カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

教区管理者 APOSTOLIC ADMINISTRATOR



メッセージの記録一覧に戻る

荘厳誓願式



2013年09月23日 荘厳誓願式・説教


桐生・聖クララ会修道院

誓願宣立者 汚れなき神の子羊のシスター・マリア・アグネス

第一朗読 ホセア2・16,21-22
第二朗読 黙示録22・12-14,16-17,20
福音朗読 ヨハネ15・9-17

2012年10月11日より13年11月24日までは《信仰年》であります。前教皇ベネディクト十六世は自発教令『信仰の門』のなかで、わたしたちは「信仰の創始者また完成者」(ヘブライ12・2)に目を注がなければならない、と述べています。

「創始者」の原文アルケゴスは「指導者」とも訳することができます。イエス・キリストは信仰の対象者であるだけでなく信仰の師、つまり「信仰とは何であるのか」「どのように信仰しなければならないのか」ということを教える指導者である、という意味です。信仰とは、ただイエスを見つめるだけではなく、イエスのまなざしで物事を見ること、世界をイエスの目で見つめることです。

イエスは世の光です。イエスがこの世に来たのは、イエスを信じるものが闇にとどまることなく、真理の道を歩み、永遠の命へ達するためであります。教会は「諸国民の光」(『教会憲章』1)であるキリストから光を受けて世の闇を照らします。

信仰の光とは闇の中を照らす灯火です。信仰の光は世界の闇をすべて消滅させる明かりではなく、闇の中で人がイエスの道を歩むために足元を照らす灯火であります。キリストから光を受けなければ人は闇の中でさまよわなければなりません。闇の中では、何が正しく何が間違っているのか、何が善であり何が悪であるのか、が分からなくなります。混沌とした無明の世界が闇の世界です。わたしたちはキリストからの光を受けて世を照らす灯火となるという使命を受けました。

イエスは言われました。「わたしがあなたがたを愛したように、互いに愛し合いなさい。これがわたしの掟である。」(ヨハネ15:12)この掟を守るためには、イエスがどのように愛したのか、をいつも目の当たりにしていなければなりません。

今の日本の社会は非常に世俗化の進んだ社会です。キリストの光はどこにあるでしょうか?人々は闇の中で自分の欲望に従って自分の偶像を造りだし、それを拝んでいるという状況ではないでしょうか?

日本の教会は現在大きな困難に遭遇しています。知らず知らずのうちに闇の力に屈し、キリストの光を拒んでいる部分もあると思います。

「現代の荒れ野」に生きるわたしたちは主イエスにならい、イエスをあかしする生活をしなければなりません。たとえば、質素な祈りの生活、貧しい人々への愛の証です。
東日本大震災に際して日本のカトリック司教協議会は原発の即時廃止を訴えて言いました。その中の一文を結びとして紹介します。

〈わたしたちキリスト者には、何よりも神から求められる生き方、つまり「単純質素な生活、祈りの精神、すべての人々に対する愛、とくに小さく貧しい人々への愛、従順、謙遜、離脱、自己犠牲」などによって、福音の真正なあかしを立てる務めがあります。〉

これは教皇パウロ6世の言葉の引用です。(『福音宣教』Evangelii Nuntiandi)この精神を日々の生活に反映させることができますよう、皆さんのお祈りをお願いします。


Homily at Convent of the Order of St. Clare, Kiryu


September 23, 2013; Mass of Solemn Profession of Vows

Candidate for Solemn Profession of Vows: Sr. Mary Agnes of the Immaculate Lamb of God

FIRST READING: Hosea 2:16, 21-22
SECOND READING: Apocalypse 22:12-14, 16-17, 20
GOSPEL: John 15:9-17

We have been celebrating the Year of Faith since October 11, last year until it ends on November 24, this year. In his Apostolic Letter “Motu Proprio Data PORTA FIDEI”, Pope Benedict XVI stated: ‘During this time we will need to keep our gaze fixed upon Jesus Christ, the “pioneer and perfecter of our faith” (Heb 12:2).’

The word ‘pioneer’ in the original Greek text ‘ἀρχηγός (archēgos)’ can also be translated as ‘leader’. Thus this passage means, not only is Jesus Christ the object of our faith, but He is also the teacher of our faith. Indeed, He is the leader who teaches us “what faith is” and “how to practice faith”. Faith is more than just gazing at Jesus―faith urges us to see everything through Jesus’ eyes: all the things around us and the whole world.

Jesus is the Light of the world. Jesus came to the world so that those who believe in Him may not dwell in darkness but walk the way of the Truth and come to attain eternal life. Receiving the Light of Christ, who is “the Light of nations (Lumen Gentium 1)”, the Church shines upon the darkness of this world.

Faith is a torch which gives us light in darkness. But faith is not a light which dispels our darkness; it is a lamp which gives light to our feet and accompanies us while we walk in Jesus’ path. If we do not receive this light from Christ, we are left to wander in darkness. In the darkness, we cannot know what is right or wrong, or what is good or bad; because the world of darkness is a world of chaos with absolutely no knowledge of light. In receiving the light of faith from Christ, we are, therefore also entrusted a mission to be a torch to light the whole world.

Jesus said: "This is my commandment, that you love one another as I have loved you.” (Jn 15:12) In order to keep this commandment, we need to always give witness to how Jesus loved others.

Japanese society today is a highly secular society. It seems that people make and worship idols of their own desires in the midst of darkness. Where is the light of Christ?

I believe that we, as the Catholic Church in Japan, face a big problem today. Perhaps without knowing it ourselves, we may have surrendered to the power of darkness and we deny the light of Christ to enter some parts of our lives.

However, living in “the wilderness of today”, we are called by God to imitate Christ and bear witness to Jesus through living our own faith―in our simple, prayerful life and in showing God’s love to the poor.

Since the Great East Japan Earthquake occurred, the Catholic Bishops’ Conference of Japan has been appealing to the government to immediately abolish nuclear power plants. I conclude with a verse from the published message:
“Therefore, Christians have an obligation to bear genuine witness to the Gospel especially through the ways of life expected by God: ‘simplicity of life, the spirit of prayer, charity towards all, especially towards the lowly and the poor, obedience and humility, detachment and self-sacrifice.’”

This is actually a quote from Pope Paul VI’s words (from Evangelii Nuntiandi). Let us pray together so that we may be able to demonstrate the same spirit in our daily life.



[Scripture quotations are]from The Revised Standard Version of the Bible: Catholic Edition, copyright © 1965, 1966 the Division of Christian Education of the National Council of the Churches of Christ in the United States of America. Used by permission. All rights reserved.

メッセージの記録一覧に戻る
CGI-design