カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

教区管理者 APOSTOLIC ADMINISTRATOR



メッセージの記録一覧に戻る

聖香油ミサ



2014年4月16日 聖週間の水曜日


主キリストにおいて兄弟姉妹の皆さん
今年のさいたま教区聖香油のミサは前橋教会でささげられます。聖香油のミサの中で、司祭は叙階の際に行った約束の更新をいたします。

3月21日(春分の日)大宮教会で司祭叙階式が行われ、フランシスコ山口一彦さん、フランシスコ高橋史人(ふひと)さんのお二人は、司教と会衆の前で司祭職という任務を受けるに当り、荘厳な約束をされました。その約束を思い起こしましょう。
司祭の任務を受ける者は次の約束をいたしました。
1)福音をのべ伝え、カトリックの信仰を表すことによって、神の言葉に奉仕する務めを誠実に果たします。
2)絶えず祈るようにとの主のご命令に従い、自分にゆだねられた民のために、神のあわれみを祈ります。
3)教会共同体の助けのもとに、貧しい人、苦しむ人、助けを必要とするすべての人に、主の名において神の慈しみを示します。

兄弟である司祭の皆さん、わたしたちはこのように約束をして司祭の任務を受け、今日まで歩んでまいりました。その道のりを振り返り、また、現在の自分の状態を見つめて、神に感謝をささげ、さらなる恵みと光、力を祈り求めましょう。わたしたちはこの聖なる務めを、弱い、脆い人間性の中に受けたのでした。
実に「わたしたちは、この宝を土の器に納めている」(二コリント4・7)のです。
それは、「この並外れて偉大な力が神のものであって、わたしたちから出たものでないことが明らかになる」(二コリント4・7)ためです。
 
イエスはナザレの会堂で預言者イザヤの書を手にされました。そこには次のように書かれていました。
 「主の霊がわたしの上におられる。
  貧しい人に福音を告げ知らせるために
   主がわたしに油を注がれたからである。
  主がわたしを遣わされたのは、
  捕らわれている人に解放を、
  目の見えない人に視力の回復を告げ、
  圧迫されている人を自由にし、
  主の恵みの年を告げるためである。」(ルカ4・18-19)

イエスは、主の霊である聖霊を豊かに受けた人でした。むしろ、聖霊がイエスご自身の霊である、と言えるでしょう。イエスは聖霊の導きに従い、神の国の福音をのべ伝え、病人を癒し、悪霊を追放し、十字架の死と復活によって罪に打ち勝ち、父のもとにのぼり、弟子たちの上に聖霊を注ぎ、教会を設立しました。今、イエスは、教会を通して、ご自分の使命を継続し、発展させておられます。わたしたち司祭の使命は、主イエスから受けた使命、主イエスから託された任務です。

わたしたち司教・司祭は弱い人間でありながら、神の力である聖霊の助け、導きを受け、キリストの使命に与り、いわば「神の仕事を行う者」となりました。それが可能であるのは、ひとえに聖霊の働きを受けているからです。したがって、司祭は、自分の存在と任務はすべて神の霊の働きによることを深く悟り、人々の前に、自分の存在とすべての働きを通して神の栄光が現れるよう努めなければなりません。

司祭は自分の務めを実行するに際して試練に出会い、また誘惑を受けることが少なくはありませんが、主イエスに倣い、試練に打ち勝ち、誘惑を退け、互いに赦し合い、励まし合い、互いのために祈るようにしなければなりません。
 
皆さん、わたしたちの教区はいま試練の中に置かれています。司教、司祭のために祈ってください。特に、病気の司祭、困難な状況にある司祭のために、癒しの恵みを、日々新たに生まれ変わるための恵みを、彼らを照らし、導き、助ける主の恵みを祈り求めてください。

 主なる聖霊がわたしたちを清め、平和と救いへ導いてくださいますように。アーメン。

さいたま教区・教区管理者
ペトロ 岡 田 武 夫


Chrism Mass


April 16, 2014; Wednesday of Holy Week
Maebashi Catholic Church

Dear brothers and sisters in Christ,

This year’s Chrism Mass for the Saitama Diocese is celebrated at Maebashi Catholic Church. During the Chrism Mass, priests renew their promises made at their Ordination.

On March 21 (Vernal Equinox Day), Priestly Ordination was celebrated at Omiya Catholic Church. In receiving the priestly office, two men Francis Kazuhiko YAMAGUCHI and Francis Fuhito TAKAHASHI made solemn promises in front of bishops and the faithful. Let us all recall what these promises were.

Those who received the priestly office have made the following promises:
1) By proclaiming the Gospel and by professing the Catholic faith, we carry out the ministry of serving God’s Word in sincerity;

2) In obedience to the Lord’s order to “pray always”, we pray for God’s mercy to be bestowed on the people who are entrusted to us;

3) With the help from the Church community, and in the name the Lord, we show mercy to all the people who are poor, suffering and in need.

Dear brother priests, by making these promises, we received our priestly office; since then, we reached this day. Let us now look back at this path and examine our present condition, in order to give thanks to God and pray for more graces, so that the light and strength will be granted to us. Indeed, we received the holy orders in our frail and fragile humanity as it is said: “we have this treasure in earthen vessels, to show that the transcendent power belongs to God and not to us.” (2 Cor 4:7)

In the synagogue in Nazareth, Jesus took up a reading from the Book of Prophet Isaiah. There, it was written:
“The Spirit of the Lord is upon me,
because he has anointed me to preach good news to the poor.
He has sent me to proclaim release to the captives
and recovering of sight to the blind,
to set at liberty those who are oppressed,
to proclaim the acceptable year of the Lord.”
(Lk 4:18-19)

Jesus was the one who received the Lord’s spirit abundantly―or rather, the Holy Spirit was Jesus’ own spirit. Jesus followed the guidance of the Holy Spirit, preached the good news of the Kingdom of God, healed the sick and drove away evil spirits. Through the death on the cross and resurrection, he conquered Evil, ascended to the Father, poured the Holy Spirit upon his disciples and built the Church. Today, Jesus continues to work and expand his ministry through the Church.

Our mission as priests is given by Jesus; it is the office entrusted to us by Him. Priests and bishops are humans with frailty. But with the help and guidance of the Holy Spirit which is God’s strength Itself, we partake the mission of Christ―we have become “the ones who perform God’s ministry”. This is possible only through the work of the Holy Spirit. Thus, priests must know fully that their whole existence and ministry owe to the work of God; we must work so that God’s glory will shine through us and through all our work before all the peoples.

In performing the ministry, priests encounter many trials and temptations. However, we must imitate the Lord and overcome trials and avoid temptations. We must forgive, encourage and pray for each other.

Brothers and sisters, our diocese is in a trial now. Please pray for bishops and priests especially for those who are sick and those who are in difficult situations. Pray for their healing and for the grace to be born anew each day. Pray for the grace of the Lord to shine on them, to guide and help them. Let us now pray that the spirit of the Lord may purify us and lead us to peace and salvation. Amen.



[Scripture quotations are] from The Revised Standard Version of the Bible: Catholic Edition, copyright © 1965, 1966 the Division of Christian Education of the National Council of the Churches of Christ in the United States of America. Used by permission. All rights reserved.

メッセージの記録一覧に戻る
CGI-design