カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

教区管理者 APOSTOLIC ADMINISTRATOR



メッセージの記録一覧に戻る

大田原教会司牧訪問



2014年3月23日 四旬節第3主日


カトリック大田原教会

第一朗読 出エジプト記17:3-7
第二朗読 ローマ5:1-2、5-8
福音朗読 ヨハネ4:5-42

今日の福音は、有名なサマリアの女の話です。この女性は二重、三重に差別され疎外されていた人でした。彼女はサマリア人でした。サマリア人とユダヤ人の間には大きな壁がありました。イスラエルを統一したダヴィデ王の後を就いたのがソロモン王です。その次の王レハベアムのときにイスラエルの統一王国は南北に分裂してしまい、北のイスラエル王国はアッシリヤ帝国に、南のユダ王国もその後バビロニア帝国に、滅ばされてしまいました。北イスラエルのサマリアの人々は、正当なユダヤ教信仰から離脱した人々としてユダヤ人から異端視されていました。

また、彼女は女性でした。当時のユダヤの社会では、男女の差別がひどく、女性は男性の所有物のようにみなされていました。だからこそ、イエスがサマリアの女性に話しかけたとき、彼女が驚いたのです。今日の福音は次のように言っています。
「サマリアの女は、『ユダヤ人のあなたがサマリアの女のわたしに、どうして水を飲ませてほしいと頼むのですか』と言った。ユダヤ人はサマリア人とは交際しないからである。 」 (9節)
イエスの周囲には、マグダラのマリアをはじめ多くの女性がいました。イエスは、女性と男性は神の似姿であり、互いに助け合い補い合うべき対等なパートナーである、と理解していたと思います。

また、さらにこの女性はサマリアの女性の中でも疎外されていたと思われます。女が水汲みに来たのは正午ころのことでした。普通水汲みはまだ涼しい早朝に行うものです。水汲みは主婦の大切な仕事でした。水汲みに集まった女性達は、井戸の周りで楽しいおしゃべりにひと時を過ごしたことでしょう。しかし、彼女はこの女性の交わりに入れてもらえませんでした。それはこの女性が5回も結婚したことがあったからではないでしょうか。そのことはシカルの女性の中でみなが知っていたことかもしれません。彼女は、女としても女性の中で排斥されていたのでしょう。

イエスとサマリヤの女性の間にあった隔ての壁は、実に厚く強く三重になって張り巡らされていました。イエスはその三重の隔ての壁を打ち壊したのです。イエスが与える「渇くことのない水」とは、聖霊のことでした。使徒パウロは、今日の第二朗読で言っています。
「希望はわたしたちを欺くことがありません。わたしたちに与えられた聖霊によって、神の愛がわたしたちの心に注がれているからです。」(ローマ5・5)

聖霊は信じるものにあたえられる神の命です。
「わたしたちがまだ罪人であったとき、キリストがわたしたちのために死んでくださったことにより、神はわたしたちに対する愛を示されました。」(5:8)
罪人を愛し罪びとをゆるす神の愛はイエス・キリストの十字架によって示されました。わたしたちは十字架によるあがないを信じて救いを受けるのです。

さて、本日堅信の秘跡を受けられる皆さん、現代世界においても、人と人との間、国家と国家の間には壁があります。わたくしは、壁と言うよりむしろ「闇」と言いたいです。よく分からない点、あるいは「闇」としか言いようのない、わからないこと、難しい問題が存在しています。この「壁」と「闇」を消滅させる力は、聖霊の働きです。

皆さん。聖霊七つの賜物に励まされ導かれて、この世界に「復活のキリストの光」を灯すように務めてください。主なるキリストが、いつも皆さんと共に居てくださいます。キリストへの信仰を強めてくださるように、また、いつも希望を持って歩むことが出来ますよう、絶えず聖霊に祈りましょう。アーメン。


Pastoral Visit to Otawara Catholic Church


March 23, 2014; Third Sunday of Lent

FIRST READING: Exodus 17:3-7
SECOND READING: Romans 5:1-2, 5-8
GOSPEL: John 4:5-42

Today’s gospel is a well-known story of the Samaritan woman. She was discriminated against and aliented from others in double or triple ways. First of all, the woman was a Samaritan. At that time, there was a big barrier between the Samaritans and the Jews. King Solomon was the successor of King David who unified Israel. When the kingdom was ruled by the next king Rehobouam, it was devided into north and south. The northern kingdom of Israel was conquered by Assyria and later, the south kingdom of Judah was conquered by Babylonia. The Jews considered the people of Samar’ia who lived in northern Israel as heretics who broke away from the authentic faith of the Jews.

Secondly, the Samaritan in the story was a woman. At that time in the Jewish society, gender discrimination was strict and women were regarded as mere possessions of men. This is exactly why she was shocked when Jesus started conversing with her. The gospel says as the following: ‘“How is it that you, a Jew, ask a drink of me, a woman of Samar’ia?” For Jews have no dealings with Samaritans.’ (v.9) There were many women who associated with Jesus like Mary Magdalene. I believe that Jesus saw both men and women as creations in the image of God, that they are partners who ought to help and support each other.

Moreover, the woman in the story seems to have been alienated from other Samaritan women. She came to draw water at around noon. People usually draw water early in the morning when it is still cool. Drawing water from the well was an important duty for all women. They must have enjoyed chatting around the well. But this particular woman was not allowed in such a social circle. It was perhaps because she married five times in the past. Everybody in Sy’char may have known about her past and that is why she was excluded from the rest of women.

What separated Jesus and this Samaritan woman was a thick and hard triple wall. But Jesus broke the triple wall of segregation. With “living water” that He gives, Jesus meant the Holy Spirit. Apostle Paul says in today’s Second Reading: “[H]ope does not disappoint us, because God’s love has been poured into our hearts through the Holy Spirit who has been given to us.” (Rm 5:5)

Holy Spirit is God’s life given to those who believe in Him. “But God shows his love for us in that while we were yet sinners Christ died for us.” (Rm 5:8) God’s love that ‘loves and forgives sinners’ was demonstrated in the cross of Jesus. We are saved by believing the redemption through His cross.

Now, those of you who will receive the sacrament of Confirmation today, I want you to remember that even in modern days, there are ‘walls of division’ between peoples and between nations. I want to call this as ‘darkness’ rather than ‘walls’. There are many difficult problems we cannot understand that can only be described as “darkness”. However, we know that the power that breaks down the ‘wall’ or ‘darkness’ is the work of the Holy Spirit.

Brothers and sisters, endeavor to let shine the light of the Risen Christ in the world through the encouragement and guide of the seven gifts of the Holy Spirit. Christ our Lord will always be with you. Let us continue to pray to the Holy Spirit so that He may strengthen our faith in Christ to walk with hope. Amen.



[Scripture quotations are] from The Revised Standard Version of the Bible: Catholic Edition, copyright © 1965, 1966 the Division of Christian Education of the National Council of the Churches of Christ in the United States of America. Used by permission. All rights reserved.

メッセージの記録一覧に戻る
CGI-design