カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

教区管理者 APOSTOLIC ADMINISTRATOR



メッセージの記録一覧に戻る

教区司祭5月の命日記念ミサ



教区司祭5月の命日記念ミサ


故ローラン・ラバルト師と故ペトロ吉浦要師の命日記念ミサ説教

第一朗読 使徒言行録9・1-20
福音朗読 ヨハネ6・52-59

今日は、お二人の司祭の命日を記念してミサをささげます。ローラン・ラバルト神父様は2001年5月9日に帰天されました。パリ外国宣教会の会員でフランスのバスク地方の出身、秩父教会、川越教会、東松山教会で長い間司牧されました。ペトロ吉浦要神父様は2009年5月14日帰天されました。イエズス会士で、1992年以来、教区内の滞日ブラジル人の司牧のために尽力されました。お二人の働きに感謝し、お二人の上に永久の安息をお祈りいたしましょう。

今日の第一朗読は、有名なパウロの回心の物語です。使徒言行録によれば、それは突然、一瞬のうちに起った出来事のようです。しかし、人は果たして重大な生き方の変更を一瞬にして行うことができるのでしょうか。彼は一瞬にして、キリスト教徒を迫害する立場から、キリストを神の子・救い主として宣教する立場に移るという、180度の転換を成し遂げたのでした。思いますに、パウロはキリスト教徒迫害をしながら、少しずつイエスへの思いを培い、深めていき、この回心の時点で、いわばイエスへの思いが「沸騰した」のではないでしょうか。パウロを回心させたのは、パウロが縛り上げて連行していたキリスト教徒であったのでないか、と考えられるのです。

今日のヨハネの福音で、イエスは言われました。
「わたしの肉を食べ、わたしの血を飲む者は、いつもわたしの内におり、わたしもまたいつもその人の内にいる。」
このイエスの言葉を、深く心に刻みたいものです。このミサでわたしたちは聖体拝領します。主イエスが留まってくださるのにふさわしい自分でありますよう、聖霊の導きを祈りましょう。


May Memorial Mass for the deceased clergy of the diocese


Urawa Catholic Church (Cathedral)
May 9, 2014; Friday of the Third Week of Easter

FIRST READING: Acts 9:1-20
GOSPEL: John 6:52-59

Today, we celebrate Mass commemorating the death anniversaries of two priests. Fr. Laurent LABARTHE, M.E.P. passed away on May 9, 2001. Born in Basque, he was a member of the Paris Foreign Missions Society. For many years, he took pastoral care of Chichibu parish, Kawagoe parish and Higashi-Matsuyama parish. Fr. Peter Kaname YOSHIURA, S.J. passed away on May 14, 2009. He was a Jesuit. Since 1992, he devoted himself to the pastoral care of Brazilians living in the Saitama Diocese. Let us be grateful to their work and pray for their eternal rest.

The First Reading for today is a famous story of Paul’s conversion. According to the Acts of the Apostles, this event happened in an instant. But can a man really change his fundamental way of living in a split second? It seems that Paul completely reversed his position from persecuting Christians to that of proclaiming Christ as the Son of God and Savior―all in an instant. Instead, I believe that Paul may have slowly fostered and deepened his thought for Jesus while persecuting Christians; and at the very moment of conversion, his hidden thoughts were brought to the climax. In reality, it may have been that the Christians whom Paul caught and bound made him convert.

In John’s Gospel today, Jesus said: “He who eats my flesh and drinks my blood abides in me, and I in him.” (v. 56) May we be able to engrave these words deeply in our hearts! We receive Jesus in the Holy Commuion in Mass today. Let us pray for the guidance of the Holy Spirit so that we may be made worthy dwellings for our Lord Jesus.



[Scripture quotations are] from The Revised Standard Version of the Bible: Catholic Edition, copyright © 1965, 1966 the Division of Christian Education of the National Council of the Churches of Christ in the United States of America. Used by permission. All rights reserved.

メッセージの記録一覧に戻る
CGI-design