カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

教区管理者 APOSTOLIC ADMINISTRATOR



メッセージの記録一覧に戻る

クリスマスと新年の挨拶



クリスマスと新年の挨拶



さいたま教区の皆様

「いつくしみの特別聖年」にあたり、クリスマスと新年のご挨拶を申し上げます。
教皇フランシスコは言われました。
「わたしたちは慈しみを生きるよう招かれています。それは、わたしたちがまず慈しみを受けているからです。」(いつくしみの特別聖年公布の大勅書『イエス・キリスト、父のいつくしみのみ顔』9)
神は、すでに、わたしたちに慈しみの恵みを注いでくださいました。その上さらに神は、日々わたしたちに聖霊を注ぎ、日々、わたしたちを新たにしてくださいます。実に神は、ご自分の息を送って、すべてを新たにしてくださいます。詩編は言います。
「あなたは御自分の息を送って彼らを創造し、地の面を新たにされる。」(詩編104・30)
新しくなるということは創造の働きであり、創造は神の霊の働きによります。神は救いの歴史を通して、日々、地上のすべてを新たにし、やがて「新しい天と新しい地」(黙示録21・1)を完成してくださいます。
昔、次の様な漢文を学びました。中国の儒教の古典『大学』の中で次のように言われています。
 「まことに日に新たに、日々新たに、また日に新たなり。」日々新たにされるためには、日々聖霊を受けなければならないのです。
日本語でケガレと言いますが、これは「気枯れ」であり、気が枯れること、という説がありますが、キリスト信者の場合は「神の霊が枯れること」ではないでしょうか。

今年が真に神の慈しみを生きる年でありますように、また主イエス・キリストの平和を実現する年でありますよう、聖霊の導き、助けを祈りましょう。

2015年12月8日 無原罪の聖マリア(特別聖年開始の日)
        
さいたま教区管理者 大司教 ペトロ 岡田武夫



Message for Christmas and the New Year 2016


To all the faithful of the Diocese of Saitama,

I wish you Happy Christmas and New Year at the opening of the Extraordinary Jubilee of Mercy!

Pope Francis says: “We are called to show mercy because mercy has first been shown to us.” (Misericordiae Vultus [Jesus Christ, the Face of the Father’s Mercy], Bull of Indiction of the Extraordinary Jubilee of Mercy, 9)
God has already poured out his grace of mercy upon us, and still, he pours out his Holy Spirit upon us every day to renew us day by day. He does send his own breath to renew all things as the Psalmist says: “When you send forth your spirit [or your breath], they are created; and you renew the face of the ground.” (Psalm 104:30, NRSVCE)
Renewal is the work of creation, and creation is done by the Spirit of God. Throughout the history of salvation God has been renewing all things on earth every day and will accomplish “a new heaven and a new earth” (Rev. 21:1, NRSVCE) in the end.

I have once read the following passage from the Great Learning, one of China’s classic works on Confucianism: “苟日新、日日新、又日新 (Truly new each day. New each and every day. Again, new each day.)” This is a good reminder that we need to receive the Holy Spirit each and every day to be created anew day by day.
Some people say that the Japanese term, “kegare (defilement),” derives from “ke (life-spirit)” and “gare (drying up).” Doesn’t it illustrate what will become of us the Christians if we dry up the Spirit of God within us instead of receiving him every day?

Let us pray to the Holy Spirit for his guidance and help so that we may truly live God’s mercy and make peace of our Lord Jesus Christ throughout this year.


8 December 2015
Solemnity of the Immaculate Conception of the Blessed Virgin Mary,
Opening of the Extraordinary Jubilee of Mercy

Archbishop Peter Takeo OKADA
Apostolic Administrator of the Diocese of Saitama


メッセージの記録一覧に戻る
CGI-design