カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

教区管理者 APOSTOLIC ADMINISTRATOR



メッセージの記録一覧に戻る

クリスマスと新年のあいさつ





2014年「司牧者の集い」に感謝して


―クリスマスと新年の挨拶に代えて―

さいたま教区の兄弟姉妹の皆さん、

今年の「司牧者の集い」は12月2日の派遣のミサで終わり、それぞれ皆家路につきました。派遣の ミサで述べました説教を思い起こしながら、クリスマスと新年への挨拶をかねて、このメッセージを送ります。

派遣のミサの第一朗読はイザヤ書11章でした。その日が来ると「水が海を覆っているように、大地は主を知る知識で満たされる」 (イザヤ11・9) という一節に強く惹かれます。「主を知る」とどうなるのでしょうか。「主を知る」とは聖霊の恵みを豊かに受けることだと思います。イザヤ書は、エッサイの株から萌え出る芽、その根から育つ若枝の上に、主の霊がとどまる(同11・1-2参照)と述べています。主の霊とは「知恵と識別の霊/思慮と勇気の霊/主を知り、畏れ敬う霊。彼は主を畏れ敬う霊」 (同11・2-3)です。 (ちなみに、この7つの主の霊の賜物は堅信の秘跡によって授けられる聖霊の7つの賜物に当たります。)
人が「主を知る」とは主の霊を受けることです。やがていつか誰でも人はこの主の霊に満たされるときが来る、とイザヤは述べていると思います。また「大地が主を知る」とどうなるのでしょうか。イザヤは述べています。

「狼は小羊と共に宿り/豹は子山羊と共に伏す。子牛は若獅子と共に育ち/小さい子供がそれらを導く。牛も熊も共に草をはみ/その子らは共に伏し/獅子も牛もひとしく干し草を食らう。乳飲み子は毒蛇の穴に戯れ/幼子は蝮の巣に手を入れる。 わたしの聖なる山においては/何ものも害を加えず、滅ぼすこともない。」 (同11・6-9)

この世界は弱肉強食の世界、しかし、そのときがくれば、すべてのものは互いに受け入れ合い、助け合い、親しみ合い、生かし合うのです。生きとし生けるものの間に偉大な調和と平和が実現します。すばらしい風景です。

教皇フランシスコの教え 『福音の喜び』 は、しばしば〈喜び〉について述べます。ルカの福音は告げています。

そのとき、イエスは聖霊によって喜びにあふれて言われた。「天地の主である父よ、あなたをほめたたえます。これらのことを知恵ある者や賢い者には隠して、幼子のような者にお示しになりました。 そうです、 父よ、これは御心に適うことでした。 すべてのことは、父からわたしに任せられています。父のほかに、子がどういう者であるかを知る者はなく、父がどういう方であるかを知る者は、子と、子が示そうと思う者のほかには、だれもいません。」(ルカ10・21-22)

イエスの喜びは聖霊による喜びでした。それは「父を知る喜び」「父に愛されている喜び」でした。父なる神は慈しみと愛の神です。慈しみと愛を知る喜びは聖霊による喜びでした。

わたしたちはイエスが言うところの「父がどういう方であるかを示していただいた者」であります。わたしたちはイエスを通して、父の愛を知りました。父が愛であることを知りました。弱いわたし、罪深いわたしを受け 入れ、赦し、認め、生かしてくださるかた、慈しみと愛の神です。この愛は御子イエス・キリストによって、まったきかたちで示されました。

父なる神よ、どうかこの信仰をより確かなものにしてください。より深いものにしてください。そのために、聖霊をお遣わしください。これがわたしたちの心からの祈りです。

「あなたがたの神はどこにいるのか」という嘲りを受ける思いがしてくる現実が今の世界に存在します。不毛、絶望、暗闇の中に置かれている思いがすることがあります。しかし、その闇の中にキリストの復活の光がともっています。この大地にはすべての人を生かす神の力が宿っています。キリストは闇に打ち勝ち、わたしたちへ絶えず光と力を与えてくださいます。その日がくると、「水が海を覆っているように、大地は主を知る知識で満たされる」のです。

まもなく主の降誕を祝い、また神の母聖マリアの祭日(元旦)を迎えます。聖霊による喜びの日、 神の慈しみを喜び祝う日であります。

さいたま教区の皆さん、どうか恵み深いクリスマスをお迎えください。
来る2015年は広島・長崎原爆投下70周年の年です。「主を知る恵み」が世界に満ち溢れ、核兵器のない世界が実現しますよう祈り、そのために力を合わせて働きましょう。病気の人、困難に遭っている人を主の霊が支え導き励まし助けてくださいますように。



2014年12月3日、聖フランシスコ・ザビエル司祭の日

さいたま教区管理者 ペトロ 岡田武夫


Archbishop’s Message for Christmas and the New Year 2015


In thanksgiving for the Annual Assembly of Pastoral workers 2014


To all the faithful of the Saitama Diocese,

On December 2, the Annual Assembly of Pastoral workers ended with a Mass before the pastoral workers went home. By recalling the homily I gave in the Assembly, I would like to make it a message for you as a greeting for Christmas and the New Year.

