カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

教区管理者 APOSTOLIC ADMINISTRATOR



メッセージの記録一覧に戻る

世界宣教の日を迎えて



2015年10月18日 『世界宣教の日』を迎えて Message for World Mission Day 2015


カトリックさいたま教区の皆さん、『世界宣教の日』に当たり挨拶を送ります。

イエス・キリストの弟子は皆、福音宣教するように招かれています。復活したイエスは弟子たちに言われました。「あなたがたは行って、すべての民をわたしの弟子にしなさい。」(マタイ28・18) この言葉は今の教会のメンバーであるわたしたちにも向けられています。
このメッセージを聞くあなたも福音宣教者です。きょうは、自分はどのように福音宣教できるか、ということを考えてみてください。そのためにヒントとなるようにと考えて、今日は皆さんに以下の二つの問いかけを送ります。
1. あなたにとってイエス・キリストはどんな方ですか。
イエス・キリストの弟子とはどんな人でしょうか。それはイエス・キリストを信じ、イエス・キリストに従って生きる人です。
それでは、イエス・キリストを信じるとはどういうことでしょうか。キリストに従って生きる、とはどんなことでしょうか。わたしたちは自分の言葉と行動で、自分の信仰、イエス・キリストへの信仰をどのように現し伝えることができるのでしょうか。
福音宣教者は、借り物でない、自分の言葉と行動で、自分の信仰を表現し伝達する人でなければなりません。信じていることを自分の言葉にし、信じていることを生活のなかで実行する人でなければなりません。自分の口にする信仰の表現の深い意味を絶えず探究する人であるはずです。信仰の理解と表現は人によって異なる部分があります。しかし自分の信仰を表現し、また同時にほかの人の信仰告白の言葉に学ぶことも大切であると思います。
2. あなたにとって特に心に響く聖句と祈りは何でしょうか。
毎日聖書を読み、祈りをささげていますね。この機会に、深く心に響く聖書の言葉、あるいは祈りの文言な何であるか、を確認することも大切です。
ちなみにこのわたしの場合、今の時点で、特に心に強く感じる聖句と祈りの文言を以下に記します。
すべてを愛おしまれる神。
「あなたは存在するものすべてを愛しお造りになったものを何一つ嫌われない。憎んでおられるのなら、造られなかったはずだ。あなたがお望みにならないのに存続し、あなたが呼び出されないのに存在するものが果たしてあるだろうか。 命を愛される主よ、すべてはあなたのもの、あなたはすべてをいとおしまれる。」(知恵の書11・24-26)
悪に打ち勝つよう祈る祈り。
「いつくしみ深い父よ、すべての悪からわたしたちを救い、現代に平和をお与えください。あなたのあわれに支えられ罪から解放されて、すべての困難にうち勝つことができますように。わたしたちの希望、救い主、イエス・キリストが来られるのを待ち望んでいます。」(ミサ中主の祈りの副文)

2015年10月18日、さいたま教区管理者  ペトロ 岡田武夫

Message for World Mission Day 2015

Brothers and sisters in the Catholic Saitama Diocese, greetings on the occasion of World Mission Day.

Every disciple of Jesus Christ is called to evangelize. The risen Jesus said to his disciples: “ Go therefore and make disciples of all nations.” (Matthew 28:19) These words of his are also meant for us, the members of today’s Church.

You, who are listening to this message now, are an evangelizer too. Today, think of how you can evangelize. As a way to consider it, I’m asking you the following two questions:

1. Who is Jesus Christ to you?

Who are disciples of Jesus Christ? They are the ones who believe in Jesus Christ and live according to Jesus Christ.

What, then, does it mean to believe in Jesus Christ? What does it mean to live according to Christ? How can we express and transmit our faith in Jesus Christ in our own words and deeds?

Evangelizers must be those who express and transmit their faith in their own words and deeds, not in borrowed ones. They must put what they believe into words of their own and put what they believe into practice in their lives. They should be ongoing seekers for deep meaning of the expression of faith through their own words. There are some differences in understanding and expressing faith among people. However, I think it is important to express your faith and at the same time learn from the words of confession of faith expressed by other people.

2. What particular Scripture verses and prayers inspire you?

I assume you read the Holy Bible and pray daily. On this occasion of World Mission Day, it is also important to identify what Scripture passages or prayers deeply resonate with you.

As for me, the following are the Scripture passage and prayer that strongly inspire me at this point.

God who loves all things:
“For you love all things that exist,
and detest none of the things that you have made,
for you would not have made anything if you had hated it.
How would anything have endured if you had not willed it?
Or how would anything not called forth by you have been preserved?
You spare all things, for they are yours, O Lord, you who love the living.”
(The Book of Wisdom 11:24-26)

Prayer to overcome evil:
“Deliver us, Lord, we pray, from every evil, graciously grant peace in our days, that, by the help of your mercy, we may be always free from sin and safe from all distress, as we await the blessed hope and the coming of our Savior, Jesus Christ.” (Embolism[subsection prayer] after the Lord’s Prayer at Mass)

October 18, 2015

Archbishop Peter Takeo OKADA
Apostolic Administrator of Saitama Diocese






メッセージの記録一覧に戻る
CGI-design