カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

教区管理者 APOSTOLIC ADMINISTRATOR



メッセージの記録一覧に戻る

前橋教会司牧訪問



2013年9月22日 年間第25主日


カトリック前橋教会

第一朗読 アモス8・4-7
第二朗読 一テモテ2・1-8
福音朗読 ルカ16・1-13 

きょうの第二朗読でパウロは言っています。
「神はすべての人が救われて真理を知るようになることを望んでおられます。神は唯一であり、神と人との仲介者も、人であるキリスト・イエスただ一人です。」(1テモテ2・4-5)

ここでは二つの重要な命題が述べられています。第一命題は、神はすべての人が救われることを望んでいる、ということです。第二の命題は、神と人の仲介者はイエス・キリストただ一人である、ということです。これは、「イエス・キリストによらなければ救いはない」という命題と同じ主張であると言えましょう。

それでは、キリスト教以外の宗教の信者、あるいは無神論の人は救われることはないのでしょうか?その生涯の間にイエス・キリストを知る機会に恵まれない人々は救われないのでしょうか?神はすべての人が救われることを望んでいるなら、キリストを知らない人をも救ってくださるではないだろうか?このような疑問が生じます。

第二ヴァチカン公会議はこの疑問に一つの回答を与えました。
「事実、キリストはすべての人のために死んだのであり、人間の究極的召命は実際にはただ一つ、すなわち神的なものである。したがって、われわれは神だけが知っている方法によって、聖霊が復活秘義にあずかる可能性をすべての人に提供すると信じなければならない。」(『現代世界憲章』22番)

今日の福音のたとえは「不正の管理人」の話です。イエスのたとえにしばしばわたしたちは困惑しますが、きょうのたとえ話もその一つです。とは言え、わたしは、この「わかりにくい」という点が大事だと思います。

イエスは言われた。「不正にまみれた富で友達をつくりなさい。そうすれば、金がなくなったとき、あなたは永遠の住まいに迎え入れてくれる。」(ルカ16・9)イエスの真意はどこにあるのでしょうか?

「あなたがたは、神と富とに仕えることはできない」(ルカ16・13)ともイエスは言われました。富への執着、貪欲を厳しく諌めています。今日の第一朗読、アモスの預言も「貧しい者を靴一足の値で買い取る」という暴挙を告発しています。

地上の富というものは何らかの不正にかかわっているのではないでしょうか。大事なことは、自分が預かっている富を神の国のために活かして使う、ということです。決して不正な富自体を認めているわけではありません。

神はすべての人の救いを望んでいます。神は救いの機会をすべての人に与えます。しかし、心にしっかり刻み付けるべきことは、神はそれぞれの人に生涯の責任を問う、ということです。地上を去る時に自分の富で何をしたのか、が問われるのです。心して自分の富を神の国のために使いたいものです。

わたしたちの神は憐み深い神、すべての人が救われることを望み、すべての人にイエスの過ぎ越しの神秘に与る機会を与えてくださる。その神が与えてくださる機会にわたしたちは神への応答をしなければならないのです。その応答の中に、自分に与えられた資産と能力を何のために、どう使ったのか、ということが含まれているとわたくしは思います。

わたしたちが、誠実に神に仕えて生涯を全うすることができますよう、聖霊の導きを祈りましょう。


Homily at Maebashi Catholic Church


September 22, 2013; 25th Sunday in Ordinary Time

FIRST READING: Amos 8:4-7
SECOND READING: I Timothy 2:1-8
GOSPEL: Luke 16:1-13

In today’s Second Reading, Paul says that God “desires all men to be saved and to come to the knowledge of the truth. For there is one God, and there is one mediator between God and men, the man Christ Jesus […].” (1Tm 2:4-5)

Here, two important propositions are stated: 1) God wants all to be saved and; 2) Jesus is the only mediator between God and humanity, in other words, salvation can be granted only through Jesus Christ.

So, can believers of other religions and can atheists be saved? How about people who have not had a chance to know Jesus Christ? If God wants ALL to be saved, does He not also save those who do not know Him? These questions may come up in our minds when we read this passage.

The Second Vatican Council gave an answer to these questions:
“For, since Christ died for all men, and since the ultimate vocation of man is in fact one, and divine, we ought to believe that the Holy Spirit in a manner known only to God offers to every man the possibility of being associated with this paschal mystery.” (GAUDIUM ET SPES 22, Pastoral Constitution on the Church in the Modern World)

Today’s Gospel is a parable of a dishonest steward. Sometimes Jesus’ parables puzzle us and this one may also do the same. However, I think the “incomprehensibility” of this story is important to us. Jesus said: “make friends for yourselves by means of unrighteous mammon, so that when it fails they may receive you into the eternal habitations.” (Lk 16:9) What does He truly mean by these words?

He also said, “You cannot serve God and money.” (Lk 16:13) Here, Jesus warns us strictly against being obsessed with wealth and greed. In today’s First Reading, Prophet Amos also accuses the cruel exploiters who “buy the poor for money and the needy for a pair of sandals.”

I believe that wealth is somehow always tied to injustice. While, Jesus never approved of dishonestly made wealth, God is urging us to make full use of wealth entrusted to us for the Kingdom of God.

God wishes everyone to be saved and gives all a chance to be saved. However we must remember deep in our hearts that we will be held responsible for our words and deeds at the end of our earthly life. We will be questioned as to what we have done with our wealth when we leave this world. Therefore, we must use our wealth very carefully for the Kingdom of God.

Our God is the God of Mercy; that is why He wants to save everyone and gives all a chance to share in the Paschal Mystery of Jesus. When that happens, we must respond sincerely to this merciful God. Answering His Call also means we must answer Him how we have used our wealth and abilities that were endowed by God.

Let us pray that the Holy Spirit may guide us so we may wholeheartedly dedicate our life to God as His servants. Amen.



[Scripture quotations are] from The Revised Standard Version of the Bible: Catholic Edition, copyright © 1965, 1966 the Division of Christian Education of the National Council of the Churches of Christ in the United States of America. Used by permission. All rights reserved.

メッセージの記録一覧に戻る
CGI-design