The First Reading was from the Book of Isaiah, Chapter 11. The following passage captured my heart: When the day comes, “the earth shall be full of the knowledge of the LORD as the waters cover the sea.” (Is 11:9) What will become of a man when he “knows the LORD”? ―He shall receive abundantly the graces of the Holy Spirit. Isaiah speaks of the Spirit of the LORD resting upon the shoot from the stump of Jesse and upon the branch that shall grow out of it. (v. 1-2) The Spirit of the Lord is “the spirit of wisdom and understanding, the spirit of counsel and might, the spirit of knowledge and the fear of the LORD”. (v. 2-3) (By the way, these are the seven gifts of the Spirit of the Lord the faithful receive in the Sacrament of Confirmation.) To “know the LORD” means to receive the Spirit of the LORD. Isaiah is conveying to us that someday, every man will be filled with the Spirit of the Lord.

So, what happens when “the earth shall be full of the knowledge of the LORD”? Isaiah prophesies:  

The wolf shall dwell with the lamb, and the leopard shall lie down with the kid, and the calf and the lion and the fatling together, and a little child shall lead them. The cow and the bear shall feed; their young shall lie down together; and the lion shall eat straw like the ox. The sucking child shall play over the hole of the asp, and the weaned child shall put his hand on the adder’s den. They shall not hurt or destroy in all my holy mountain.” (V. 6-9)

This is the world of the “survival of the fittest” but when the day comes, all the creatures shall accept, help and befriend each other; they shall live to let others live. Among all the living creatures, great harmony and perfect peace shall be established. What a splendid sight it shall be!

Pope Francis often speaks of ‘joy’ in his Apostolic Exhortation EVANGELII GAUDIUM. The Gospel of Luke says the following:

In that same hour he rejoiced in the Holy Spirit and said, “I thank thee, Father, Lord of heaven and earth, that thou hast hidden these things from the wise and understanding and revealed them to babes; yea, Father, for such was thy gracious will. All things have been delivered to me by my Father; and no one knows who the Son is except the Father, or who the Father is except the Son and any one to whom the Son chooses to reveal him.” (Lk 10:21-22)

Jesus’ joy came from the Holy Spirit. It was the joy “to know the Father” and the joy “to be loved by the Father”. God the Father is the God of mercy and love. The joy to know the mercy and love was the work of the Holy Spirit.

We are what Jesus calls “those who were revealed the knowledge of the Father”. Through Jesus, we came to know the love of the Father. We came to know that our Father is love. He is the God of mercy and love who accepts, forgives, acknowledges and gives life to us who are weak and sinful. Such love was fully manifested by Jesus Christ, His Only Son.

God our Father, send us the Holy Spirit to strengthen our faith; make us pious. This is the prayer of our hearts.

In this world, there are times when we hear these rebukes: “Where is your God?” There are times when we find ourselves in the midst of fruitlessness, despair and darkness. But even in the midst of darkness, the light of Christ’s Resurrection shines. The earth is filled with the power of God that makes all people live. Christ conquered death and he continues to always give us light and strength. When that day comes, “the earth shall be full of the knowledge of the LORD as the waters cover the sea.” (Is 11:9)

Soon, we are going to celebrate the birth of our Lord and the Feast of the Mother of God (1st of January). These are days to rejoice and celebrate the joy of the Holy Spirit and God’s mercy.

To all the Faithful of the Saitama Diocese, I pray that your Christmas will be filled with many graces.

The coming year 2015 is the 70th Anniversary of the droppings of atomic bombs on Hiroshima and Nagasaki. Let us pray and work together so that the world will be filled with the “knowledge of the Lord” and a place free of nuclear weapons.

I especially pray for the sick and needy so that the Spirit of the Lord may support, guide, encourage and help them.



3 December, 2014
Feast day of St. Francis Xavier

Archbishop Peter Takeo OKADA (Tokyo Archdiocese)
Apostolic administrator of Saitama Diocese

メッセージの記録一覧に戻る
CGI-design