カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

教区管理者 APOSTOLIC ADMINISTRATOR



メッセージの記録一覧に戻る

春日部教会司牧訪問



2015年1月18日 年間第二主日 B年


カトリック春日部教会

第一朗読 サムエル上3・3b-10,19
第二朗読 一コリント6・13c-15a,17-20
福音朗読 ヨハネ1・35-42

―わたしたちへの召命とは―

年間第二主日の三つの聖書朗読に共通している主題は「召命」ということです。神様はすべての人に呼びかけ、応答を求めています。神様の呼びかけを聞き、それに応える、ということがわたしたちの生き方の基本であります。

今日のヨハネの福音では、最初の弟子たち、ペトロ、アンデレ、ヨハネの召命が告げられています。彼らの一生はこのイエスとの出会いによって決められました。後日この出会いの日を懐かしく思い出したことでしょう。

第一朗読はよく知られている、少年サムエルの美しい召命の話です。神は神殿で神にささげられた少年サムエルに呼びかけます。神は少年サムエルに呼びかけましたが、サムエルは、それが神の呼びかけであるとは気がつきませんでした。四度目の呼びかけに対してサムエルは祭司エリの言葉に従い、「どうぞお話ください。僕は聞いております」と答えました。このサムエルの言葉がわたしたち信者のあるべき態度です。

また第二朗読でパウロは言います。
「みだらな行いを避けなさい。・・・あなたがたの体は、神からいただいた聖霊の宿る神殿であり、あなたがたはもはや自分人のものではないのです。あなたがたは、代価を払って買い取られたのです。自分の体で神の栄光を現しなさい。」(一コリント6・18-20)

パウロによれば、わたしたちの召命は「体で神の栄光を現す」ということです。パウロは、体でみだらな行いをして聖霊の神殿である自分の体を汚すことがあってはならない、と言っています。
 
「親の心子知らず」ということわざがあります。わたしたちは天の父の思いをどれだけ分かっているでしょうか。あまり分かっていないような気がします。

召命とは神の呼びかけです。神の呼びかけ自体をわたしたちはどのように理解しているのかが、問題です。神様が何を望んでおられるのか、サムエルのように、何度も何度も神様の呼びかけに耳を傾けなければなりません。人の声に耳を傾けることは易しくはありません。まして神様の声にきき従うとは大変なことです。「体で神の栄光を現す」とは何であるのか、しみじみ考え祈り求めるべき課題です。

わたしたちは個人としてだけでなく教会としても、神の呼びかけに応える子としての生き方を選ばなければなりません。その生き方とはいわば、闇の中にキリストの光、復活の光を灯すということにたとえられると考えます。

困難な状況の中でわたしたちさいたま教区は多国籍・多文化共生の教区として、互いの文化の違いを認め受入れ合い尊重しながら成長していかなければなりません。この春日部教会は、まさに多国籍・多文化共生の教会の見本であります。子どもが多く、みな元気です。明日の教会を築くのは多文化共生の教会の、今の子どもたちです。ここのわたしたちの希望があります。

「クリスマスと新年の挨拶」として皆さんに贈った言葉から引用します。
「あなたがたの神はどこにいるのか」という嘲りを受ける思いがしてくる現実が今の世界に存在します。不毛、絶望、暗闇の中に置かれている思いがすることがあります。しかし、その闇の中にキリストの復活の光がともっています。この大地にはすべての人を生かす神の力が宿っています。キリストは闇に打ち勝ち、わたしたちへ絶えず光と力を与えてくださいます。その日がくると、「水が海を覆っているように、大地は主を知る知識で満たされる」のです。

 皆さんの明るい元気な姿と働きによって現代日本社会を照らし、人々へ希望の光を届けるよう、がんばってください。 


Pastoral Visit to Kasukabe Catholic Church


January 18, 2015; Second Sunday in Ordinary Time, Cycle B

FIRST READING: 1 Samuel 3:3b-10, 19
SECOND READING: 1 Corinthians 6:13c-15a, 17-20
GOSPEL: John 1:35-42

What is our vocation?

The theme common to all the Scripure readings today is “vocation”. God calls everyone and urges a response from us. To listen to God’s calling and to answer Him is the heart of our Christian life. In today’s Gospel from John, the author depicts the calling of the first disciples Peter, Andrew and John. The encounter with Jesus made their whole life turn around. They must have fondly recalled this life-changing day some years later.

The first reading is the beautiful well-known story of the calling of the boy Samuel. In the temple, God called the child Samuel who was consecrated to God. When God called Samuel, the boy did not realise it was God. For the fourth time God called therefore, Samuel finally anwswered in the words that priest Eli told him to say: “Speak, for thy servant hears.” (1 Sam 3:10) The words of Samuel must become our attitude as Christians.

In the Second Reading, Paul says: “Shun immorality. [Y] our body is a temple of the Holy Spirit within you, which you have from God [.] You are not your own; you were bought with a price. So glorify God in your body.” (1 Cor 6:18-20)

According to Paul, our vocation is to “show God’s glory in our bodies”. Paul says that we must not defile our own bodies with immoral acts since the body is the temple of God.

There is a Japanese saying “Oya no kokoro, Ko shirazu (No child knows the depth of his parents’ love for him.)”. I wonder how much we know about the love of our Father in heaven. Perhaps we barely know the depth of His love.

Vocation is the calling from God. In the first place, it is important to ask ourselves if we have really understand the meaning of God’s calling. To know the will of God, we must try to listen to God’s voice, again and again, like Samuel. It is not easy to listen to other people. Perhaps even more so with listening to and obeying the Divine will. It is our task to quietly ponder upon and pray over the essence of the Biblie verse: “show God’s glory in our bodies”.

We must choose the way of God’s children who are invited to answer Him -- not only as individuals but also as members of the Church. Such a way of living kindles the light of Christ, the light of Resurrection amidst darkness.
 
Even in difficulties, the Saitama Diocese must grow as a multinational and multicultural diocese through recognising, accepting and respecting the differences between cultures. I believe Kasukabe parish is the very example of the Church where people of many nations and cultural backgrounds come together in harmony. I see that you have many children here and they all look full of spirit. These children from the multiculral Church will be the ones building the Church of tomorrow. How this gives us hope!

I will conclude this homily with a quote from my Christmas and New Year’s Message:

In this world, there are times when we hear these rebukes: “Where is your God?” There are times when we find ourselves in the midst of fruitlessness, despair and darkness. But even in the midst of darkness, the light of Christ’s Resurrection shines. The earth is filled with the power of God that makes all people live. Christ conquered death and he continues to always give us light and strength. When that day comes, “the earth shall be full of the knowledge of the LORD as the waters cover the sea.” (Is 11:9)

With your liveliness and your diligent work, please strive to shed light upon the Japanese society today. Please bring the light of hope to whomever you meet.



[Scripture quotations are] from The Revised Standard Version of the Bible: Catholic Edition, copyright © 1965, 1966 the Division of Christian Education of the National Council of the Churches of Christ in the United States of America. Used by permission. All rights reserved.

メッセージの記録一覧に戻る
CGI-design