カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

教区管理者 APOSTOLIC ADMINISTRATOR



メッセージの記録一覧に戻る

石川能也神父納骨式ミサ



2014年11月29日 あかつきの村 待降節第一主日


ヨハネ・バプチスタ・ド・ラサール石川神父追悼ミサ・納骨式

 第一朗読 イザヤ63・16b-17,19b、64・2b-7
 第二朗読 一コリント1・3-9
 福音朗読 マルコ13・33-37

待降節に入り、主日の朗読箇所はB年となりました。今日から福音朗読はマルコとなります。

今日の福音のキーワーズは「目を覚ましていなさい」という主イエスの言葉です。待降節は主の降誕を待ち望むことですが、同時にわたしたちが決定的な主の訪れを待ち望むときでもあります。主の訪れを待ち望むとは、主キリストの再臨を待ち望むという意味であり、またわたしたち自身の地上の最後の時=死のときを待ち望む、ということでもあります。

わたしたちは誰しも自分の生涯の最後のときを迎えます。そのときに向かってわたしたちは歩んでいます。問題はそのときに向かってどう歩むのか、ということです。

わたしは、まずそれは「信仰と希望のうちに生きる」ということだと思います。石川神父さんは信仰者として、また司祭として、信仰と希望のうちに生涯を歩みました。神父さんが司祭に叙階されたときは1969年、ちょうど第二ヴァチカン公会議による刷新が行われていたときでした。刷新は同時に危機と試練のときでした。教会は激動のときを迎え何人かの司祭が司祭職を離れました。各自の信仰自体が問われたときです。

石川神父さんは、聖霊は教会の中だけでなく外でも働いている、と信じていたと思います。日本の社会で福音の教えに基づいた共同体を建設しようとしました。それはある意味で「地上の理想郷」ユートピアの建設の試みでありました。それが「あかつきの村」であったと思います。「あかつきの村」は、主イエスの教えに従って、社会の中の貧しい人々、病気の人、避難民、寄る辺のない孤独な人たちのための避難所でありました。いわば現代の救護所(hospitium)*であったと思います。それは、王であるキリストの主日の福音の実行でした。

石川神父さんが実行した生き方はキリストの教えの実行です。
「飢えている人に食べさせ、のどが渇いていたときに飲ませ、旅をしていたときに宿を貸し、裸のときに着せ、病気のときに見舞い、牢にいたときに訪ねる」(マタイ25・35-36)という愛の行いでありました。ヴェトナム難民を受けいれ、精神の問題に悩む人の安らぎの場所を提供し、競争社会から脱落して人に生きる場所を用意しました。

教皇フランシスコは使徒的勧告『福音の喜び』で現代の消費主義を弾劾しています。大量の物資が無駄に消費されゴミになっています。他方、何億もの人が飢えに苦しんでいます。この社会の矛盾は一向おさまらない状況にあります。石川神父さんは「あかつきの村」を始めて、この現代消費社会の悪の構造へのささやかな挑戦を行いました。それは具体的にはリサイクルの仕事でした。現代人が大量消費社会の中で物資をおしげもなく廃棄しているなか、物に支配されない生き方、物を大切にする生き方を人々に示したと思います。それはキリストの清貧の精神の実行でした。

日本カトリック司教協議会は東日本大震災に際して、「今すぐに原発の廃止を」というメッセージを発表して訴えて言いました。

「わたしたちキリスト者には、何よりも神から求められる生き方、つまり『単純質素な生活、祈りの精神、すべての人々に対する愛、とくに小さく貧しい人々への愛、従順、謙遜、離脱、自己犠牲』(2)などによって、福音の真正なあかしを立てる務めがあります。わたしたちは、たとえば節電に努める場合も、この福音的精神に基づく単純質素な生活様式を選び直すべきです。(3)またその精神を基にした科学技術の発展、進歩を望みます。それが原発のない安心で安全な生活につながるでしょう。」(2011年11月8日、カトリック中央協議会ホームページ参照)

メッセージ中には福者教皇パウロ6世の使徒的勧告『福音宣教』が引用されています。
「福音の精神に基づいた単純質素な生活」こそ私たちの目指すべきキリスト者の生活であり、石川神父さんは、その生き方を先取りしたと思います。

