カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

教区管理者 APOSTOLIC ADMINISTRATOR



メッセージの記録一覧に戻る

大宮教会司牧訪問



2014年11月 16日(日) 年間第33主日


大宮教会 合同堅信式 
 
第一朗読 箴言1・13,19-20,30-31
第二朗読 一テサロニケ5・1-6
福音朗読 マタイ25・14-30


今日の福音は、「タラントンのたとえ」です。タラントンとはギリシャの貨幣単位で、一タラントンは20年分の賃金に相当するそうです。このタラントンという言葉はいまよく耳にする「タレント」という言葉の起源だと思われます。辞書にはタレントとは次のように説明が出ています。「才能のある人の意で、テレビ・ラジオなどの職業的出演者。」(広辞苑)

わたしたちはそれぞれ能力を与えられています。各自が持っている能力には違いがありますが、誰しもその能力を生かして生きることが求められています。人はその生涯の終わりに、自分の能力をどのように生きたのか、ということが神様に問われるのです。

第二朗読の「テサロニケの教会への手紙」においてパウロは「主の日」について述べています。「主の日」は個人の生涯の終わりではなく、世界の終わり、人類の終わりの日です。パウロは「あなたがたはすべて光の子、昼の子」 (1テサロニケ5・5)であると言っています。また別の手紙では「光の子として歩みなさい」(エフェソ5・8)と言っています。すなわち、次のように述べているのです。

「 あなたがたは、以前には暗闇でしたが、今は主に結ばれて、光となっています。光の子として歩みなさい。―― 光から、あらゆる善意と正義と真実とが生じるのです。―― 何が主に喜ばれるかを吟味しなさい。実を結ばない暗闇の業に加わらないで、むしろ、それを明るみに出しなさい。」(エフェソ5・8-11)

光の子として生きるとはどういうことでしょうか。神のみ言葉をよく味わい、神のみ言葉に導かれて歩むことです。日々祈りながら聖霊の照らしを受けることです。日々悪と闘いながら生きることです。

同じエフェソ書が次のようにも言っています。
「わたしたちの戦いは、血肉を相手にするものではなく、支配と権威、暗闇の世界の支配者、天にいる悪の諸霊を相手にするものなのです。わたしたちに戦いは悪霊との戦いなのです。」(エフェソ6・12)

さて、来週の日曜日は、年間最後の主日、「王であるキリスト」の日です。この日には,マタイ25章の、キリストの再臨の場面が読まれます。このときわたしたちは、自分の生涯に対する神の裁きを受けます。その裁きに基準はわたしたちの愛の行いであります。すなわち、飢えている人、喉が渇いている人、旅をしている人、裸の人、病気の人、牢にいる人たちに愛の行いをしたかどうかが問われるのです。

キリスト教の歴史を振りかえると、戦争、分裂、対立、異端審問とか、闇の部分に目が行ってしまいますが、愛の行いという光の部分が認められます。
たとえば、「病院」ということです。病院は英語でHOSPITALと言いますがこれはラテン語のHOSPITIUMに由来します。HOSPITIUMはいわば「救護所」であり、旅人、病人、困っている人を誰でも受入れる場所を意味していました。この救護所が今日の病院やホテルとして分化して行ったと考えられます。愛のわざを行うために団体が多数設立され、そのなかから修道会が誕生してきたのです。

今日堅信を受けられる皆さん、わたしたちは人生の最後にその行った愛について問われることを、しっかりと心に刻むようにしてください。


Pastoral Visit and Confirmation Mass at Saitama East Bloc


November 16, 2014, 33rd Sunday in Ordinary Time

FIRST READING: Proverbs 31:10-13,19-20, 30-31
SECOND READING: 1 Thessalonians 5:1-6
GOSPEL: Matthew 25:14-30

Today’s Gospel tells the story of the “Parable of the Talents”. The talent was the currency in Greece at the time of Jesus, and one talent was worth twenty years of the average annual income. The Japanese word “Tarento (Talent)” we often hear today derives from this Greek word. Kōjien, the best-known Japanese dictionary defines the word like this: “A person with talents; professional personality in TV and radio shows”.

Each person is endowed with God-given talents. While talents are unique and differ from one person to another, every one of us is called to utilize the gift. In the end, God will ask us how we have used these talents in our life.

In the Letters to the Thessalonians, which is the second reading for today, Paul talks about “the day of the Lord”. The “Day of the Lord” is not the day of one’s death but the end of the world and humanity. Paul says “You are all children of light and children of the day (Thes 5:5)” In another letter, he says, “Walk as children of light. (Eph 5:8)”

Indeed, he says as follows: “[F]or once you were darkness, but now you are light in the Lord; walk as children of light (for the fruit of light is found in all that is good and right and true), and try to learn what is pleasing to the Lord. Take no part in the unfruitful works of darkness, but instead expose them.” (Eph 5:8-11)

What does it mean to live as ‘children of light’? It is to relish the word of God; it is to walk the faith journey, led by the Divine Word. It is to pray daily to receive guidance from the Holy Spirit; it is to fight daily against evil.

In the same Letter to the Ephesians, we find: “For we are not contending against flesh and blood, but against the principalities, against the powers, against the world rulers of this present darkness, against the spiritual hosts of wickedness in the heavenly places.” (Eph 6:12)

By the way, next Sunday is the Feast of Christ the King, the last Sunday of the Liturgical Calendar. On the day, a passage from Matthew Chapter 25 will be read. The passage shows us that on the last day, we will be judged by God according to our deeds. The measure of Divine Judgment will be our deeds of love. Therefore, we will be asked whether we practiced love for the hungry, the thirsty, the traveler, the naked, the sick and the prisoner.

When we look back at the history of Christianity, we tend to focus on the dark side of the Church such as wars, divisions, disputes and inquisitions of heresy, but we should also acknowledge its bright side ― the practice of charity. The Hospital is one such example. The word “hospital” in English derives from the Latin word Hospitium. The hospitium was the “first-aid station” where anyone such as travelers, the sick and needy were welcomed in to be taken care of. It is considered that this “first-aid station” became the origin of today’s hospitals and hostels. In order to practice charitable deeds, many Christian organizations were established and religious orders were founded through such a movement.

To those who will be confirmed today, please take the truth to heart so that we will be judged according to our deeds of love at the end of our life.



[Scripture quotations are] from The Revised Standard Version of the Bible: Catholic Edition, copyright © 1965, 1966 the Division of Christian Education of the National Council of the Churches of Christ in the United States of America. Used by permission. All rights reserved.


メッセージの記録一覧に戻る
CGI-design