カトリックさいたま教区
ホーム・Home初めての方へ・Welecomeお問い合わせ・Contactサイトマップ・Sitemapご利用について・Conditions of Useリンク・Links文字サイズ・Text sizeQRコード
カトリックさいたま教区

教区管理者 APOSTOLIC ADMINISTRATOR



メッセージの記録一覧に戻る

教区司祭2月の命日記念ミサ



2014年2月7日 年間第4金曜日


カトリック浦和教会(カテドラル)

第一朗読 シラ47・2-11
福音朗読 マルコ6・14-29

 本日の司祭命日記念ミサは、ラウレンチオ 長江 恵(さとし)司教様、シャール・アンドレ神父様のお二人を記念してささげられます。

長江司教様は1958年に司教に叙階され、「浦和教区」の最初の司教となられました。第二ヴァチカン公会議に参加され、ポーランドから出席していた、のちのヨハネ・パウロ二世と同じ委員会のメンバーとなり、友だちになられたと聞いています。公会議の教えに従って、日本の教会の典礼の刷新のために尽力されました。1979年に島本要司教様に教区長を引き継がれ、1998年2月11日、建国記念日に帰天されました。

シャール・アンドレ神父様はフランシスコ会司祭でした。私が浦和司教のとき、シャール神父さんは長く浦和教会の主任を務めてくださいました。大変明るい方でした。辛いこともおありだったとお思いますが、愚痴をこぼすことはありませんでした。信仰に基づいて、いつも物事を楽天的に受け取り、私はいつも慰められ、励まされておりました。
お二人に感謝をささげ、あらためて永遠の平安を祈ります。

 今日の福音について、一言感想を申し上げます。
今日の場面は、『洗礼者ヨハネの斬首』の話です。一言で言うと、非常におぞましい場面です。ヘロデ王の卑怯さと見栄、その妻ヘロディアとその娘の残忍さを感じます。そして、ヘロデを中心として展開する暴力と権力の世界のうとましさと空しさが漂ってきます。その中で、洗礼者ヨハネだけは、一人毅然として神の義を貫いて生きたのでした。

私たちは幸い、主イエス・キリストのもたらした十字架の贖いと平和の世界に導かれています。長江司教様もシャール神父様も主の平和の証人として生涯をおささげになりました。私たちも、現代の世界に勇気をもって、主の平和を告げ知らせることが出来ますように。


February Memorial Mass for the deceased clergy


February 7, 2014; Fouth Friday of Ordinary Time

FIRST READING: Sirach 47:2-11
GOSPEL: Mark 6:14-29

We celebrate this Memorial Mass today for Bishop Lawrence Satoshi NAGAE and Fr. Charles André FLOIRAC. Bishop NAGAE was consecrated as the first bishop of Urawa Diocese back in 1958. He participated in the Second Vatican Council and befrieneded a bishop from Poland of the same committee; He later became Pope John Paul II. He faithfully followed the Council’s teachings and devoted himself to the work of in the renewal of the liturgy for the Church in Japan. Bishop Kaname SHIMAMOTO succeeded his postion in 1979. Bishop NAGAE passed away on National Foundation Day on 11 February, 1998.

Fr. Charles André was a Franciscan priest. When I was a bishop here, he served Urawa Cathedral parish for a long time as the parish priest. He was a very cheerful man. I am sure he had experienced many hardships but he never complained. Since he always took things positively according to his faith, I was always consoled and encouraged by him. Let us thank them for their services and pray for their eternal rest.

I would like to comment on a few things about the Gospel today. Today’s scene is from the “Beheading of John the Baptist”. In a word, it is a very horrible scene, I must say. We feel King Herod’s cowardice and pride, his wife Herodias’ and her daughter’s cruelty. The hideousness and vanity of the world of violence and power seem to arise from Herod and his company and drift in the scene. However, in the midst of this, John the Baptist alone stood firm, living faithfully to God’s justice.

Fortunately, we are invited to live in the world of peace brought to us by the redeeming cross of our Lord Jesus Christ. Bishop NAGAE and Fr. Charles dedicated their lives as witnesses to God’s peace. Let us pray that we too may go and proclaim with courage Lord’s peace to the world today.


[Scripture quotations are] from The Revised Standard Version of the Bible: Catholic Edition, copyright © 1965, 1966 the Division of Christian Education of the National Council of the Churches of Christ in the United States of America. Used by permission. All rights reserved.

メッセージの記録一覧に戻る
CGI-design