カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

教区管理者 APOSTOLIC ADMINISTRATOR



メッセージの記録一覧に戻る

館林教会司牧訪問



2014年12月 25日(日) 主の降誕


カトリック館林教会 (洗礼式)

第一朗読 イザヤ52・7-10
第二朗読 ヘブライ1・1-6
福音朗読 ヨハネ1・1-18

 「言は肉となって、わたしたちの間に宿られた。」(ヨハネ1:14)

永遠の神はわたしたちとおなじ人間となり、弱く滅び行く脆い肉体をとられたのでした。それがナザレのイエスです。そのイエスは「神よりの神、光よりの光、まことの神よりのまことの神」であるとわたしたちは信じています。

イエス・キリストは弟子たちの上にご自分の霊である聖霊を注ぎ、教会を創設しました。わたしたち日本の教会も聖霊の働きによって生まれ、働いています。

ナザレのイエスはユダヤ人でした。ユダヤの伝統と文化の中で人間として生ききました。わたしたちの課題は、今の日本という状況の中で、外国から移住して来られたとともに、ナザレのイエスが『今ここにいたらどう生き、なにを言い、何を行うか』ということを、祈り求めることだと思います。

 実はこれが日本におけるわたしたちの教会の課題、インカルチュレーションInculturationということです。イエスを『今のここでの文化と状況で、現し伝える』ことがインカルチュレーションInculturationです。今、わたしたちは多文化・多民族の環境と状況に生きています。そこで、『今ここでナザレのイエス』を『今ここで現し生きる』という課題がわたしたち多国籍教会の課題であるというべきでしょう。

その鍵になることは、神の愛の実行です。愛という言い方は聖書の愛を正確に伝えていないという意見もありますが、愛とはどういうことかを絶えずわたしたちは探し求め祈り求めて実行すればいいのです。

愛は一言では言い表せません。
―愛は人を大切にすることです。
では「人を大切にする」とははどうすることでしょうか。

たとえば、次のような聖書の勧めがあります。
―悪い言葉を一切口にしないで、聞く人に恵みが与えられるように、その人を造り上げるのに役立つ言葉を、必要に応じて語ること。(エフェソ4・29)

 イエスは永遠のみ言葉、人となった神です。
イエスに倣い、わたしたちは、まず自分の日々の言葉において罪を犯さないように、人を傷付けないように注意し、また言葉によって人を助け励ますようにしたいと思います。言葉のよって人を助け励まし慰め癒す存在でありたいと思います。よい言葉を使うならば言葉は人を生かし、また人を神の愛を行う人ヘ造り上げてくれます。またよい言葉は自分自身をきよめ、自分自身をも神に向けて造ります。

祝福とはよい言葉を話すことです。ラテン語で祝福するとはbenedicereですが、これはよい言葉を話すことです。よい言葉を使うように致しましょう。

皆さん、今日はこれから新井さんが洗礼を受けまた堅信の秘跡を受けられます。新井さんがいつも祝福を受け、また人を祝福する人として、キリストの道を歩まれるよう、そのために聖母の助けがありますよう、祈ってください。


The Nativity of the Lord - Feast


Tatebayashi Catholic Church (Baptism)
Thursday, December 25, 2014

FIRST READING: Isaiah 52: 7-10
SECOND READING: Hebrew 1:1-6
GOSPEL: John 1:1-18

“The Word became flesh and dwelt among us.” (Jn 1:14)

The eternal God became man just like us; he took the frail, mortal flesh. This is our Jesus of Nazareth. We believe that this Jesus is the “God from God, Light from Light, true God from true God”.

Jesus Christ poured out the Holy Spirit―his own Spirit, upon his disciples and built the Church. By the work of the Holy Spirit, our Church in Japan was also born and the Spirit continues to sustain and animate us.

Jesus of Nazareth was a Jew. He lived as a man in the Jewish tradition and culture. We were born and grew up in the Japanese culture (although many of us are not Japanese). I wonder what Jesus of Nazareth would say and do if he were to be born here today; I wonder how he would live his life.

This is indeed the task of the Church in Japan today: inculturation. Inculturation means that we express and convey Jesus in the context of contemporary culture. Of course, we are living in a multicultural and multi-ethinic environment. Therefore, it is our task to “express Jesus of Nazareth here and now” in our life.

The practice of God’s charity is the key to that attitude. I know some would say that the word “love” does not fully convey the ‘love’ expressed in the Bible. Still, we must keep trying our best to love, by praying and seeking to understand what love really is. Love cannot be expressed with just a few words.

--‘Love’ is to take good care of others.
Then, what does it mean to ‘take good care of the other’?

--“Let no evil talk come out of your mouths, but only such as is good for edifying, as fits the occasion, that it may impart grace to those who hear.” (Eph 4:29)

Jesus is the Logos, the Eternal ‘Word Incarnate’, the God who became man. By imitating Jesus, let us try not to commit any sins with our words; let us not hurt others but encourage and help them. Let us become people who can help, encourage and heal others with words. If we use good words, words make us alive; words create us anew to become workers of God’s love; words cleanse us and make us turn to God.

Blessing means speaking good words. “Blessing” in Latin is ‘benedicere’ and it means “to speak good words”. Let us try to use good words.

Today, Mr. Arai is going to be baptized and confirmed. Please pray for Mr. Arai so that he may always be blessed with many graces. May he walk the way of Christ as a man who “blesses” others. Let us pray for the help of our Blessed Mother.



[Scripture quotations are] from The Revised Standard Version of the Bible: Catholic Edition, copyright © 1965, 1966 the Division of Christian Education of the National Council of the Churches of Christ in the United States of America. Used by permission. All rights reserved.

メッセージの記録一覧に戻る
CGI-design