カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

教区管理者 APOSTOLIC ADMINISTRATOR



メッセージの記録一覧に戻る

秩父教会司牧訪問



2014年3月16日 四旬節第2主日


カトリック秩父教会

第一朗読 創世記12・1-4a
第二朗読 二テモテ1・8b-10
福音朗読 マタイ17・1-9

今日の福音はイエスのご変容を告げます。「イエスの姿が彼らの目の前で変わり、顔は太陽のように輝き、服は光のように白くなった。みると、モーセとエリヤが現れ、イエスと語り合っていた。」(マタイ17・2-3)

この光景は、旧約聖書の代表的な人物、モーセとエリヤによって示された教えをイエスが引き継ぎ完成させるのである、ということを示しています。モーセは律法を授かったもの、エリヤは預言者の代表です。イエスは旧約を完成させて新約の恵をもたらします。受難と十字架の前に栄光に輝くイエスの姿を見せて、弟子たちの信仰を深め弟子たちを励まそうとされたと考えられます。

イエスの受難は神の計画の中におかれているとパウロは考えます。パウロはローマの獄中から愛する弟子のテモテへ手紙を送りました。キリストは受難と十字架を通して「死を滅ぼし、福音を通して不滅の命を現してくださいました。」(二テモテ1・10)

わたしたちはこの信仰と希望によって日々励まされて主の再臨の日へ向かって旅をしています。実にわたしたち人間もイエスがご変容で示された復活されたキリストの栄光に与るよう召されています。神の栄光は人間であるナザレのイエスの中に人間の中に現れ、またわたしたち人間、復活の恵を受けた人間を通して現れます。

三年前の3月11日、東日本大震災が勃発し地震と津波によって多くの人が命を奪われ、またいまなお多くの人が行方不明となっています。また、福島で原子力発電の事故も起こり、今なお多くの人が不安の中に置かれています。地震は自然災害ですから避けようがないのですが、原発事件の方はわたしたち人間の方に責任があると思います。

外国からも多くのお見舞いと連帯の言葉、祈りが寄せられまして、わたしたちは人類の連帯性を感じることができました。また教会の交わりの尊さ、有難さを感じることができました。わたしたちは、東日本大震災の試練から、人とのつながりを大切にすることを学びました。またできるだけシンプルな生活をするように心がけることを学びたいと思います。

東日本大震災は宗教者にとっても大きな信仰の試練でした。それはわたしたちキリスト信者も同じです。
今日の福音で父である神は言われました。
「これはわたしの愛する子、わたしの心に適う者。これに聞け」と言う声が天から聞こえました。(マタイ17・5)
試練と困難の中で主キリストに心をあげて祈りましょう。復活したキリストはその光をわたしたちに送り、わたしたちの歩む道を照らしています。今ささげるミサにおいてキリストは復活の光をもってわたしたちを照らします。さらに日々の出来事の中でキリストはわたしたちを照らし励まします。

3月21日はさいたま教区司祭叙階の日、高橋史人(ふひと)さんと山口一彦さんが司祭に叙階されます。四旬節中の司祭叙階式はいわばさいたま教区の「ご変容」にあたるかもしれません。キリストはさいたま教区に二人の新司祭を送ってわたしたちの信仰を励ましてくださいます。

皆さん、ご存知のようにわが教区は今大変な試練の中に居るのです。信仰を堅くし、試練を乗り越え、誘惑に打ち勝つことができるよう、聖母の取次ぎによって主キリストに祈りましょう。


Pastoral Visit to Chichibu Catholic Church


March 16, 2014; Second Sunday of Lent

FIRST READING: Genesis 12:1-4a
SECOND READING: 2 Timothy 1:8b-10
GOSPEL: Matthew 17:1-9

Today’s Gospel tells us of the Transfiguration of Jesus. “ And he was transfigured before them, and his face shone like the sun, and his garments became white as light. And behold, there appeared to them Moses and Eli’jah, talking with him.” (Mt. 17:2-3)

The scene shows that Jesus is the one who succeeds and fulfills the teachings given by Moses and El’ijah, the two major figures of the Old Testament. Moses is the one who was given the commandments from God. Eli’jah is representative of all the prophets. Jesus came to fulfill the old covenant and brought us the grace of the new covenant.

It is considered that, by showing himself shine with glory, Jesus wanted to strengthen his disciples’ faith and encourage them before they witness the Passion and Crucifixion.

Paul considered Jesus’ Passion as the most significant in God’s plan of salvation. He wrote letters in prison to his beloved disciple Timothy, emphasizing that through Jesus’ Passion and Cross, Christ “abolished death and brought life and immortality to light through the gospel. (2 Tm 1:10)”

We are encouraged by this faith and hope each day, continuing our journey towards the day of the Second Coming of Christ. Indeed, we mortals are also invited to partake in the glory of the resurrected Christ foreshown in the Transfiguration. The glory of God shone through the humanity of Jesus of Nazareth and so does it shine through us. Indeed, God’s glory shines through the humanity that received the grace of the Resurrection.

Three years ago on March 11, the Great East Japan Earthquake occurred; the earthquake and tsunami took away a great number of lives and many are still missing. Moreover, the nuclear plant accident in Fukushima has left many lives in anxiety. Nobody can escape from the earthquake which is a natural disaster but as for the nuclear plant accident, we humans are inevitably responsible.

I recall that we received many expressions of sympathy, words of solidarity and prayers from many people, also from overseas. Through their act of sympathy, we experienced the solidarity of humanity. We also realised the presciousness and value of the communion of the Church. The Great East Japan Earthquake tried us while we also learnt how to cherish the bond we build among people. Let us also remember to live a simple life as much as possible.

The said disaster was indeed a trial for believers, including us Christians. In today’s gospel, God the Father said: “this is my beloved Son, with whom I am well pleased; listen to him.”(Mt 17:5) Let us raise up our heart and pray to our Lord Jesus Christ in the midst of trials and hardships. The Risen Christ sends us His light and shines on our path we tread on. Here, in this Mass, Christ shines on us with his Easter light. He encourages us in our daily events.

On 21 of March, Francis Fuhito TAKAHASHI and Francis Kazuhiko YAMAGUCHI will be ordained as priests for the Saitama Diocese. This priestly ordination to be celebrated during the Lenten season corresponds to the “Transfiguration” of this diocese. Christ is encouraging our faith by sending two new priests to our diocese.

Brothers and sisters, our diocese is in a trial now. Let us pray to our Lord Jesus Christ with the intercession of the Holy Mother so that we can strengthen our faith, overcome trials and win over temptations.



[Scripture quotations are] from The Revised Standard Version of the Bible: Catholic Edition, copyright © 1965, 1966 the Division of Christian Education of the National Council of the Churches of Christ in the United States of America. Used by permission. All rights reserved.

メッセージの記録一覧に戻る
CGI-design