カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

教区管理者 APOSTOLIC ADMINISTRATOR



メッセージの記録一覧に戻る

桐生教会司牧訪問



2014年07月20日 年間第16主日 群馬東ブロック堅信式


第一朗読 知恵の書 12:13,16-19
第二朗読 使徒パウロのローマへの教会への手紙 8:26-27
福音 マタイ13:24-43

先週の「種まきのたとえ」に続いて今日の福音は「毒麦のたとえ」です。

毒麦とは、パレスチナの農夫にとって頭痛の種でした。麦によく似た雑草で、見分けることが困難でした。麦の穂が出るころになると、毒麦の穂も出てくるので、誰でも容易に区別できるようになります。しかし、その前の状態では間違いやすく、毒麦だと思って麦を引き抜いてしまうことがあり、また根が絡み合っているので、毒麦を引き抜くと一緒に良い麦も抜けてしまうことになります。

麦と毒麦が混在している状態は、この世界の現状を表しています。また同時に、今も世界で日々生活し活動しているわたしたち人間の現実を示している話であるともいえましょう。

この世界には悪の力が働いています。神はどうしてすぐにでも悪の存在を消滅させないのか、という議論が何度も繰り返されます。確かにこの世界には、あってはならない事柄が存在しています。戦争、殺戮、飢餓、紛争、貧困、病気と障害、性犯罪・・・そしてわたしたち人間が日々侵している罪の数々。

ここで一つの場面を思い出します。イエスが弟子たちと一緒にエルサレムを目指して進んでおられたときサマリア人の村を通りました。村人はイエスの一行を歓迎しなかったので怒った弟子のヤコブとヨハネがイエスに言いました。「主よ、お望みなら、天から火を降らせて、彼らを焼き滅ぼしましょうか。」(ルカ9・54)「イエスは振り向いて二人を戒められた」(ルカ9・55)のです。敵対者をすぐに焼き滅ぼすという態度はイエスの生き方ではありませんでした。神は忍耐を持って世の終わりまで処罰を行いません。今日のたとえ話で、主人は言いました。「いや、毒麦を集めるとき、麦まで一緒に抜くかもしれない。借り入れまで、両方とも育つままにしておきなさい。」(マタイ13・29)

今の世界はまさに、麦と毒麦がそれぞれ育っている状態であるといえしょう。しかし、毒麦のたとえを説明してイエスは言われました。世の終わりが来ると刈り入れが行われ、「つまずきとなるものすべて不法を行う者どもを自分の国から集めさせ、燃え盛る炉の中に投げ込ませるのである。」(マタイ13・41)

神は何時までも悪の存在を見過ごしにされるわけではありません。世の終わりのときに一人ひとりの人間の生涯の総決算をします。この世には悪の力が働いていることは確かです。わたしたちは絶えず警戒して、神の恵みにより頼み、すべての悪から守ってくださるように祈らなければなりません。

人の心を裁く方は神だけです。神だけが人の善と悪を正しく判断します。人の概観から人の心を判断してはなりません。「人を裁いてはならない」は、主イエスの教えです。(マタイ7・1-6)人は一時的に大きなあやまちに陥ることがありますが、反省し、悔い改め、立ち直り、立派な最後を遂げることもできるのです。

実は、わたしたち自身の中に、よい麦と毒麦の双方が存在します。使徒パウロは霊の導きと肉の業について述べます。人には、神の霊である聖霊に従って歩む自分と、霊の導きを拒んで自分の考えや欲望に従って歩むという肉の奴隷となっている自分の両方が存在します。
パウロは教えています。
「霊の導きに従って歩みなさい。そうすれば、決して肉の欲望を満足させるようなことはありません。肉の望むところは、霊に反し、霊の望むところは、肉に反するからです。」(ガラテア5・16-17) 
謙遜に自分の心の動きを調べてみましょう。

神は忍耐深い方です。わたしたちは隣人に対して忍耐深くなければなりませんが、同時に自分自身に対しても忍耐を持ちましょう。自分の中に肉の業があることを認めましょう。

きょうこれから堅信の秘跡を受けられ皆さんには、聖霊の7つの賜物が授けられます。それは「知恵と理解、判断と勇気、神を知る恵み、神を愛し敬う心」(堅信式の祈りの文言)*という恵みです。

日々聖霊に導かれて歩むことができますよう、祈り求めましょう。アーメン。


*かつては、上智、聡明、賢慮、剛毅、知識、孝愛、敬畏、と呼ばれた。


Pastoral Visit to Kiryu Catholic Church


Confirmation Mass for Gunma East Block
July 20, 2014; 16 th Sunday in the Ordinary Time

FIRST READING: Wisdom 12:13, 16-19
SECOND READING: Romans 8:26-27
GOSPEL: Matthew 13:24-43

Today’s gospel is “The Parable of Weeds among the Wheat”, a sequel from last week’s gospel, “The Parable of the Sower”.