*hospitiumはキリストの愛を実行する施設で教会に起源を持つ。後に、病院hosptal、ホテルhotelがそこから分化し独立した、と考えられる。


Memorial Mass and Crypt Burial Service for John Baptist de La Salle Fr. Ishikawa


Akatsuki Village
November 29, 2014; First Sunday of Advent

FIRST READING: Isaiah 63:16b-17, 19b, 64:2b-7
SECOND READING: 1 Corinthians 1:3-9
GOSPEL: Mark 13:33-37

We are now in Advent season and in Liturgical Cycle B. From today on, Gospel readings will be taken from Mark. The key phrase of the gospel today is Lord Jesus’ word “Watch and pray”. Advent is the season to wait for the birth of our Lord but it is also the season to long for His final coming - the Second Coming of Christ. Moreover, we are invited to look to our last day on earth, i.e., our own death. Every one of us will face one’s own final hour. All of us are walking towards that end. The question we need to ask ourselves is “How are we walking towards that hour?”

We must first “live in faith and hope”. Fr. Ishikawa walked his life’s journey in faith and hope as a Christian and as a priest. He was ordained in 1969 while a renewal of the Church was taking place with the Second Vatican Council. The renewal was, simultaneously, a time of crisis and trial for the Church. The Church underwent a turbulent era and many priests left the priesthood. It was the time when everyone’s faith was tried.

I believe Fr. Ishikawa must have had faith in the Holy Spirit working both in and outside the Church. He strived to build a community based on the gospel amidst the society. In a way, it was an attempt to build a utopia, an “ideal land on earth”. I believe “Akatsuki Village” was the fruit of this attempt. It was built according to Jesus’ teachings; it was a shelter for the poor, the sick, the lonely, refugees in the society. In other words, it was a hospitium*―the first-aid station of the modern world. It was a manifestation of the Gospel message conveyed in the reading for the Feast day of Christ the King. Fr. Ishikawa’s way of living was the embodiment of Christ’s teaching. It was the practice of charity depicted in the passage: “I was hungry and you gave me food, I was thirsty and you gave me drink, I was a stranger and you welcomed me, I was naked and you clothed me, I was sick and you visited me, I was in prison and you came to me.’ (Mt 25:35 - 36) The Akatsuki Village received Vietnamese refugees, provided a place of comfort for those with mental illness and offered a place to live for those who fell out of the competitive society.

In his Apostolic Exhortation Evangelii Gaudium, Pope Francis accuses today’s consumerism. A huge amount of resources is wasted in vain while billions of people suffer with starvation. Such a paradox in the society does not seem to stop. Fr. Ishikawa attempted to challenge the evil structure of the modern consumer society by founding the Akatsuki Village. For example, the village chose recycling as one of its activities. Modern day people waste resources without remorse. Amidst such a materialistic society, Fr. Ishikawa wanted to demonstrate a way of living: life free of possessions, life which uses resources with care. In other words, it practiced Christ’s spirit of poverty.

After the Great East Japan Earthquake, the Catholic Bishops’ Conference of Japan announced a message: ”Abolish Nuclear Plants Immediately” and protested as follows: ‘Christians have an obligation to bear genuine witness to the Gospel especially through the ways of life expected by God; “simplicity of life, the spirit of prayer, charity towards all, especially towards the lowly and the poor, obedience and humility, detachment and self-sacrifice”. (2) We should choose anew a simple and plain lifestyle based on the spirit of the Gospel (3), in cases like saving electricity. We live in the hope that science and technology will develop and advance based on the same spirit. These attitudes will surely lead to a safer and more secure life without nuclear plants.’ (November 8, 2011; See the website of the Catholic Bishops’ Conference of Japan) Here, Apostolic Exhortation Evangelii Nuntiandi, by Blessed Pope Paul VI is quoted. “A simple and plain lifestyle based on the spirit of the Gospel” is the way we Christians must aim to acquire, and I believe Fr. Ishikawa anticipated that lifestyle.


* Hospitium originates from the early Church; it was an institution where Christ’s love was put into practice. It is considered that hospitium was later grew into many institutions like hospitals and hotels.



[Scripture quotations are] from The Revised Standard Version of the Bible: Catholic Edition, copyright © 1965, 1966 the Division of Christian Education of the National Council of the Churches of Christ in the United States of America. Used by permission. All rights reserved.

メッセージの記録一覧に戻る
CGI-design