カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

教区管理者 APOSTOLIC ADMINISTRATOR



メッセージの記録一覧に戻る

本庄教会司牧訪問



2014年11月23日 王であるキリスト


埼玉北ブロック 堅信式 
本庄教会

第一朗読 エゼキエル34・11-12,15-17
第二朗読 一コリント15・20-26,28
福音朗読 マタイ25・31-46

埼玉北の教会の皆さん、おはようございます。

今日の福音はマタイの25章です。「衣・食・住」といいますが、食物、衣服、住居は人間が人間として生きるために欠かせない大切なことがらです。飢えている人に食べ物を与え、渇いている人に飲み物を与え、旅をしている人に宿を貸し、裸の人に着るものを与え、病気の人を見舞い、牢にいる人を訪ねること、それは、疑いもなく、誰にとっても欠くことのできない必要に応える、という大切な愛の行為です。マタイ25章では、その必要に応じるということは、それは主イエスにしたことになる、と教え、また、そのような貧窮の状態にある人にそうしないならイエスにそうしないことになる、と言っています。まことに明確な教えです。

キリスト教会の歴史を振りかえるときに、主キリストの愛の教えの実践に励んだ人々の存在が明らかになってきます。病院、学校、施設などを通して愛の証しを行った人々が、現在の修道会として発展してきたのではないでしょうか。

今日、「ホスピス」hospiceという言葉が社会に定着しています。これはラテン語の「ホスピティウム」hospitiumに由来し、元来、病者、貧者、孤児、老人、旅人らの避難所、救護所の施設を現す広い意味をもっていました。今日の「病院」hospital「ホテル」hotelもこの「ホスピティウム」hostiumに由来すると考えられます。現在では「ホスピス」といえば、末期患者に対する全人的な苦痛を緩和し、人生の最後の時を充実したときとするための支援の施設の呼び名であり、さらに自宅での在宅ホスピスをも含む活動全体を意味しています。

わたくしは、教会とは現代の荒れ野におけるオアシスでなければならない、と考えます。言い換えれば現在の救護所「ホスピティウム」hospitiumでなければならない、と思います。現在、多くの人が病み悩み苦しみ生きがいを失っています。自死者の数は年間三万人を割りましたが、なお多くの人が生きる意欲をそがれている現実があります。心に傷を持つ人々、心の問題を抱える人々のために教会が現代「ホスピティウム」hospitiumの働きを担いたいと念願しています。

多くの聖人はこの愛の行いを実行した人でした。11月17日は、ハンガリーの聖エリザベトの記念日でした。この聖人は今日のイエスの教えを忠実に実行した方でした。彼女はハンガリー王の王女に生まれ、フランシスコ会第三会の会員になりました。全資産を処分して貧しい人を助け、病者を看護するために費やし、貧者の支援、病者、障がい者の世話と祈りを徹底的に実行し、24歳でなくなりました。

今日の第一朗読、旧約の預言者エゼキエルは、群れを養わないで自分自身を養う牧者を糾弾しています。牧者の務めとは「失われたものを尋ね求め、追われたものを連れ戻し、傷ついたものを包み、弱ったものを強くする」(エゼキエル34・16)ことです。

主イエスはこのよき牧者として自分の群れのために、いのちをおささげになりました。今日は「王であるキリスト」の主日です。王であるキリストとは、群れに仕え、群れのためにいのちをささげる牧者を意味しています。わたしたちはそれぞれが主イエスに倣い、ハンガリアの聖エリザベトの模範に励まされ、貧困、病気、孤独に苦しむ人の友となることができるよう、祈りましょう。

特に今日堅信をお受けになる方々は、病気の人、孤独は人々の友となれるように心がけてください。


November 23, 2014; Solemnity of Christ the King


Pastoral Visit and Confirmation Mass at Honjo Catholic Church,
Saitama North Bloc

FIRST READING: Ezekiel 345:11-12, 15-17
SECOND READING: 1 Corinthians 15:20-26, 28
GOSPEL: Matthew 25:31-46

Good morning to all the parishioners in the Saitama North Bloc! Today’s Gospel reading is from Matthew Chapter 25. There is a Japanese saying: “I-Shoku-Jū (clothing, food and shelter)”, which are the three essential needs for a man to live a humane life. Therefore, to feed the hungry, to give drink to the thirsty, to provide shelter for the traveller, to clothe the naked, to comfort the sick and to visit the prison―all are practices of charity which respond to man’s fundamental needs. In Matthew Chapter 25, the author states that in responding to the needs of others, we serve our Lord; moreover, if we do nothing for those in great need, we are also negating Jesus. His teaching is very clear.

If we look back the history of Christianity, we come to learn a great number of Christians who devoted themselves to practicing the virtue of charity. These groups of men and women who testified to God’s love through services in hospitals, schools and institutions developed into religious congregations of today.

The word “hospice” has now become familiar to our society. It derives from the Latin word “hospitium” which broadly meant institutions such as shelters or first-aid stations for the sick, the poor, the orphaned, the elderly and the travellers. Words such as hospitals and hotels also come from the same origin.

Today, “hospices” are facilities that provide palliative care for terminally ill patients to help them make their end of life meaningful. Hospices also include care in a home setting.

I believe that the Church must be an oasis amidst the desert of modern society. In other words, it must be the “hospitium”, the fist-aid station in today’s world. Many are sick and troubled; many have lost the purpose in life. Even though the suicide rate decreased to less than 30 thousand in Japan, many still despair over their life. I pray that the Church can act as hospitum for those who are hurt and heavily laden with psychological problems.

Many saints were practitioners of the virtue of charity. The 17th of November was the Feast day of St. Elizabeth of Hungary. The saint faithfully followed Jesus’ teachings we just heard in the Gospel today. She was born a princess of Hungary and became a Tertiary member of the Franciscan Order. She gave up all her property to help the poor and to nurse the sick. She devoted herself in prayer and in caring for the poor, sick and the disabled until she died at the age of 24.

In today’s reading, the Old Testament Prophet Ezekiel denounces pastors who feed themselves instead of their flock. It is the duty of pastors to “seek the lost, and I will bring back the strayed, and I will bind up the crippled, and I will strengthen the weak”. (Ez 34:16)

Lord Jesus gave up his life for his flock as the Good Shepherd. Today is the Solemnity of Christ the King. The title ‘Christ the King’ signifies the pastor who serves his flock and gives his life for the sheep. Let us pray that each of us can imitate our Lord Jesus and be inspired by the example of St. Elizabeth of Hungary to become friends of the poor, the sick and the lonely. I emphasise this especially to those who will be confirmed today―Strive to become friends of the sick and the lonely.



[Scripture quotations are] from The Revised Standard Version of the Bible: Catholic Edition, copyright © 1965, 1966 the Division of Christian Education of the National Council of the Churches of Christ in the United States of America. Used by permission. All rights reserved.

メッセージの記録一覧に戻る
CGI-design