるときも、どうにもならないと感じるときも、このパウロの言葉に信頼して祈りましょう。

 今、さいたま教区は困難な状態にあります。ある意味で危機的状況、といっても過言ではありません。悪の力に打ち負かされないよう、どうか皆さん祈ってください。
皆さん、司教、司祭のために、特に祈ってください。わたしたちが誘惑に負けないように祈ってください。わたしたちが謙遜に真実を見つめ、誠実に、そして勇気を持って歩むことができますように。司教、司祭が、弱さの中に働く神の力に信頼して歩むことができますよう、どうか皆さん、祈ってください。
アーメン。


Pastoral Visit to Matsugamine Catholic Church


October 20, 2013; 29th Sunday in Ordinary Time

FIRST READING: Exodus 17:8-13
SECOND READING: 2 Timothy 3:14-4:2
GOSPEL: Luke 18:1-8

Let us learn about prayer today. In today’s Gospel, Lord Jesus teaches that we must always “pray and not lose heart”.
The judge who appears in the gospel is an “unrighteous judge” (Lk 18:6) who “neither feared God nor regarded man” (v.2). Even this unrighteous judge decided to vindicate the widow (who kept on coming to him), saying: “[B]ecause this widow bothers me, I will vindicate her” (v.5). “If so”, the Lord says, “Will not God who is most just and merciful, ‘vindicate his elect, who cry to him day and night?’”(v.7)
We must keep on praying with patience, putting our whole trust in God―like Moses in today’s First Reading, where he kept on holding up his hand while Israel fought with Am’alek.

Jesus teaches as follows in John’s Gospel: “Whatever you ask in my name, I will do it, that the Father may be glorified in the Son; if you ask anything in my name, I will do it” (Jn 14:13-14). Asking in Jesus’ name is the key to prayer; because when we ask in His name, Jesus Himself prays to the Father for us. This also means that what we ask in prayer must resonate with Jesus’ desire.

In today’s Second Reading, Apostle Paul says: “[P]reach the word, be urgent in season and out of season, convince, rebuke, and exhort, be unfailing in patience and in teaching” (2 Tm 4:2). Let us preach the Word of God whether we are in good or bad situations. We can say the same for prayer. We need to pray tirelessly.

Then, is there a prayer that cannot be answered? In the Letter of James, he teaches us: “You ask and do not receive, because you ask wrongly, to spend it on your passions” (James 4:3). The intentions of our prayers, therefore, must be in accordance with God’s Will and not for our own merits.

By the way, on 14 October, Bernard Taiji KATSUYA was consecrated as a Bishop for Sapporo Diocese. The new bishop’s motto is: “[M]y power is made perfect in weakness” (2 Cor 12:9).
These are words of Apostle Paul. Paul had a weakness or was experiencing hardships. He himself called it “a thorn” (v.7). He pleaded the Lord to remove it yet this petition was not granted. Instead, the Lord answered: “My grace is sufficient for you, for my power is made perfect in weakness” (v.9). So Paul declared: “I will all the more gladly boast of my weaknesses, that the power of Christ may rest upon me […] for when I am weak, then I am strong” (vv.9-10). Let us take these words by Paul to our hearts. Believing in these words, let us pray even at times when we experience hardships, when we feel at loss or when we feel that nothing can be done.

Now, the Saitama Diocese is in a difficult situation. In many ways, we can even call it a crisis. Please pray for the diocese that we may not be defeated by the power of evil.
My brothers and sisters, please pray especially for priests and bishops that we may not fall into temptations; that we may look at the truth with humility and walk with sincerity and courage. Please pray earnestly so that we may walk trusting in God’s power made perfect in weaknesses. Amen.



[Scripture quotations are] from The Revised Standard Version of the Bible: Catholic Edition, copyright © 1965, 1966 the Division of Christian Education of the National Council of the Churches of Christ in the United States of America. Used by permission. All rights reserved.

メッセージの記録一覧に戻る
CGI-design