The “weeds” or “tares (darnels)” have always been a cause of anxiety for Palestinian farmers. Tares are weed plants very similar to wheat and it is very difficult to distinguish one from another. However, since both plants grow different kinds of ears, anyone can tell them apart when harvest time arrives. But before harvest, any farmer can easily make a mistake and root up the wheat, instead of weeds. Also, since the roots are entwined, one may unintentionally pull out the wheat along with weeds.

The situation of wheat and weeds intermingled with each other indicates the present situation of the world. It is also a parable of the reality of our day-to-day living.

Today, the power of evil is at work. The question: “Why doesn’t God eliminate evil at once?” has always been debated over and over in our history. Surely, there are many incidents that should never happen: wars, massacres, hunger, poverty, conflicts, desease and disorder, sexual crime… and many other sins committed each day.

Here, a scene from the Gospel comes to my mind: When Jesus was on the way to Jerusalem with his disciples, he passed by a village of the Samaritans. But since the Samaritans would not receive Jesus, disciples James and John became annoyed and said to Jesus: “Lord, do you want us to bid fire come down from heaven and consume them?”(Lk 9:54) But Jesus “turned and rebuked them.”(v.55) “Consuming the opposers with fire” was not Jesus’ way of living. God, with His divine patience, would not punish men until the Last Day comes.

In today’s parable, the householder of the field says: “No; lest in gathering the weeds you root up the wheat along with them. Let both grow together until the harvest.” (Mt 13:29-30) The world we live in today is the very environment where the wheat and weeds grow together. But when Jesus explained the Parable of Weeds, he said: ‘When the close of the age comes, “The Son of man will send his angels, and they will gather out of his kingdom all causes of sin and all evildoers, and throw them into the furnace of fire.” ’ (Mt 13:41-42)

God would not allow evil to exist forever. At the end of times, He will make the final settlement of accounts for each person. It is true that evil thrives in this world. But we must be vigilant all the time and pray to entrust ourselves to the divine grace to protect us from all evil.

God is the only One who can judge the hearts of men. God is the only One who can rightly distinguish the good from the evil. We should not judge others with our own perceptions. Remember, “Judge not”(see Mt 7:1-6) is the teaching of Lord Jesus. We may make a big mistake occasionally, but we can also search our conscience, repent, pick our selves up and achieve a good end.

Actually, both the good wheat and the evil weed exist within us. Apostle Paul gives an explanation on the guide of the Spirit and the work of the flesh. For men, there are two sides to self: one which faithfully follows the Holy Spirit and the other, a slave to the flesh that refuses the Spirit and follows his own ideas and desires. Paul preaches: “But I say, walk by the Spirit, and do not gratify the desires of the flesh. For the desires of the flesh are against the Spirit, and the desires of the Spirit are against the flesh.” (Gal 5:16-17) Let us humbly examine the interior movements of our hearts.

God is the Patient One. We must be patient with our neighbours, but at the same time, we must have patience with own selves. Let us admit that the work of the flesh is within us.

Today, you candidates are going to receive the sacrament of Confirmation and you will be sealed with the seven gifts of the Holy Spirit. These are: ‘“the spirit of wisdom and understanding, the spirit of right judgment and courage, the spirit of knowledge and reverence”, and “the spirit of wonder and awe*” in God’s presence.’ (from the Rite of Confirmation)

Let us earnestly pray for the grace so that we may walk day by day with the guide of the Holy Spirit. Amen.


*Formerly, these were called: wisdom, understanding, counsel, fortitude, knowledge, piety and fear of the Lord.

[Scripture quotations are] from The Revised Standard Version of the Bible: Catholic Edition, copyright © 1965, 1966 the Division of Christian Education of the National Council of the Churches of Christ in the United States of America. Used by permission. All rights reserved.

メッセージの記録一覧に戻る
CGI-design