カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

教区管理者 APOSTOLIC ADMINISTRATOR



メッセージの記録一覧に戻る

司祭助祭候補者認定式・朗読奉仕者選任式



2014年3月14日 四旬節第1金曜日


カトリック浦和教会(カテドラル)

朗読奉仕者候補   ペトロ    高瀬典之
司祭・助祭候補者  インマヌエル 永島真実


第一朗読 エゼキエル18・21-28
福音朗読 マタイ5・20-26

皆さん、本日わたしたちは、永島真実(まさみ)さんの司祭・助祭候補者認定式、高瀬典之(のりゆき)さんの朗読奉仕者選任式を行います。

今日の福音でイエスは言われました。
「兄弟に対して腹を立てる者は誰でも捌きを受ける。兄弟に『ばか』と言う者は、最高法院に引き渡され、『愚か者』と言う者は、火の地獄に投げ込まれる。」

厳しいお言葉です。イエスは敵への愛を説き、敵への愛を自ら実行し、十字架の上で敵のために祈りながら生涯を終えました。「父よ、彼らをお赦しください。自分が何をしているか知らないのです。」(ルカ23・34)

レビ記で次のように言われています。
「心の中で兄弟を憎んではならない。・・・復讐してはならない。民の人々に恨みを抱いてはならない。自分自身を愛するように隣人を愛しなさい。」(レビ19・17-18)

「愛すること」は必ずしも「好きになること」ではありません。普通の人間にとって「敵」とは言わないまでも誰か好きになれない人がいるものです。イエスは、「敵を好きになりなさい」と言っているわけではありません。イエスが言ったのは「自分を迫害する者のために祈りなさい」ということです。敵のために祈るとは、敵を呪う、のではなく祝福を願うこと、神の恵みを願うこと、相手のために善を願うこと、そして相手のために善を行うことです。

「罪を憎んで人を憎まず」と言います。神は罪を退けますが、罪人を愛し、罪を赦します。わたしたちの戦いの相手は、実は自分に害を与える敵ではなく、むしろ、「罪」という悪、罪を犯させる悪の力です。

主の祈りは「わたしたちを誘惑に陥らせず、悪からお守りください」という祈りで結ばれます。この悪は「悪の力、悪霊」と考えることも出来ます。わたしたちは悪からの攻撃にさらされています。すべての悪からわたしたちを救ってくださるよう、謙遜な心で信頼をこめて祈りましょう。

さて、今日お二人に司教としてこの機会に特に心がけてほしいことがあります。

1.互いに赦し合い助け合ってください。司祭の道は厳しい道です。欠点、弱さを担う人間であるわたしたちは互いに赦し合い助け合うのでなければ、わたしたち教会はイエスの招きによく答えることができませんし、その任務を良く果たすことができません。

2.互いに自分の弱さや問題を素直に認めましょう。人の言うことには耳を傾けましょう。たとえ、人が自分について言うことが、当っていない、と思っても謙虚に聴きましょう。そして神と人への感謝を忘れないようにしてください。

3.いつも神へ心を向けるよう心がけ、信頼をこめて聖霊の助けを祈りなさい。わたしたちの敵は血肉ではなく闇の支配者の名です。(エフェソ6・12-20参照)

4.困難に直面したときに安心して相談できる友を持ちなさい。また司祭として、司牧上の課題は司教や仲間の司祭に相談してください。信徒からの意見や提案は丁寧に拝聴しましょう。

お二人の上に神のご保護と導きを祈ります。


Lector Installation and Candidacy Admission


March 14, 2014; First Friday of Lent
Urawa Catholic Church (Cathedral)

Candidate for Lector: Peter Noriyuki TAKASE
Candidate for Admission: Emmanuel Masami NAGASHIMA

FIRST READING: Ezekiel 18:21-28
GOSPEL: Matthew 5:20-26


At today’s Mass, we are going to celebrate Lector Installation for Peter Noriyuki TAKASE and Candidacy Admission for Emmanuel Masami NAGASHIMA.

In today’s Gospel, Jesus said:
“I say to you that every one who is angry with his brother shall be liable to judgment; whoever insults his brother shall be liable to the council, and whoever says, ‘You fool!’ shall be liable to the hell of fire.” (v.22)

Harsh words, indeed. Jesus himself has preached and practiced the love for enemies; his earthly life ended on the cross with a prayer for his enemy. “Father, forgive them; for they know not what they do.” (Lk 23:34)

It is said in the Book of Leviticus: “You shall not hate your brother in your heart, but you shall reason with your neighbor, lest you bear sin because of him. You shall not take vengeance or bear any grudge against the sons of your own people, but you shall love your neighbor as yourself: I am the LORD.” (Lev 19:17-18)

To “love” people, does not necessarily mean that we need to “like” them. Perhaps not so much as to call “enemies”, we usually meet some people whom we cannot come to like. Jesus is not ordering us to: “Like your enemies”. What he said was “Pray for those who persecute you”. To pray for enemies means not to curse them but wish blessings and graces for them and hope and do good things for them.

We have a saying: “Condemn the offense, but not the offender”. God condemns sins but loves and forgives us sinners. In fact, our opponents are evil which is “sin”, the power of evil that makes us commit sins not our enemies who harm us.

In “Our Father”, we end the prayer with “Do not lead us into temptation but deliver us from evil”. This ‘evil’ can be considered as “the power of evil or evil spirits”. We are constantly exposed to the offenses of evil. Let us pray, trusting in God with a humble heart so that He may protect us from all evil.

Now on this occasion, as a Bishop, I would like to say a few words to the two candidates the things I would like them to pay special attention to.

1. Help and forgive each other. The road of priesthood is a difficult path. If we, who are full of defects and wretchedness, do not forgive and help each other, we the Church cannot respond well to the call of Jesus and carry out our missions.

2. Admit in humility our own weaknesses and problems. Listen to what people say. Even if you find the advice people give are irrelevant, listen humbly. Do not forget to be thankful to God and to others.

3. Always turn your heart to God and pray, trusting in the help of the Holy Spirit. Our enemies are the rulers of the darkness, not flesh and blood. (See: Eph. 6:12-20)

4. Have good friends whom you can freely consult when you encounter difficulty. Also, after you become priests and encounter problems in pastoral care, be sure to consult your bishop and your fellow priests. Listen carefully to the opinions and advice of the laity.

I pray for God’s protection and guidance for the two of you.  


[Scripture quotations are] from The Revised Standard Version of the Bible: Catholic Edition, copyright © 1965, 1966 the Division of Christian Education of the National Council of the Churches of Christ in the United States of America. Used by permission. All rights reserved.

メッセージの記録一覧に戻る
CGI-design