カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

教区管理者 APOSTOLIC ADMINISTRATOR



メッセージの記録一覧に戻る

復活主日ミサ



2014年4月20日 復活の主日ミサ  


カトリック浦和教会(カテドラル)

第一朗読 使徒言行録10・34a、37-48
第二朗読 コロサイ3・1-4
福音朗読 ヨハネ20・1-9

今日のヨハネの福音は、イエスが十字架で死んで三日目の出来事を伝えています。
マグダラのマリアが、イエスが葬られた墓に行ってみると、墓の入り口の石が取り除けられてあり、墓のなかにはイエスの亡き骸は見あたらなかった、と告げています。これは、復活の出来事自体の目撃者の報告ではありません。聖書はイエスが復活する様子を直接述べているのではなく、復活したイエスに出会った人々の証言を伝えています。わたしたちはこの証言を信じています。

第一朗読では、使徒ペトロが確信に満ちた証言をしています。
「わたしたちは、イエスがユダヤ人の住む地方、特にエルサレムでなさったことすべての証人です。人々はイエスを木にかけて殺してしまいましたが、 神はこのイエスを三日目に復活させ、人々の前に現してくださいました。 しかし、それは民全体に対してではなく、前もって神に選ばれた証人、つまり、イエスが死者の中から復活した後、御一緒に食事をしたわたしたちに対してです。」(使徒言行録10・39-41)
ペトロは十二使徒のかしらにたてられ、復活の証人としてローマで殉教しました。教会は復活を信じる神の民、そして、聖霊を受け、聖霊に導かれた神の民です。

第二ヴァチカン公会議の『教会憲章』は「諸国民の光」という言葉で始まります。
「キリストは諸国民の光であるから、聖霊において参集したこの聖なる教会会議は、すべての被造物に福音を告げることによって、教会の面上に輝くキリストの光をもってすべての人を照らすことを切に望む。」(1項)

教会の使命は、主イエスより光を受けてその光によってこの世界を照らすことです。教会は復活のキリストの光を受けて、人々の心に光を灯すことができます。この教会の使命は、福音宣教・福音化の使命である、と言い換えることができます。

わたしたち一人ひとりが復活された主イエスから光を受けて「光の子」となり、周りの人を照らす人、いわば「一隅を照らす人」となり、人々とイエスとの出会いの喜びを分かち合うことが出来ますよう、聖霊の導きを祈りましょう。


Homily for Easter Day 2014


Urawa Catholic Church (Cathedral)
April 20, 2014; Easter Day - The Resurrection of the Lord

FIRST READING: Acts 10:34a, 37-48
SECOND READING: Colossians 3:1-4
GOSPEL: John 20:1-9

Today’s Gospel of John us of an event that took place on the third day after Jesus’ death on the cross. The Gospel recounts that when Mary Mag’dalene went to the tomb where Jesus was laid, the stone was moved away and Jesus’ body was not found in it. This is not an account of the Resurrection itself. The Bible does not tell us how exactly Jesus rose from the dead; rather, it tells us the testimonies of those who met the Risen Lord―and we believe in their words.

In the First Reading, Apostle Peter gives a testimony with a strong conviction.

“And we are witnesses to all that he did both in the country of the Jews and in Jerusalem. They put him to death by hanging him on a tree; but God raised him on the third day and made him manifest; not to all the people but to us who were chosen by God as witnesses, who ate and drank with him after he rose from the dead”. (Acts 10:39-41)

Peter was chosen as the head of the twelve disciples and later died a martyr in Rome as a witness to the Lord’s Resurrection. We the Church are God’s people who believe in the Resurrection. We are the people guided by the Holy Spirit through the course of history.

The Second Vatican Council’s document Lumen Gentium (Dogmatic Constitution on the Church) begins with the words: “the Light of nations.”

“Christ is the Light of nations. Because this is so, this Sacred Synod gathered together in the Holy Spirit eagerly desires, by proclaiming the Gospel to every creature, to bring the light of Christ to all men, a light brightly visible on the countenance of the Church”. (Lumen Gentium 1)

The mission of the Church is to receive the Easter Light from Christ to let it shine on the world. The Church can light every heart by receiving the Light of the Risen Lord. In other words, the mission of the Church is missionary work and evangelization of the world.

As each of us has become the “child of light” by receiving light from the Lord, may each Christian shed light just like the “person who shines light into a dark corner (Ichigu-wo-terasu-hito)”. Let us pray to the Holy Spirit to guide us so that we may share the joy of encountering the Risen Lord with many people.



[Scripture quotations are] from The Revised Standard Version of the Bible: Catholic Edition, copyright © 1965, 1966 the Division of Christian Education of the National Council of the Churches of Christ in the United States of America. Used by permission. All rights reserved.

メッセージの記録一覧に戻る
CGI-design