カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

教区管理者 APOSTOLIC ADMINISTRATOR



メッセージの記録一覧に戻る

司祭叙階式



2014年3月21日 四旬節第2金曜日


カトリック大宮教会

受階者  フランシスコ 高橋史人
     フランシスコ 山口一彦

聖書朗読 イザヤ6・1b-8
福音朗読 マタイ25・34-40

皆さん、今日は大きな喜びの日です。今より行われる叙階の儀において、フランシスコ 高橋史人さん、フランシスコ 山口一彦さんのお二人の助祭が司祭に叙階されます。

現在さいたま教区は、大きな試練のときを過ごしています。神様はわたしたちを励まし慰めるために、二人の新しい司祭を送ってくださいます。お二人は北関東の4県において、神の愛を伝え現し実行するために派遣されます。

神の愛を行うとは何かといえば、主キリストにならって隣人愛を実行することです。主イエスは言われました。「飢えた人に食べさせ、渇いている人に飲ませ、泊まるところのない人に宿を貸し、裸の人に着せること、病人を見舞い、牢に囚人を訪ねること、それはわたし・イエスにしてくれたことなのだ。」

マタイの福音は、人間として生存の根本的条件が脅かされているこのような人々を「わたしたちの兄弟である最も小さい者」と呼んでいます。今尚多くの人が飢餓で苦しみ、他方多くの食料が廃棄されています。また多くの人が病気、障害の苦しみを担わされています。病気などが原因で多くの人が自死を遂げています。他方、国際社会では紛争、対立、虐殺などの悲惨な現実が報道されています。この世界は神が創造された世界であり、基本的には善ある世界です。しかし悪の世界がその力を及ぼし、いまや多くの悪がこの世界に蔓延しています。

このような現代の世界において弱く脆い人わたしたちは絶えず悪の攻撃を受け、誘惑に曝されているのです。わたしたちの福音宣教は、「神は愛である」ことを伝え証しすることです。それは同時にこの不条理と悪に満ちた世界のなかで神への信仰を生き、神への愛を実行し、そして私たち自身が人々の「希望のしるし」となることであります。

四旬節第一主日の福音はイエスが悪魔から受けた三つの誘惑を伝えています。わたしたちは困難に出会うと神の存在を疑い、神の愛を疑わせる、という誘惑を受けます。わたしたちは主イエスに倣って、この誘惑を退け、神だけを礼拝し、神に信頼して歩む道を選ばなければなりません。

わたしたちをいざなう悪の力は強く、侮りがたい存在です。エフェソの手紙では次のように言われています。
「わたしたちの戦いは、血肉を相手にするものではなく、支配と権威、暗闇の世界の支配者、天にいる悪の諸霊を相手にするものなのです。 だから、邪悪な日によく抵抗し、すべてを成し遂げて、しっかりと立つことができるように、神の武具を身に着けなさい。」(エフェソ6・12-13)

確かに、神はわたしたちも誘惑に会わせることをゆるしています。しかし誘惑に負けないように励まし助けます。復活のキリストはいま、わたしたち弱い人間が誘惑に負けないようにと、励まし支えてくださいます。日々イエスに倣うように努め、また聖霊の助けを願い求めましょう。「わたしたちを誘惑におちいらせず、悪からお守りください」と心から祈りましょう。

さて、今日司祭に叙階される、フランシスコ 高橋史人さん、フランシスコ 山口一彦さん、あなたがたの日々は悪との戦いの日々です。あなた方が日々ささげるミサ聖祭中の「主の祈り」副文を、どうか大切な祈りとして生涯唱え続けてください。

「いつくしみ深い父よ、すべての悪からわたしたちを守り、現代に平和をお与えください。あなたのあわれみに支えられ、罪から解放されてすべての困難にうち勝つことが出来ますように。わたしたちの救い主イエス・キリストの来られるのを待ち望んでいます。」アーメン。


Ordination to the Priesthood


Omiya Catholic Church
March 21, 2014; Second Friday of Lent

Candidate for Sacerdotal Ordination: Francis Fuhito TAKAHASHI and
Francis Kazuhiko YAMAGUCHI

FIRST READING: Isaiah 6:1b-8
GOSPEL: Matthew 25:34-40

Brothers and sisters, today is a day of great joy! In the Rite of Ordination we are about to celebrate, two deacons Francis Fuhito TAKAHASHI and Francis Kazuhiko YAMAGUCHI will be ordained to the priesthood.

The Diocese of Saitama is in a great trial but God has graciously sent us two new priests in order to encourage us. These two men will be sent to proclaim and practice the love of God in parishes among the four prefectures of North Kanto. To practice the virtue of charity means to imitate Christ and carry out the love for our neighbor. Our Lord said: ‘You gave food for the hungry, you gave drink to the thirsty, you welcomed a stranger, you clothed the naked, you visited the sick, you visited the prison―everything you did to them, you did it to ME, Jesus.’

In Matthew’s gospel, the people deprived of basic survival materials are called: “one of the least of these my brethren”. (v.39) Even now, while many suffer for hunger, others throw away wasted food. Many carry the burden of illness and disabilities. Many commit suicides due to illness. On the other hand, we constantly hear from media reports about horrible disputes, confrontations and massacres in the global society. This world that God created is fundamentally good. But the evil increases its power, the world is now full of its evil influence.

In the modern world, we weak and fragile humans are are always under the evil’s attack and are threatened by its temptations. Our goal of evangelization is to proclaim and testify that ”God is love”. At the same time, we must live the faith and practice our love for God in the world full of absurdity and evil. We ourselves must be “a sign of hope” for others.

The gospel for the first Sunday of Lent tells us of a story of the three temptations of Jesus. When we encounter difficulties, we are tempted to doubt the existence of God and His love. But we must imitate Christ to avoid temptations and praise only God and choose to go forward, trusting in God.

The power of evil is strong and we must never belittle it. In the letter to the Ephesians, it is said:
“For we are not contending against flesh and blood, but against the principalities, against the powers, against the world rulers of this present darkness, against the spiritual hosts of wickedness in the heavenly places. Therefore take the whole armor of God, that you may be able to withstand in the evil day, and having done all, to stand.” (Eph 6:12-13)

Surely, God allows us to encounter temptations but He also encourages and gives us strength so we do not lose the combat. The Risen Lord is now encouraging and helping us so that we frail human beings do not lose. Let us imitate Christ and pray for the help of the Holy Spirit day by day. Let us pray from the bottom of our heart: “Lead us not into temptation but deliver us from evil.”

Now, Francis Fuhito TAKAHASHI and Francis Kazuhiko YAMAGUCHI, who will be ordained as priests, your days will be a constant battle against evil. Please cherish the prayer you invoke in Mass which you will be celebrating daily for the rest of your lives: “Deliver us, Lord, from every evil, and grant us peace in our day. In your mercy keep us free from sin and protect us from all anxiety as we wait in joyful hope for the coming of our Savior, Jesus Christ.” Amen.



[Scripture quotations are] from The Revised Standard Version of the Bible: Catholic Edition, copyright © 1965, 1966 the Division of Christian Education of the National Council of the Churches of Christ in the United States of America. Used by permission. All rights reserved.

メッセージの記録一覧に戻る
CGI-design