カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

教区管理者 APOSTOLIC ADMINISTRATOR



メッセージの記録一覧に戻る

つくば教会司牧訪問



2014年05月18日 復活節第5主日・堅信式


第一朗読 使徒言行録6・1-7
第二朗読 一ペトロ2・4-9
福音朗読 ヨハネ14・1-12

「はっきり言っておく。わたしを信じる者は、わたしが行う業を行い、また、もっと大きな業を行うようになる。わたしが父のもとへ行くからである。」(ヨハネ14・12)
イエスは言われるのです。イエスを信じる者は、イエスが行った業よりも大きな業を行うことができる、と。これは、どういう意味でしょうか。わたしはこのイエスの言葉から聖人のことを連想します。4月27日二人の教皇が列聖されました。ヨハネ二十三世とヨハネ・パウロ二世のお二人の教皇です。お二人の業績にはまことに傑出しています。イエス以上に偉大な業績を残した、といえるかどうかわかりませんが、全世界を変革するために大きな働きをなさった方です。教会には聖人という方がいて、教会にはその生涯の模範をたたえて聖人に列するという制度があります。

わたしたちの教会は、「一、聖、公、使徒的な教会」と呼ばれています。(ニケア・コンスタンチノープル信条)この二番目の特徴が「聖」です。わたしたちの教会は「聖なる教会」なのです。教会は聖霊降臨によって誕生しました。聖霊がわたしたちの中に留まっています。わたしたちに心には聖霊が注がれているのです。聖霊のおかげでわたしたちは神に命に与っています。聖霊のおかげでわたしたち教会は絶えず聖人に恵まれてきました。聖人の存在は、教会が「聖なる教会」であることを示しています。

聖人といえども、教会の現実には困難があり、問題があります。教会は罪人の集まりであり、そこには悲しい現実、忌まわしい現実さえ存在します。ときどき、どうして聖なる教会に罪深い、暗い出来事が起こるのか、と考えてしまうことがあります。しかし、別な見方ができます。暗く混沌として世界の中で輝く聖人の働きは、神の光、キリストの復活の光です。光の存在が神の存在のしるしです。どうしてこのような悪が存在するのか、という考え方もありますが、どうしてこのような聖なる素晴らしい人間の行為がありうるのか、という発想もあります。

神は、この混沌と暗闇のなかで絶えずご自分の望まれる世界を創造し新たにしています。使徒ペトロは言っています。「あなたがたは、選ばれた民、王の系統を引く祭司、聖なる国民、神のものとなった民です。それは、あなたがたを暗闇の中から驚くべき光の中に招き入れてくださった方の力ある業を、あなたがたが広く伝えるためなのです。」(1ペトロ2・9)ここで言われている「あなたがた」は、そのままそっくり現在のさいたま教区にあてはめることができるでしょう。わたしたちは、暗闇の中から引きだされる光を掲げるために存在しています。使徒言行録は聖霊の働きを、力ある明るい聖霊の働きとして告げています。今のさいたま教区に必要なのは、この聖霊の働きです。

今日、堅信の秘跡を受けられる皆さん、どうか現代の荒れ野において「生ける泉」となり、また現代の混沌と暗闇のなかで苦しみ、悲しむ人々の希望と癒しのしるしとなり、復活のともしびをかかげ続けてください。聖霊の助けを願って、一緒に心を込めて祈りましょう。


Pastoral Visit to Tsukuba Catholic Church


May 18, 2014; Fifth Sunday of Easter

FIRST READING: Acts 6:1-7
SECOND READING: 1 Peter 2:4-9
GOSPEL: John 14:1-12

“Truly, truly, I say to you, he who believes in me will also do the works that I do; and greater works than these will he do, because I go to the Father.” (Jn 14:12) Jesus says: those who believe in Him can do greater work than Him. What does He mean by this? From these words of Jesus, I come to think of saints.

Two popes were canonized on April 27 this year: Pope John XXIII and Pope John Paul II. Their work was truly outstanding―I do not know if we can say that they did more greatly than Jesus but they indeed did great work to change the world. In the Church, we have saints and a system to canonize holy people to honor their lives as role models for the faithful.

Our Church is called “one, holy, catholic and apostolic” (Niceno-Constantinopolitan Creed). As “holiness” is mentioned here as her characteristic, our Church is a “holy Church”. The Church was born at Pentecost therefore the Holy Spirit dwells amongst us. Since then, the Holy Spirit is being poured into our hearts. Because of the Holy Spirit, we can partake in God’s life. Because of the Holy Spirit, our Church has always been blessed with many saints. Their presence is the sign that the Church is a “holy Church”.

However, although we have saints, there are numerous difficulties and problems in the Church. The Church is a gathering of sinners―deplorable reality, even loathsome reality exists within the Church. I sometimes wonder why so many sinful and miserable incidents happen in this holy Church. Yet, we can take a different way of looking at this reality: the deeds of saints that shine through this dark, chaotic world is the light of God, Christ’s light of Resurrection. This light is the sign of God’s presence. Therefore, even though we may wonder why evil exists , we could also marvel at the wonderful deeds of our saints.

In this chaos and darkness, God continues to create and renew the world to be a place of His desires. Apostle Peter says: “But you are a chosen race, a royal priesthood, a holy nation, God’s own people,that you may declare the wonderful deeds of him who called you out of darkness into his marvelous light.” (1 Pt 2:9)

This “you” mentioned here may apply to the Saitama Diocese today. We are here to hold up the light that can be drawn out of darkness. The Acts of the Apostles describes the work of the Holy Spirit as strong and bright. What the Diocese needs now is this work of the Holy Spirit.

For those who will be confirmed today, I want you to be a “living fountain” amidst the desert of the modern society. Grow to become a sign of hope and healing for those who suffer and mourn in today’s chaos and darkness. Bear the beacon of Resurrection before them. Let us pray together sincerely for the help of the Holy Spirit.



[Scripture quotations are] from The Revised Standard Version of the Bible: Catholic Edition, copyright © 1965, 1966 the Division of Christian Education of the National Council of the Churches of Christ in the United States of America. Used by permission. All rights reserved.

メッセージの記録一覧に戻る
CGI-design