カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

教区管理者 APOSTOLIC ADMINISTRATOR



メッセージの記録一覧に戻る

浦和教会司牧訪問



2013年9月8日 年間第23主日


カトリック浦和教会

第一朗読 知恵9・13-18
第二朗読 フィレモン9b-10,12-17
福音朗読 ルカ14・25-33

浦和教会の皆さん、そしてさいたま教区の皆さん、

きょうは、わたくしがさいたま教区の使徒座教区管理者に任命されてからはじめて、さいたま教区の司教座聖堂である浦和教会で主日のミサをささげます。なにとぞよろしくお願い致します。

わたしたちは毎日「主の祈り」を唱え、御旨が行われるよう願って祈っています。本日の第一朗読では次のように言われています。
 「あなたが知恵をお与えにならなかったら、
  天の高みから聖なる霊を遣わされなかったら、
  だれが御旨を知ることができたでしょうか。」(知恵9・17)

わたしたちは御旨を知り御旨を行わなければなりません。それは決して簡単なことではないと思います。御旨を示してくださるのは聖霊の働きによります。聖霊の導きを切に祈りましょう。

きょうの福音でイエスは言われます。
「もし、だれかがわたしのもとに来るとしても、父、母、妻、子供、兄弟、姉妹を、更に自分の命であろうとも、これを憎まないなら、わたしの弟子ではありえない。自分の十字架を背負ってついて来る者でなければ、だれであれ、わたしの弟子ではありえない。(ルカ14:26-27)」

大変厳しいお言葉です。しかし、「父、母、妻、子供、兄弟、姉妹を、更に自分の命であろうとも、これを憎まないなら・・・」とはどういう意味でしょうか。イエスは隣人を自分のように愛すること、大切にすることを教えたのではなかったでしょうか?

「憎む」とは聖書独特の表現です。イエスは家族への愛、肉親への愛を否定してはいません。家族への愛、肉親への愛は、神のみ旨を行うことに従属する。という意味です。愛してはいけないということではなく、神への愛を家族への愛より優先しなければならない、という意味です。イエスからの招きに従うことを口実に、家族・肉親をないがしろにしてもよい、ということはいえません。神の召命は父母を敬い、家族を大切にする、というおきてを免除するものではありません。

わたくしは今年で司祭叙階40周年を迎えます。振り返ってみれば、司祭への召命、司祭の務め、司教の務めを理由に、家族を支え助けるという大切な務めを怠ってしまったことがなかったとは言えない、と反省しております。

それはともかく、主イエスに従うためには、だれでも、自分の思い、自分の願いを断念しなければなりません。それが十字架です。イエスはわたしたちに自分の十字架を担うよう呼びかけています。

あなたは何を断念しましたか、きょうはその点について各自、反省をいたしましょう。

第二朗読はフィレモンへの手紙です。
当時は奴隷制が当然の社会でした。その中でパウロは逃亡奴隷であったオネシモを兄弟として迎えるよう、主人であったフィレモンへ懇願しています。これは今にもつながる問題です。

いま2013年、第二次世界大戦が終わって68年たちました。敗戦後の混乱は急速に収束し、日本は高度経済成長期を迎えました。バブル経済の破綻後、現代社会はかなり閉塞的な状況に置かれています。制度と組織が大きな制約として個人を支配しています。このような状況で、わたしたちはどのように、パウロのフィレモンへの手紙が教える具体的な愛の行為を実行できるでしょうか?この問題も考えて見たいと思います。

聖霊の導きを願いましょう。アーメン。


Homily at Urawa Catholic Church (Cathedral)


September 8, 2013; 23rd Sunday in Ordinary Time

FIRST READING: Wisdom 9:13-18
SECOND READING: Philemon 9b-10, 12-17
GOSPEL: Luke 14:25-33

Dear brothers and sisters of Urawa Catholic Church and all the faithful of the Saitama Diocese,

Today, for the first time after being appointed as apostolic administrator, I celebrate Sunday Mass at Urawa Catholic Church, the Episcopal See of the Catholic Diocese of Saitama. I am pleased to meet you all.

In our daily lives, we recite Our Father and pray for God’s Will to be done here on earth. The First Reading says: “Who has learned thy counsel, unless thou hast given wisdom and sent thy holy Spirit from on high?” (Ws 9:17)

We must know the Will of God and do His Will, and we know that this is not an easy task. Only through the work of the Holy Spirit can we learn God’s Will. Let us then, pray with much fervor for the guidance of the Holy Spirit.

In today’s Gospel, Jesus tells us: "If any one comes to me and does not hate his own father and mother and wife and children and brothers and sisters, yes, and even his own life, he cannot be my disciple. Whoever does not bear his own cross and come after me, cannot be my disciple.” (Lk 14:26-27)

These words sound harsh to our ears. What can Jesus mean by these words: “If any one […] does not hate his own father and mother and wife and children and brothers and sisters, yes, and even his own life […]?” Does He not always teach us to love and take care of our neighbors as our own selves?

The word “hate” used here is a special biblical expression. Jesus is not condemning our love for family or parents. By this expression, He means that our love for family and parents must be subordinate to following God’s Will. He does not say that we should not love them; but that our love for God must come first before our love for family. On the other hand, this does not mean that we can slight our family and parents under the excuse to follow Jesus’ call. Vocations which are given by God do not exempt us from the holy law to honor and love our father and mother.

This year is the 40th Anniversary of my Ordination to Priesthood. Looking back myself, I have regrets over times when I failed to fulfill my precious duty to help support my family by excusing myself for my priestly vocation and for my offices of priesthood and bishophood. Anyway, if one chooses to follow Lord Jesus, anyone must renounce his or her own plans and desires. This is the cross, our own cross which Jesus calls us to take up and carry.

To follow Jesus, what have you given up? Today, let us reflect on this point.

The Second Reading is from the Letter to Philemon. Slavery was a matter of course at the time when this was written. In such a time, Apostle Paul pleads Philemon, a master to the runaway slave Ones'imus, to receive him back as a beloved brother. I believe the issue written here also relates to our own time.

We are now in year 2013; 68 years had passed since the end of the World War II. The aftermath of Japan’s defeat had resolved rapidly and Japan went through a period of high economic growth. Then came the collapse of bubble economy, and the modern society of Japan is now experiencing a sense of entrapment. The institution and the system rule over individuals. At such a time, how can we practice deeds of charity in a concrete way which Paul teaches in his Letter to Philemon? Let us consider this issue as well. Again, let us pray to the Holy Spirit to guide us. Amen.



[Scripture quotations are] from The Revised Standard Version of the Bible: Catholic Edition, copyright © 1965, 1966 the Division of Christian Education of the National Council of the Churches of Christ in the United States of America. Used by permission. All rights reserved.

メッセージの記録一覧に戻る
CGI-design