カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

教区管理者 APOSTOLIC ADMINISTRATOR



メッセージの記録一覧に戻る

所沢教会司牧訪問



2014年2月9日 年間第5主日


カトリック所沢教会

第一朗読 イザヤ 58・7-10
第二朗読 Iコリント2・1-5
福音朗読 マタイ5・13-16

今日の福音でイエスは言われます。「あなたがたは地の塩である。・・・あなたがたは世の光である。・・・あなた方の光を人々の前に輝かしなさい。人々があなた方の立派な行いを見て、あなたがたの天の父をあがめるようになるためである。」

私たちは、はっと驚くすばらしい愛の行いに出会うことがあります。2013年10月初め、ひとつの出来事が日本中の人々の心を大きく揺さぶりました。それは40歳の女性が、一人の男性の命を救うために自分の命を落としたという出来事です。その女性は車で鉄道の踏切にさしかかったとき遮断機が降りてきたので一時停車をした。その瞬間、向かい側から一人の高齢の男性が踏切の中へ入ってきたので、その女性は咄嗟に車を降りて、「助けなければ・・・」と口走りながら遮断機をくぐり抜けてその男性を助けに走りました。その直後、電車が通り抜けてしまい、その女性の命は失われました。男性は、怪我はしたが一命は助かった。このような行いはまさに光を人々の前に輝かせることです。

本日の第一朗読は、「餓えた人にパンを与えること、ホームレスの人を泊めること、裸の人に着せること、困っている人を助けること」が、「光を掲げること、光を輝かせることになる」と言っています。この光の源は神ご自身です。また今日のアレルヤ唱では、イエスは次のように言っています。
「わたしは世の光、わたしに従う人はいのちの光をもっている。」

また、今日のイザヤ書には次のような言葉があります。
「呪の言葉を吐くことを取り去るなら、・・・あなたの光は、闇の中に輝き出で、あなたを包む闇は、真昼のようになる。」

呪の言葉でなくとも、わたしたちはたびたび言葉で過ちを犯します。東京の西にある、ハイキングの名所、高尾山に、「薬王院」というお寺があり、「十善戒」という十の戒めが掲示されています。十のなかで実に四つが言葉に関する戒めです。
 『不妄語、これは嘘をつかない、正直に話そう、ということ。
  不綺語、これは無意味なおしゃべりはしない、よく考えて話そう。
  不悪口、これは粗暴な言葉を使わない、優しい言葉を使おう。
  不両舌、これは中傷しない、思いやりのある言葉を使おう。』
大変よい教えです。是非心がけたいものです。

第二ヴァチカン公会議の『教会憲章』の冒頭の言葉は「諸国民の光はキリスト」で始まります。教会はキリストから光を受けてすべて人を照らそうと望みます。わたしたちもキリストから光を受けて、よい行い、よい言葉をもって、人々を照らすことが出来ますように祈りましょう。


Pastoral Visit to Tokorozawa Catholic Church


February 9, 2014; Fifth Sunday of Ordinary Time

FIRST READING: Isaiah 58:7-10
SECOND READING: I Corinthians 2:1-5
GOSPEL: Matthew 5:13-16

In today’s Gospel, Jesus tells us: “You are the salt of the earth […] You are the light of the world. […] Let your light so shine before men, that they may see your good works and give glory to your Father who is in heaven”.

Sometimes, we happen to encounter wonderful acts of love. In early October, 2013, one incident shook many hearts of the people in Japan: Ms. Natsue MURATA, a 40 yr-old lady lost her own life while trying to save a man. This lady stopped her car before a railroad crossing when the crossing gate was going down in front of her eyes. Just then, she saw an elderly man coming into the tracks from the opposite side, so she jumped off her car, saying, “I must save him…”. She forced her into the gate and ran towards the man to help him out. Immediately after that, a train approached, taking the life of the lady. The elderly man was slightly injured but safe. This very act of hers to save a stranger, I believe, is truly “letting shine the light” before all people.

Today’s First Reading teaches us that “to share bread with the hungry and bring the homeless into your house, cover the naked and help the needy” lets the “light break forth like the dawn”. The source of the light is God Himself, as in today’s Alleluia, we find Jesus say, “I am the light of the world. Whoever follows me will have the light of life”.

In today’s reading from Isaiah, we heard the following words of the prophet: “If you take away from the midst of you the […] speaking wickedness, […] then shall your light rise in the darkness and your gloom be as the noonday” (v. 10) . We may not “speak wickedness” but we often commit sins with our tongues. In the west of Tokyo, there is a Buddhist temple called “Yakuō-in” on Mt. Takao, a popular spot for hikers. There, we see a board where ten lessons “Jūzenkai” are shown. Among the ten, four are warnings against speech.

Fu-mōgo ― Do not tell lies but speak honestly”, “Fu-kigo ― Do not speak vainly but think before you speak”, “Fu-akku ― Do not use foul words but use words of kindness” and “Fu-ryōzetsu ― Do not speak ill of others but use words of compassion”. I think these are good teachings. I hope we can all keep them into our hearts.

The first document of the Second Vatican Council begins with the words “Christ is the light of the nations”. The Church desires to receive the light from Christ and let it shine on all people. Let us also, receive the light from Christ and let it shine on people through our good words and deeds.


[Scripture quotations are] from The Revised Standard Version of the Bible: Catholic Edition, copyright © 1965, 1966 the Division of Christian Education of the National Council of the Churches of Christ in the United States of America. Used by permission. All rights reserved.

メッセージの記録一覧に戻る
CGI-design