カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

教区管理者 APOSTOLIC ADMINISTRATOR



メッセージの記録一覧に戻る

太田教会司牧訪問



2014年08月03日 年間第18主日 群馬東ブロック堅信式


太田教会堅信式説教

第一朗読 イザヤ55・1-3
第二朗読 ローマ8・35、37-39
福音朗読 マタイ14・13-21

 今日堅信の秘跡を受けられる皆さん、太田教会の皆さん、ミサに参加しておられるすべての皆さん、わたしたちの信仰の中心は「神は愛である」という信仰であります。そこで今日は、ミサの朗読箇所から、「神の愛」について学び、この信仰を深めたいと思います。
使徒パウロは力強く宣言しています。

「わたしは確信しています。死も、命も、天使も、・・・他のどんな被造物も、わたしたちの主キリスト・イエスによって示された神の愛から、わたしたちを引き離すことはできないのです。」(ローマ8・38-39)

「主キリスト・イエスによって示された神の愛」とはどんな愛でしょうか。今日の福音では次のような一節があります。「イエスは舟から上がり、大勢の群衆を見て深く憐れみ、その中の病人をいやされた。」(マタイ14・14)

「深く憐れむ」と訳された言葉は、ギリシア語で「スプランクニゾマイ」という動詞です。この言葉は、目の前の人の苦しみを見たときに、自分のはらわたがゆさぶられる、自分のはらわたが痛む、ということを意味する言葉で、「はらわたする」と訳した人もいます。

神の愛はイエス・キリストの生涯を通して示されました。イエスは人々の苦しみ、悲しみに深く共感しました。イエスは罪を除いてまったくわたしたちと同じ人間となり、人間としての苦しみ、悲しみを自分のこととしてつぶさに体験されました。このイエスの生き方は、父なる神の愛をそのまま示すものです。

既に、旧約聖書で述べられている神は、自ら葛藤に苦しむ神でもあることをあらわしています。
  「わたしは激しく心を動かされ 
   憐れみに胸を焼かれる。」 (ホセア11・8)

イスラエルの神は民の不義に激しく怒る神ですが、同時に憐れみに胸もつぶれるような思いをされる神です。イスラエルの神は人間を赦す神であり救い贖う神です。
 
このイスラエルの神の愛を使徒パウロはローマの信徒への手紙の中で次のように説いています。

人は皆罪人であり、神の前に正しい人は誰もいません。誰も神のおきてを守ることができないからです。しかし神はイエス・キリストをわたしたちのもとに遣わし、その血によって信じるもののために罪を償う供え物とされました。人は皆、罪を犯して神の栄光を受けられなくなっていますが、イエス・キリストを信じることにより正しい人とされるのです。神はイエス・キリストの十字架を通して神の愛を示されました。罪人を愛し罪人を救おうとする神の愛は、十字架において余すところなく示されたのです。

7月13日の年間第15主日の第二朗読はローマの信徒への手紙の8章でした。パウロは、『被造物も解放されるときを待っている』と、言っています。実は、救われ贖われなければならないのは、人間だけではありません。人間以外の被造物も贖われ解放されなければならないのです。

神は日々新しい創造を行い、やがては世界・宇宙を「新しい天と新しい地」に変えて神の国を完成してくださいます。この信仰と希望を新たにして歩みましょう。

今日、堅信の秘跡を受けられる皆さん、どうか聖霊の賜物を豊かに受けて、神の愛を深く悟り、神の創造の働きに協力する、よきキリストの協力者となってください。


Pastoral Visit to Ōta Catholic Church


Pastoral Visit and Confirmation Mass for Gunma East Block
August 3, 2014; 18 th Sunday in the Ordinary Time

FIRST READING: Isaiah 55:1-3
SECOND READING: Romans 8:35, 37-39
GOSPEL: Matthew 14:13-21

Remember, candidates for the Sacrament of Confirmation, parishoners of Ōta Church and those present for this Mass, the core of our faith is: “God is love”. Let us learn from today’s reading about this divine love to deepen our faith.

“For I am sure that neither death, nor life, nor angels […] nor anything else in all creation, will be able to separate us from the love of God in Christ Jesus our Lord.” (Rom 8:38-39)

What kind of love was shown “in Christ Jesus our Lord”? A passage in today’s Gospel says: “ As he went ashore he saw a great throng; and he had compassion on them, and healed their sick.” (Mt 14:14) The expression translated as “he had compassion” is in the original Greek, a verb “splagchnizomai (σπλαγχνίζομαι)”. The verb means that when someone sees a suffering person, his own bowel is stirred up and bears pain. Some Japanese translators in the past even translated the verb literally as “Harawata-suru (bowels)”.

Indeed, God’s love was demonstrated in the whole life of Jesus Christ. Jesus deeply empathised with the suffering and sadness of human beings. Apart from committing sins, Jesus became man to the fullest and thoroughly experienced human suffering and sadness as his own. The life of Jesus itself manifests the love of God the Father. The Old Testament has also depicted God as the One who suffers with a troubled heart. “My heart recoils within me, my compassion grows warm and tender.” (Hos 11:8) God of Israel is the God who becomes furious with injustice done by His people. At the same time, He is the God who aches for compassion. God of Israel is the One who forgives, saves and redeems us.

In the Letter to Romans, Apostle Paul also explains this divine love for Israel. He explained that we are all sinners and no one is deemed righteous before God since no one can keep God’s law perfectly. But God has sent Jesus Christ for us and made him an expiating sacrifice for those who believe in His saving blood.

Because of the sins we commit, no one can partake the glory of God. But by believing in Jesus Christ, we are justified. God has demonstrated His love through the Cross of Jesus Christ. In the Cross, the love of God who loves and saves sinners were shown exhaustively.

The Second Reading for July 13th, the 15th Sunday of Ordinary Time, was from the Letter to the Romans, Chapter 8. Paul remarks that “the Creation awaits for the time of liberty”. Indeed, human beings are not the only ones who must be saved and redeemed. The rest of the entire Creation must also be freed.

God creates anew each day. In the end, He will turn the whole world and universe into a “new heaven and earth”. Then, the Kingdom of God will be brought to completion. Let us renew our faith and hope, and take a new step in our lives.

Dear candidates for the Sacrament of Confirmation! Receive the gifts of the Holy Spirit. Understand deeply the divine love and become good co-workers for Christ to accomplish with Him the divine work of Creation.



[Scripture quotations are] from The Revised Standard Version of the Bible: Catholic Edition, copyright © 1965, 1966 the Division of Christian Education of the National Council of the Churches of Christ in the United States of America. Used by permission. All rights reserved.

メッセージの記録一覧に戻る
CGI-design