カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

教区管理者 APOSTOLIC ADMINISTRATOR



メッセージの記録一覧に戻る

今市・日光教会司牧訪問



2015年 2月15日 今市・日光教会司牧訪問 年間第6主日


第一朗読 創世記3・16-19
第二朗読 一コリント10・31-11・1
福音朗読 マルコ1・40-45

今日のマルコの福音は、
「重い皮膚病を患っている人が、イエスのところに来てひざまずいて願い、 『御心ならば、わたしを清くすることがおできになります』と言った」
(マルコ1・40)と述べています。
「重い皮膚病」とは以前、「らい病」あるいは「レプラ」「ハンセン病」などと呼ばれていた病気を指していました。旧約聖書の原文は「ツァラアト」という単語です。しかしこのような表現は差別の意味を含んでいることが指摘されました。また原文の「ツァラアト」は現代で言うハンセン病とは同じではない、とも考えられ、現在の新共同訳では「重い皮膚病」と訳されています。「重い皮膚病」の人は「汚れた者」とされて隔離され、最も忌み嫌われる存在とされていました。
レビ記は伝えています。
「 重い皮膚病にかかっている患者は、衣服を裂き、髪をほどき、口ひげを覆い、「わたしは汚れた者です。汚れた者です」と呼ばわらねばならない。この症状があるかぎり、その人は汚れている。その人は独りで宿営の外に住まねばならない。」(レビ13・45-46)*
人間は他の人とのつながりで人間として存在しえます。人のかかわりを一切遮断され、排斥され嫌悪されている人の苦悩は如何ばかりでしょうか。そのような思いを抱いた重い皮膚病の人がイエスに近づきました。それは大きな勇気と信頼をこめての行動であったと思います。
「イエスが深く憐れんで、手を差し伸べてその人に触れ、『よろしい。清くなれ』」と言われると、たちまち重い皮膚病は去り、その人は清くなった。」
(マルコ1・41-42)*
「深く憐れむ」は福音書の他の箇所にも出てくる深い同情を表す言葉(スプラングニゾマイ)です。イエスの深い憐れみは父である神の深い憐れみそのものを現しています。神は憐れみ深い神です。イエスのこの行為は、自分のことを忘れて人の苦しみに共感する神の愛の発露を現しています。
今日の第二朗読でパウロは「あなたがたは、・・・何をするにしても、すべて神の栄光をあらわすためにしなさい」と言っています。
「神の栄光を現す」とは何でしょうか。それは神の慈しみを現し伝えることではないか、と思います。重い皮膚病の人は、人間の尊厳を踏みつけにされ、共同体の一員としての扱いを否定され、社会の外に排斥されていた人でした。この人が、勇気を出し、イエスへの深い信頼をこめて、あえてイエスに近づき、「清くされる」という癒しの惠みを願ったのです。そしてすぐにイエスはこの汚れた人とされたこの人に触れ、この人を癒したのでした。
原罪に汚れたわたしたちの人間性は神の栄光ではなく、自分の栄光を求めてしまいます。わたしたちは、実は心中、自分の栄光を求めているのです。
重い皮膚病の人の蒙った深刻な苦悩はどうして生じたのでしょうか。人類の間にあるこの亀裂はどうして生じたのでしょうか。創世記3章は、アダムとイブの罪の結果を物語ります。病気と差別という人類の深刻な問題は人と神のとの関係の乱れから生じたと、創世記は伝えているようです。
主イエスは罪と悪に彩られ覆われている世界を新たにし、人々を新たに生まれ変わらせるためにこの世に来られました。イエスは自分のすべてを捨てて深い共感をもって苦しみ悩み迷う人々に寄り添います。「清くなれ」と言われてきよめられた重い皮膚病の人の喜びにわたしたちも加わり、その喜びを多くの人々に伝えなければならない、と強く感じます。


*レビ記の関連箇所は以下の通りです。レビ記13・1-2,44-46
13:1 主はモーセとアロンに仰せになった。
13:2 もし、皮膚に湿疹、斑点、疱疹が生じて、皮膚病の疑いがある場合、その人を祭司アロンのところか彼の家系の祭司の一人のところに連れて行く。
13:44 その人は重い皮膚病にかかっており、汚れている。祭司はその人に「あなたは確かに汚れている」と言い渡す。頭部にこの症状が出ているからである。
13:45 重い皮膚病にかかっている患者は、衣服を裂き、髪をほどき、口ひげを覆い、「わたしは汚れた者です。汚れた者です」と呼ばわらねばならない。
13:46 この症状があるかぎり、その人は汚れている。その人は独りで宿営の外に住まねばならない。


メッセージの記録一覧に戻る
CGI-design