カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

教区管理者 APOSTOLIC ADMINISTRATOR



メッセージの記録一覧に戻る

上福岡教会司牧訪問



2014年4月06日 四旬節第5主日


カトリック上福岡教会

第一朗読 エゼキエル37・12-14
第二朗読 ローマ8・8-11
福音朗読 ヨハネ11・3-7,20-27,3b3-45

今日のヨハネの福音で、わたしのこころに強く響いた箇所は、「心に憤りを覚え」と言う表現です。二度も出てきます。この表現は、イエスの人間性を示しています。イエスは、わたしたちと同じ人間性を持っていた完全な人間でした。今日の福音から、イエスは豊かな感性の持ち主であったことがわかります。ナザレのイエスは、本当に人の心を持って人を愛したのでした。

この「心に憤りを覚え」という表現は、イエスが死と言う悪の力に対して憤りを覚えたことを現しているとも考えられます。イエスは、ラザロとその姉妹マルタとマリアを愛していました。彼らの住まいベタニアはイエスの憩い、安らぎの家庭でありました。イエスは愛するラザロの死のために涙を流されたのでした。

確かに、イエスはラザロをよみがえらせました。しかし、ラザロはまた死ななければなりませんでした。イエスのメッセージはラザロのよみがえりを超えた復活であります。
「わたしは復活であり、命である。わたしを信じるものは、死んでも生きる」と、イエスは宣言します。
しかし、地上の生命が長ければいいというものではありません。問題は如何に生きるか、如何に死ぬか、です。

エゼキエル預言者は、神の霊による枯れた骨の立ち上がりの幻視を預言しました。これは、イスラエルの民の復興の預言であり、また、イエスの復活の予告・前表でもあると思われます。

パウロは、今日のローマの教会への手紙で言っています。
「もし、イエスを死者の中から復活させた方の霊が、あなたがたの内に宿っているなら、キリストを死者の中から復活させた方は、あなたがたの内に宿っているその霊によって、あなたがたの死ぬはずの体をも生かしてくださるでしょう。」
わたしたちも神の霊を受けて、わたしたちの体を復活の体と同じ栄光の体、死ぬことのない体に変えていただけると希望することができるのです。

しかし、実はあがなわれ解放されなければならないのは、人間だけではなく、全被造物です。パウロは言っています。
「被造物は、神の子たちの現れるのを切に待ち望んでいます。 被造物は虚無に服していますが、それは、自分の意志によるものではなく、服従させた方の意志によるものであり、同時に希望も持っています。つまり、被造物も、いつか滅びへの隷属から解放されて、神の子供たちの栄光に輝く自由にあずかれるからです。被造物がすべて今日まで、共にうめき、共に産みの苦しみを味わっていることを、わたしたちは知っています。被造物だけでなく、“霊”の初穂をいただいているわたしたちも、神の子とされること、つまり、体の贖われることを、心の中でうめきながら待ち望んでいます。(ローマ8・19−23)
すべての被造物はあがなわれて、神のお望みになる状態へと変えられ、この世界はまったく新しく造りかえられるのだと、パウロは教えていると思います。

東日本大震災は、わたしたちの生活の反省を促しています。わたしたちの社会が新しく作り直されなければならないというメッセージを感じます。もちろんわたしたち教会も、この世界を刷新するための奉仕者として決意を新たにしなければならないと思います。

教皇フランシスコは使徒的勧告『福音の喜び』で、現代世界がいかに危機的状況に置かれており、福音の教えから離れているか、と言うことを述べています。わたしたちはこの教えを勉強しながら、この世界が神の望まれる世界、悪の力が征服され、誰も排斥されるこのない世界、権力と金銭の支配から解放された平和な世界となるよう、祈り、そのために力を尽くしたいと考えます。

主よ、そのために力をどうかお与えください。アーメン。


Pastoral Visit to Kamifukuoka Catholic Church


April 6, 2014; Fifth Sunday of Lent

FIRST READING: Ezekiel 37:12-14
SECOND READING: Rom 8:8-11
GOSPEL: John 11:3-7, 20-27, 33b-45

In John’s Gospel today, the expression “he was deeply moved in spirit and troubled” resonated strongly in my heart. This same expression appears twice in the text. It demonstrates the humanity of Jesus. (Although He was divine,) Jesus was perfectly a man, just like us. In today’s Gospel, we learn that Jesus was a man of profound sensitivity. Jesus of Nazareth loved each person with a very human heart.

The expression “he was deeply moved in spirit and troubled” can be regarded as Jesus’ anger shown towards ‘death’ which is the power of evil. Jesus loved Lazarus and his sisters Martha and Mary. Their dwelling in Bethany was a place of rest for Jesus, a home of comfort. Indeed, Jesus wept because of his friend Lazarus’ death.

Jesus made Lazarus rise from the dead, but of course Lazarus has to die again. Here, Jesus is talking about His Resurrection that surpassed Lazarus’ being raised. Jesus declared as follows: “I am the resurrection and the life; he who believes in me, though he die, yet shall he live, and whoever lives and believes in me shall never die.”(v. 25) Longevity is not necessarily good. What is more important to us is to know how to live and how to die as a good person.

Prophet Ezekiel prophesied the vision of God’s spirit raising dry bones to life. This is a prophesy of the restoration of Israel. It is also the foreshadowing of Jesus’ Resurrection.

In today’s reading, Paul says in his letter to the Romans. “If the Spirit of him who raised Jesus from the dead dwells in you, he who raised Christ Jesus from the dead will give life to your mortal bodies also through his Spirit who dwells in you”. (Rom 8:11)

Since we also received God’s spirit, we have a hope that God will turn our bodies into glorious bodies of resurrection that will never decay. Actually, it is not only humans that await redemption and liberation―the whole creation do. Paul preaches:
“For the creation waits with eager longing for the revealing of the sons of God; for the creation was subjected to futility, not of its own will but by the will of him who subjected it in hope; because the creation itself will be set free from its bondage to decay and obtain the glorious liberty of the children of God. We know that the whole creation has been groaning in travail together until now; and not only the creation, but we ourselves, who have the first fruits of the Spirit, groan inwardly as we wait for adoption as sons, the redemption of our bodies”. (Romans 8:19-23)

Paul teaches us that the whole creation will be redeemed and changed into what God desires: this world will be created anew.

The Great East Japan Earthquake urges us to reflect on our own life. It sent us a message that we must renew our society. Of course, the Church must renew the determination to serve in order to renew the society.

Pope Francis, in his Apostolic Letter Gaudium Evangelii, sends us a message that the world today is in a crisis: that the world has distanced itself from gospel teachings. Let us learn from the teachings of the Apostolic Letter. Let us pray so that we will endeavor to make this world just as God desires―a world where evil is conquered and where no one is marginalized; a peaceful world free from the domination of power and money. Lord, grant us such strength. Amen.



[Scripture quotations are] from The Revised Standard Version of the Bible: Catholic Edition, copyright © 1965, 1966 the Division of Christian Education of the National Council of the Churches of Christ in the United States of America. Used by permission. All rights reserved.

メッセージの記録一覧に戻る
CGI-design